mii

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのmiiのレビュー・感想・評価

4.2
観終わった後に、続編もあるんだなぁなんて思ってよくよく調べてみたら、これがまさかの3部作のうちの2作目だと判明して衝撃と納得。どうりで序盤の設定や展開が全然頭に入ってこなかったわけだ。

1作目が未鑑賞なのもあって、なかなか最初は主人公含め登場人物のキャラを掴むのにも苦戦したけど、わりとそれぞれキャラが濃いので話が進むにつれて見分けもつくし、愛おしくなってくる。有能な頭脳を持つ天才集団なのになんともおバカすぎる。

それにしてもほんとにイタリア人はよく喋る。びっくりするくらい喋る。そして早口。聞き慣れないから余計にそう思うのかも。最初の方はちょっと新鮮に感じたイタリア語も、意外と耳に心地よくて途中から気にならなくなった。

終盤にかけて思わず笑っちゃうようなシーンもそこそこあって、みんな声を押し殺してはいたけど映画館が笑いに包まれてて、その雰囲気がよかったなぁ。周りの吹き出す声や、両隣の揺れる肩につられて笑みが収まらなかった。いやー、楽しかった。