いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち2017年製作の映画)

Smetto quando voglio - Masterclass

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ…

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。 次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵(ルイジ・ロ・カーショ)が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻(ヴァレリア・ソラリーノ)と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか……

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に投稿された感想・評価

貨物列車のシーン笑った!
面白かったなあ。
教授たち頭いいはずなのに、チームプレーが下手すぎて間抜けで愛おしい。笑
2→1→3っていう公開順は謎だけど来月も楽しみ。
lp

lpの感想・評価

3.0
イタリアのコメディ映画。空き時間に鑑賞。

実はこの映画、3部作の2作目。前作に該当する1作目は来月日本公開と、変則的な公開スケジュール。
しかし、心配ご無用。前半から中盤までは展開の早さに追い付くのが難しいかもしれませんが、基本的には前作を観ていなくても問題なく楽しめるはず。かく言う私も前作は観ていないので。(と言うか、日本だと2015年、2017年、2018年とGWにイタリア映画祭に欠かさず通ってない限り、順番通りの鑑賞が無理!)

内容の方は、上々のコメディ。3部作の2作目ということで、トンでもないタイミングで映画が終わりますが、そこはご愛嬌ということで。
FRAN

FRANの感想・評価

4.1
マシンガンみたいにスピーディでウィット満載の会話、目が離せない思わぬ展開、適切に差し込まれる気の利いた笑い。イタリアのコメディって休みの最終日午後に元気でる良いクスリ。欧州の抱えてる悩みや問題を背景にこんもり盛り込んでるのに、時にブラック過ぎるかなと感じる笑いで吹き飛ばしてくれます。日本未公開だった前作も、多分ありそうな次回作も絶対観ちゃうんだろうなって思う帰り道、色々あるけど明日も笑っていきましょうって思うにちようびにおススメです。
これ二作目なのか、、一作目から公開して欲しかった…
研究者のあのオタクっぽさが溢れててわかるわかる〜〜となったしラストにかけて面白かったのに終わり方にボーゼンとした
けろえ

けろえの感想・評価

3.9
シリーズ二作目なんですね。
意表をつかれた部分で何度も爆笑しました。終わり方からすると、続編あるのかなー。
前半ちょっとウトウトしてしまったので、もう一回みようかな…。一作目も6月に限定公開されるみたいなので、そちらも楽しみ。
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

4.3
バルトロメオ!
劇場全員が声あげて笑ってたw

ずっと気になってたイタリアン・ノンストップ・コメディ3部作の2作目。

1作目が日本ではイタリア映画祭のみでの上映で、DVD販売もオンライン配信も無く、2作目公開に合わせた再上映が何故かひと月後という意味不明な状況。しょうがなく2作目から観てきました。

前半はやはり背景がわからずキャラに共感しにくかったし、メインの伏線の張り方が雑で勿体ない感じ。

でもイタリアン・コメディ版オーシャンズ11という評判通り、イタリア人らしい息つくヒマないマシンガントークと、テンポいい編集、くど過ぎない演出、社会風刺やブラックユーモアと、そして天才?達の絶妙に間の抜けた言動にかなり笑わせて頂いた。

ちなみに監督自身はこの3部作を「自分なりのアベンジャーズです」と語ってるらしいww いやいやw

あー、楽しかった!次作が待ち遠しい。

配信元さん、3作目の公開前にぜひ前2作のオンライン配信を!
いつだってやめられる、の続編。
2014年に失敗して服役中のピエトロに取引が持ちかけられる。すったもんだのドタバタ騒動の末に、やはり一筋縄ではいかぬ大騒ぎが待っている。
痛快である。
ただ、ちょっとごちゃごちゃして整理できてないとこがあって、観るものが混乱する点があったので4.0は避けた。
nya

nyaの感想・評価

4.0
笑った
レビューでハードル上がりすぎたw
でも普通に面白かった。次回楽しみ。
まこと

まことの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

妻と共に鑑賞、イタリア語の口論や、早口のまくしたてるような独特なやりとりが、すんなり入ってくるか心配だったが、訳もシンプルで笑わせてもらった。

個性的なおっさんが集まってドタバタギャングをやるのは、ワクワクさせられた。
笑いもわかりやすく、劇場でも笑い声があった。

3部作ということで、前編続編もすぐに確認するほど、ハマる映画だった。

細かい設定は気にせず、休日に観るコメディとしては、大好きだ。

今後イタリア映画も気になってしまうなと思う。

この出会いを与えてくれた友人に感謝。
はと

はとの感想・評価

4.5
ちょー面白かった!しょっぱなからずーっとゲラゲラしてた。もたもたしているのもご愛嬌なのは教授たちのキャラクターあってこそ。ゆるくてトンチキでそんな無茶な!という話運びもなんだかずーっとおかしかった。
彼らが皆賢いので、その上でやんや言い合うシーンがめちゃくちゃツボでした。
しかしどうして2から公開して、一ヶ月後に1を公開するの!?正気の沙汰じゃないよ!