春なれやに投稿された感想・評価 - 4ページ目

「春なれや」に投稿された感想・評価

村上虹郎さんと吉行和子さんの自転車二人乗りは意外性がありました。ソメイヨシノを題材に使っているのは、とても日本的で良かった。

外山文治監督は現代社会の病巣に切り込んでいく作品が多いですが、今作では認知症、介護施設について考えさせられました。だんだん居場所がなくなっていく高齢者たち。高齢者が抱える現実は、自分にも少しずつ近づいてくるのを感じていて、心配になります。

前に観た「わさび」でも感じましたが、過度に期待させないけど、少しだけ前向きな感じのラスト。そして、落ち着いた映像、ピアノによる曲も良かったです。

20分の短編作品。
ロケ地は熊本県菊池市。
なんと無駄のない…!


「来年ここにいないかもしれないから」という台詞がここまで前向きな意味を持ってたのははじめてな気がするな。

吉行さんの寂しさ漂う哀愁が、東京家族とは違う、御老人としての貫禄に繋がってた。そして、嬉しいことを言われた時の華のある笑顔。

虹郎くんも素敵…。ちょっとした表情に彼の人生が表れてる。
0i7

0i7の感想・評価

3.3
人生で見た自転車の二人乗りで一番素敵だなと思いました
鑑賞後にポスターの一文を見てなるほどと思いました
マジっすか。この監督言葉づかいが独特。下手なドラマは用意しないけど、桜がキレイ。
yuma

yumaの感想・評価

3.8
20分の短編で、とても観やすいです。
恐らく低予算だと思いますが、画面の一つ一つが、丁寧に描かれており、とても美しかったです。

撮影場所がとても綺麗で、気になりました。歳とったら、住んでみたい…

夏に観たい、冬に観たい映画などはよくありますが、春に観たい映画とは久しぶりに出会えました。

この監督の最新作が、公開されるみたいですが、ちょっと気になりました。
な

なの感想・評価

3.9
自力本願でない結果を伺うのは怖いよ、、
それがどうであれ、桜は散り、また咲く
PARPAR8266

PARPAR8266の感想・評価

3.5
春という季節に抱く印象を1人の老婆とその街の青年の2人で20分間に綺麗にまとめてくれている印象。

出会いや別れだったり、夢や希望といった春らしいテーマが柔らかい雰囲気とともに展開され、気の利いた会話のやりとりが妙にグッとくる。
優しい映画だった。

咲いてて良かった

来年はわからないけど、それでも


2020年ー79本目
自転車を引く青年と並んで、桜の花弁が敷き詰められた道を歩く場面や、自転車の後ろに乗って桜を見上げる場面がいい。セリフのない場面から伝わる温かい感情がある。胸に持ちつづける小さな希望が人を生かしていくのかもしれない。
ショートフィルム。またしても老人の問題を扱っている。この監督のテーマなのだろうか。60年前に大切な人と植えた桜の記憶。自分自身がどうなろうと消えないものなのだろうか。

あなたにおすすめの記事