修道士は沈黙するの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

修道士は沈黙する2016年製作の映画)

Le confessioni

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう 。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。 会議の前夜、天…

ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう 。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。 会議の前夜、天才的なエコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事は、8カ国の財務大臣と、ロックスター、絵本作家、修道士の異色な3人のゲストを招待して自身の誕生日を祝う夕食会を催す。会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられる。翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見される。 自殺か、他殺か? 殺人の容疑者として真っ先に浮上したサルスは、戒律に従って沈黙を続ける。間近に迫るマスコミ向けの記者会見。ロシェの告解の内容をめぐり、権力者たちのパワーゲームに巻き込まれたサルスは自らの思いを語り始める。果たして謎の死の真相は? そしてロシェがサルスに託したものとは 。

「修道士は沈黙する」に投稿された感想・評価

広さ

広さの感想・評価

3.5
構図がかっこよくて色がきれい
猫を抱き上げた時にフフッてなるところがいい
Machy

Machyの感想・評価

3.4
テーマと掛け合わせ方はいいのですが、世界経済って話が大き過ぎて(G8って)、かえって嘘っぽくなってしまった気がして残念です。

奥が深いので、あまり気軽に見る映画ではないと思います。
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.7
ロベルト・アンド監督が、世界経済を牛耳る大物政治家たちの集まりに招かれた清貧な修道士が思わぬ事件に巻き込まれていく様子を描いた社会派ミステリー。昨年4月の“イタリア映画祭2017”では“告解”のタイトルで上映された。
ドイツのリゾート地ハイリゲンダムでG8財務相会議が開かれる前夜。IMF専務理事のロシェは、各国財務相の他に、ロックスター、絵本作家、修道士という3人の異色ゲストを招いて自身の誕生日祝いを開催する。会食後、イタリア人修道士サルスはロシェから告解を受けるが、その翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見される…。
人間は何と欲深い生き物なのか? 物語は自殺か他殺かという謎解きミステリーの形で進行するが、本作のテーマは “謎解き”ではなく、自己の利益のためには他人のことは一顧だにしない、現代社会(金融資本主義)に対する痛烈な問題提起である。参加国の利益のためだけに秘密会議を開催し、その内容が洩れることを何よりも恐れる各国財務相と、殺人の疑いをかけられても、教義ゆえに告解で語られたことを決して語らないサルス神父。同じ沈黙でも、その意味合いはまったく異なる。
某国財務相の愛犬が、飼い主の元を去るシーンが、何とも象徴的に描かれていた。
いわき

いわきの感想・評価

2.1
期待外れでした。
IMFのロシェ専務理事の死の謎が本作の中心ですが、ミステリー要素はほぼないです。G8に絵本作家が招かれることや舞台設定、そして明らかになった謎解きにすら説得力がなく、役者陣の重厚さがもったいなかったですね。
2018.4.1 (21)
パンダ

パンダの感想・評価

3.6
世界の経済を動かすトップの人達の創造力のなさ、心のなさを実感するサスペンス調のお話し。対比として大型犬の行動が、笑えた。

神はすべてを赦す寛大さを、お持ちだけど、見返り、報酬を求める人は、赦されないんだなと感じる。
皮肉いっぱいのゆったりとした展開で進むストーリー、にも関わらず観終わったあとは満足した
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.0
大人向けのアイロニカルな舞台劇を見ているような映画です。

この映画、G8財務相会議の面々が、マジで自分たちが世界を牛耳っているかのように振る舞い、それをあたかも真実であるかのようにシリアスな音楽をバックに、(おそらく)宗教的な、あるいは哲学的な言葉を散りばめて煙に巻くように作られています。

続きは、
http://www.movieimpressions.com/entry/2018/03/29/123957
kyoko

kyokoの感想・評価

4.0
修道士のサルスが聖人の雰囲気の中に垣間見せる人間くささがたまらなくいい。物語は全く違うが、ふと「ローマ法王になる日まで」を思い出した。

信仰の有無など関係なく、サルスの祈りの言葉に自然と涙が出てしまった。
ひとつの決断をした者たちの表情が、この数日間が彼らにとっての告解の時間であったことを物語っている。

ついさっきまで重く覆っていた霧を吹き払う風のような、軽やかなラストが最高だった。
それぞれの国の信仰に対する考え方や関係性など、まだまだ理解しきれていないのがものすごく悔やまれる。これは絶対にもう一度観たい。

そして物事の真理を分かっているのは犬と鳥。
死体で発見されたIMF理事ロシェが亡くなる前夜行った告解について、黙秘を続ける(当然ながら)修道士に対し、大国・権力者たちが告解の内容を知りたくて迫ってきます。

ハゲタカのような権力者たちと、自らの務め・意思を貫く修道士の対比がこの作品の面白さだと思います。

最初は少し入り込めないところがあったのですが、場面を追う毎に見入って行く作品でした。

「自殺か他殺か」「ミステリー」という文字を事前にチラシなどで目にしていたのですが、この作品の紹介としてはそぐわない気がします。
kiryu

kiryuの感想・評価

3.5
普段触れることの少ない経済問題や国際会議などで、決してつまらないわけではないけれど、難しかった…
と思いきや、観終わった感想は非常に満足…という少し珍しい感想の作品。

はじめに修道士が空港にたどり着いた時、少女2人を見かけるのだけれども、その視線の先にはとても不可思議なものが見える。ただ、そのままストーリーは進んでしまうので、自分には掴めなかったけど、意味のあるものなハズ。

ミステリーなので、何も書かないけれど、これだけは書いておこう。ロルフがいい味出してたw

もったいないのは、パンフレットがシナリオ収録されてなかったことかな。されてたら買ったのになぁ…(´д`)