わさびの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「わさび」に投稿された感想・評価

外山文治短編集①

両親が離婚していて、父親と二人暮し。寿司屋をやっている父親は心の病で仕事が出来なくなり、、。

とにかく芳根京子に尽きる!

セーラー服姿が似合ってるのは当然として、ソフトボール部(野球部?)の多分キャプテンか中心選手で、しっかり者で意思が強そうだけど、そこは高校生らしいか弱さや迷いと悩みを抱えてる。それを表情やちょとした仕草で見せる。元部活の監督とのやりとり、父親との寿司屋のカウンター越しの、、😢

多分、彼女を映画で見るのは初めて。今後に期待。

それにしてもバッティングセンターって見なくなったなぁ。

舞台となる飛騨高山も、いかにも、残したい日本の街並み、、という感じでとても良かった。
しろ

しろの感想・評価

3.8
短編映画。

父親が鬱病で働けない、母親は別のところで恵まれた暮らしという過酷な現実に直面している高校生。

一見すると、担任の先生、母親は優しい言葉を投げかけ気にしてくれている様に見えるが、何かをしてくれるわけではない。
優しい言葉だけでは、人は救えない。余計に残酷さを突きつけるだけ。

その中で昔所属していた野球チームの監督に出会い、飾らないありのままの言葉を貰った事で、私は葵が少し救われた様に感じた。
飛騨高山が舞台だそうですが、風景が素晴らしいです。
葵ちゃんのファンになってまうわ
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
田舎の優しい空気の中で、優しくない現実と戦う少女がいる。短い作品だけど雰囲気がよく出てて綺麗だなぁって作品^_^
wakuteka

wakutekaの感想・評価

5.0
映画ドラマに引っ張りだこの芳根京子。新作DVDで拝見。
10代の頃に撮られたそうだが、これ、めちゃくちゃ良かった。
気の強い性格の気丈な姿と涙がたまらなかった。
aco

acoの感想・評価

3.5
芳根京子さんはいい女優だと思う。作品にはあまり恵まれてない気がするけど。

現実を受け止めざるを得ない、高校生の若さで。
だけど、最後は前向きな感じで終わって良かった。
singer

singerの感想・評価

3.2
もう、完全に芳根京子目当てで鑑賞。
で、やっぱり良い女優さんだなぁとつくづく実感させられました。

なんか、上手く言えないんですが、日本の情緒や風景に、
しっくりと嵌る佇まいがあって、
その絵に寄り添いつつもも、彼女ならではの美しさや、輝きを感じられるというか。
で、彼女のそんな部分が、この作品では際立っていて、
これからも、こういう芳根京子が見たいなぁと思わされるような作品でしたね。
短編ながらも、もっと先を見ていたいなぁという気持ちにさせられました。

鑑賞したDVDには、外山文治の短編が3作品収録されていたのですが、
「わさび」以外の作品も、日本の情緒や、美しさが独特のタッチで切り取られていて、
久々に優良な邦画作品を観たなぁという印象を受けたし、長編作品も見てみたいと思いましたね。

特に、最後に収録されていた「此の岸のこと」は、一切の台詞が無いにも関わらず、
登場人物たちの心の動きや、葛藤が見事に描かれていて、
短編ながらも、とても見応えのある作品なっていました。
peppermint

peppermintの感想・評価

5.0
優しい人ほど抱えきれないものを抱えて、自分の思いを吐き出すでもなく、微かな光を自ら見つけて「頑張ります。」って一言。
言葉で表せない重みや家族がぎゅって詰まってて、今は心がちょっと苦しい。

語り尽くすわけでもなく、しんしんとただ雪が降るその中にいるだけで伝わってくる芳根京子さんの横顔が美しかった。

映画館で観られなかったのが本当に残念。
どうして観なかったんだろうって後悔。

すごく好き。
女性の握った寿司は美味しくないらしいが…
マシンボーイはおじさんの手汗が染みた寿司より、かわい子ちゃんの手汗が隠し味になった寿司の方が食べたいぞ!ぺろぺろ
ドSなかわいこちゃん寿司職人にわさびいっぱいの寿司握られて、「私の握った寿司が食べれないなんて言わないでよね」って悪戯な瞳でニヤニヤされたいぞ!ぺろぺろツーン!

父親が鬱になったから高校卒業したら私が後継ぐために板前修行する!って話

芳根京子さんは可愛かった、太鳳ちゃんと共演の「累」楽しみ

あ、外山文治短編集3作、雑に一気レビューします!
まぁ

まぁの感想・評価

4.2
最後の台詞が「ズシッと」きた…(涙)
…つい最近、私も同じような言葉を言われたから…

人生…「なんでこうなっちゃったの?」
「どうして?」
「私だけ、なんで?」

って…思う時ってあると思うし

置かれた状況を「受け入れる」って…
頭では分かっていても、
心がついていかない…
身体がついていかない…
っていうこともあると思うけれど…

それでも…「生きていかなきゃ」いけないんだな…
「生きていく」って…しんどい…

だけど…

一歩じゃなくて、
半歩でもいいから
「前に向かって」歩こう…って…

雪がゆっくり溶けるように…
慌てない、焦らない…

「何とかなる」
「大丈夫」

そんな事を感じた短編作品…♡

ゆっくり…ぼちぼち…今日も「生きよう」…(o^^o)