タイム

修道士は沈黙するのタイムのレビュー・感想・評価

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)
3.8
光と影、善と悪などビジュアルだけでなく、登場人物も対照的な立場や考えを持つストーリーでした。

認知度は低いですが、私自身は映像も、ストーリーも好きでした。動きや映像のバランスが素敵でした。

少し笑みが出てしまう、キュートな場面もあり、大人の映画です。

実際に貧富の差が世界中どんどん広がる時代に、このままで良いのかと考えてしまう作品でした。