わさびの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

わさび2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:30分

3.9

あらすじ

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だ…

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だと信じていた。この逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい・・・老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。

「わさび」に投稿された感想・評価

hiponipon

hiponiponの感想・評価

4.5
それは重く、辛く、尊く、優しく、強く。


“ただいま”って素敵な言葉なんですね。
2017年9月に映画館で鑑賞
(映画監督外山文治短編作品集)
父と子
出ていった母、ともまた違う親子の絆
ラストシーン感動
すごく真っ直ぐな映画。
人間の優しさの映画。
現実の厳しさの映画。
風景の美しさの映画。
そして演技の凄さの映画。

ラストシーンで涙腺崩壊した。

このレビューはネタバレを含みます

会社を通さず、監督自ら配給・宣伝している「映画監督外山文治短編集」の一作として鑑賞。

素晴らしいロケーションとキャスティング。どの作品も短編らしい小さなテーマを実に巧みに表現していた。

残念なのは、台詞の多さ。語らずとも十分分かる美しさ、上手な役者の些細な演技で、十二分に堪能できる世界観であった。もっともっと、外山ワールドに没頭させて欲しかったな、と思う。

特に最後の涙。彼女の思いは人それぞれの思いを重ねられる余地が欲しかったなー。
病の父親とその娘のヒューマンドラマ。映像の色調が落ち着いていて、この物語にかなり合っていて良かった。芳根京子が可愛かった。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
※「映画監督外山文治短編作品集」として観たので三作まとめてレビュー。

三作とも派手さはない、素直な作品。心の内面の変化を、日本の美しい風景とともに、季節が移り変わるかのような静けさで表している。

「此の岸のこと」
老々介護で描く究極の夫婦愛。ドキュメンタリー風のカメラワークでセリフはない。追い詰められていく夫の嗚咽が切ない。

「わさび」
鬱病の父と暮らす娘の葛藤と成長、親子の絆の物語。とにかく吉根京子ちゃんが可愛い。
目の表情だけで心の揺れ動きを表現できる凄い女優さんだ。

「春なれや」
60年前に植えたソメイヨシノは今も咲き続けているか。
永遠に対する諦めと期待を、老女と若者という組み合わせで交差させる。
撮影地はその数日後に地震で甚大な被害を受けた熊本県菊池市。今は封鎖され見ることのできない風景は図らずもこの作品に残すことができた。これも「永遠」と言える。
TOT

TOTの感想・評価

2.3
飛騨高山の冬景色と芳根京子の存在感。
『べっぴんさん』出演決定前だったという芳根京子。
鬱病の父に代わり家業の寿司屋を継がねばと自分を押し殺して苦しむ高校生を演じ、どの角度どのシーンでも惹きつけられる輝きを放っていた。
彼女の魅力によって、3本見た中では一番良い。
けれど、周りの大人が心配するけど影響は及ぼせず、若い女性の涙と忍耐を見せて涙を促すような展開はノレなかった。

『映画監督外山文治短編作品集』「此の岸のこと」「わさび」「春なれや」3本上映にて
ひらが

ひらがの感想・評価

4.0
『此の岸のこと』『春なれや』とのショートムービー三部作。
3週間限定でレイトショーのみの上映。
あっという間だった。短い時間の中で芳根京子の演じた娘の人となりと父への感謝が巧く纏められていたと思う。
若くして訪れる人生への試練に勇ましさと強がってるであろう一面が見えて本心を抑え込んでいるようにも見えた。
撮影地は飛騨だそうで情緒があって趣きある街並みが綺麗。
もっと観ていたかった。
Blufe

Blufeの感想・評価

4.6
寿司屋の鬱病の父と娘の物語。
芳根京子の表現力と情景の組み合わせには引き込まれました。

かなり好きな映画だったと思う。
街並みもその映し方もとても良いんだけど、やっぱり父と娘の演じ方が良かった。
あと監督のどっしりと構えた渋い格好よさ、部の後輩のくだりの何とも言えない爽快感は地味に好き。

いやーあんな街並みに幼少期過ごしたらほんと映画ですね。