やまち

春なれやのやまちのネタバレレビュー・内容・結末

春なれや(2016年製作の映画)
3.2

このレビューはネタバレを含みます

外山文治作品集3作目。

この作品には申し訳ない。

2作目の わさび が印象的すぎて少し集中できなかった、というか余韻に浸らせてくれという
少しイライラから始まった笑

ストーリーはよくある話、だけどそこに込められているメッセージが少し違うかなと。

自分自身が永遠じゃない事に気付いているおばあさんと
60年で咲かなくなると言われている桜。

その2つを重ねて 考えてしまう。

桜がもし枯れていたら おばあさんは立ち直れない。

咲いていてほしい、でも見るのが怖い。

それを見に行かせる青年はナイスと思った。

「若いくせにつまらない事言うのね」

若い時はもっと考えずに行動しても良いのかなと思った。
歳を取れば出来ることも増えると同時に出来ないことも増えるのかなと。

青年が「来年はここには居ないかもしれない」と言っていたのは
おばあさんと出会って何か自分を変えようとしてるのかなと思った。

桜が満開でその下にまた1つ枝が落ちていて。

こうやって繰り返されていくんだなと思った。