kuro

春なれやのkuroのレビュー・感想・評価

春なれや(2016年製作の映画)
-
桜っていつのまにか満開になっていていつのまにか散っている。きっと60年はそんな感じなのかもしれない。想像できない茫漠な時間がゆっくりと確実に近づいてきて、終わりの時と実感してしまったら、僕は多分大切なものを探しに行ってしまうだろう。
それがあるかもわからない、また不安が生まれて負の連鎖。でもそれって実は簡単に抜け出せて、何かのことをちゃんと考えることが大事なのかもしれない。
春がきて桜が咲いたら、ちゃんと今年も綺麗だなって気づいて、感じれるような。