修道士は沈黙するの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

修道士は沈黙する2016年製作の映画)

Le confessioni

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

「修道士は沈黙する」に投稿された感想・評価

Yuya

Yuyaの感想・評価

3.5
エコノミクスとロビー活動と敬虔な信仰
小難しい綻びを さっぱりちゃっかり 素直な表現で紐解いてくれるっていう 自分のような無知なタイプには もしかすっと 大変親切な映画なのかもしれない
なんか昔 ”つるかめ算“を教えてくれる ドラえもんの漫画を思い出した

神父のオッサンのすっとぼけた表情が まぁ小気味良いんだけど もし自分が刑事だったら撃ってるね
こんな風に議事進行があっさりすりゃ苦労はないんだろうけど きっと現実でもスーツのお偉方はそんな化かし合いをしてんだろうね
ホテルの廊下を裸の女が歩き回ってね…
来夢

来夢の感想・評価

3.3
『修道士は沈黙する』国際通貨基金の専務理事であるロジェはG8財務相会議の前日に、各国の財務大臣と修道士、ミュージシャン、絵本作家という3人を招待して、自身の誕生日会を開催する。その晩ロジェは修道士を呼び出し告解をする。明朝、ロジェは頭に袋をかぶった状態で自室で死んでいるのが発見された。
主人公である修道士は、真っ先に容疑者として疑われるのだが、みんなが知りたいのは真犯人ではなく、ロジェが修道士だけに語った世界の経済バランスを崩しかねない告解の内容だった。
サスペンス風なストーリーと政治的な泥沼感と宗教観、哲学と結構複雑で難解さも持った映画なので、小難しい映画や抽象的な映画が好きな俺でも油断すると置いて行かれそうになった。というと色々な知識がないと観られないんじゃないかと思われるかもしれないけれど、実はそんな風に難しく必死に考えること自体を小馬鹿にしたような側面もあり、途中ついていけなくなっても最後までみたら何だか腑に落ちてしまうという。初めはサスペンス。終わってみたら修道士を中心に周囲は空回りし続けるドタバタコメディーにも見えてきて、一風変わった映画でした。
ミステリーっぽい。

正直、難しくないけどよくわからなかった。眠くもならなかったけど。

女性陣がなかなか。

『グレイテスト・ショーマン』の後に観た。

48本目 招待券
jocx

jocxの感想・評価

3.5
トニ・ゼルヴィッロが神父様にピッタリで、風景と溶け込んでいた。内容はヒッチコックを彷彿させるが、監督自身が意識したという。告解の秘密を守るという使命、人は何が1番必要なのか。経済界を牛耳る1人の男の死、自殺か他殺か?常に静かに進む、まるで神父様の生き方のように。そして癖のある政治家達。それに対峙していく神父様。最後はあっけなかったが、小さな映画館によく合う映画だ。自前に予習していった方が、淡々と進む映画に対応できる。
ardant

ardantの感想・評価

3.0
作品の最初、海に面した会場に向かう修道士を乗せた車を、横からと上空から映すシーンを観ると、映画だなあと思ってしまう。それを含め、全編にわたって、落ち着きと重厚さを感じる作品だ。

金融システムのグローバル化において、貧しき者をより貧しき者にしてしまうことになる決定を発表しようとする主要国の財務担当者達。それを阻止することになる修道士。

しかし、いかんせん、テンポがのろく、眠気を催す。
そして、私には疑問に思う。あの数式が、各国の金融の悪の部分を暴きだすという設定が、あまりにも絵空事すぎるからだ。

私にとって好きなシリアスな題材の作品だけに、もう少し、どうにか出来なかったのかと思ってしまう。
ある事件が人里離れたところで起きて、その重要参考人となった修道士。
しかしその核心には個人の告解が含まれており、神に仕える修道士は板ばさみとなり…

ダニエル・オートイユ、モーリッツ・ブライプトロイ、ランベール・ウィルソン、コニー・ニールセン、ピエルフランチェスコ・ファビーノ、と錚々たる配役だったので大喜びで観に行って、ミステリ好きのロケーション(人里離れた保養地)死人に口なし、いやこれは面白い。

しかも時間も程よく、人の心のいやらしさ、所詮金と欲まみれの中の、修道士という対比も素晴らしくて。

それより何より鮮やかすぎる修道士、うーん小気味いいとはこういうものを言うんですよね。
ひわも

ひわもの感想・評価

4.0
予告を見ずに見たのでお話は修道士のほんわか話かと思ってたらミステリぽい感じになったので驚いた。

個人的には日本の偉い人が女性を使用人みたいに使って傘ささせてるシーンをイタリア映画で描かれてて、イタリアからすらこう描かれるなんて他国からもこう見えてんのねー。って思って痛快だった。
黒い笑いだけど
skm818

skm818の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

著名な経済学者?の主催で私的会合を装った財務相サミットが開かれることになり、カモフラージュに修道士や絵本作家も招かれている。修道士が到着した晩、主催者は彼に告解をきいてくれと頼むが、翌朝ビニール袋をかぶって死んでいる。真相やいかに?
…という話ではなくて、主催者が自殺なのはあまりみんな疑ってない(警察はいちおー修道士が怪しいのではないかと睨んではいるが)。知りたがるのは彼が死ぬ前に修道士に何を話したのかということで、それを知るために入れ替わり立ち替わり彼を訪ねては話をするんだけど、捗々しい成果はなし。この辺えらく眠くて内容わかんないんだけど。
その合間に主催者との会話の一部がさし挟まれて、どういう話だったのかほのめかすような展開。
そのうち修道士を拘束しようという話になってきて、とうとう彼は内密な会議の席で主催者との話について語ることになる。
なんかよくわからんけど、あの遠隔参加の高圧的なおばさん、なんなん?
最終的には、彼らは当初考えていた、世界経済を掌握して好きなように操作できる計画を断念するんだよな。修道士と話したことで気持ちが変わった人が数名いるっぽい。
そしてなぜかワンコが修道士について行ってしまう。途中ワンコを懐かせてる場面あったっけか? 最後笑えるんですけど。
あと一応日本の財務担当大臣も参加してるんだけど、いないも同然の扱いだった。日本人舐められてんなあ笑。
重厚な会話劇だったけど、仕事帰りで眠気が…

ワンちゃんが可愛かった
まり

まりの感想・評価

3.4
バックで流れている暗い音楽がよかった。

一見複雑なようでいて、最後まで観るととてもシンプルで、寓話的な映画だったとおもう。わかりやすいという意味ではそれはよいが、サスペンスというか推理をするものだと思っていたので観たあとは肩透かしを食らった気がして、ストーリーについてどこまで考えていいのかがわからなくなったりした。

でもこの監督の伝えたかったと思うことにはすごく同意する。本当に正しいこととは。