せりな

修道士は沈黙するのせりなのレビュー・感想・評価

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)
3.0
試写会にて。
とても硬派なサスペンスなのかな。宗教と国際政治が絡み合ったストーリーに中に現代社会に対する問題提起が織り込まれている様に感じました。

少しずつ謎が明らかにされている中で、信仰心について、一部の先進国によって世界経済が動かされている是非、沈黙によって守られるもの、言葉による会話の意味など色々な事を考えさせられる作品だと思いました。

あらゆる事を見透かしている様な修道士が纏う静謐な空気と、その他の人たちが纏う空気との対比などから堕落した生活をしているのではと問いかけられている気が少しした。

動物の使い方も印象的だったり音楽の使い方など色々と暗示しているモチーフがたくさんありました。

頭使う映画だけど、見てよかったです。監督のお話もたくさん聞けて楽しかった!

奥さんが安藤ってハンコ買ったエピソードには笑った