いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち2017年製作の映画)

Smetto quando voglio - Masterclass

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ…

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。 次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵(ルイジ・ロ・カーショ)が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻(ヴァレリア・ソラリーノ)と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか……

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に投稿された感想・評価

悠

悠の感想・評価

3.3

1作目見てないけど突撃しました。
まぁ、大体わかったんだけど…

イタリア人めっちゃ喋るな?
ってのが1番の感想です(笑)
超早口(笑)
ちょっと疲れちゃった。

教授とか賢い専門職の人が冷遇されてるってのは
日本だけじゃないんだなって思いました。
あと頭が良すぎる人はちょっと変なのは共通なのか、と(笑)

ドタバタコメディ映画だったのですが、
流石にナチスの車とかヘルメット出してきたのは
「え、これ大丈夫?」ってなりました。
イタリアだから良いのか?
ちょっとこの辺の欧州人の感覚がわからんけど…

でもそれなりに笑いました。
そして続きが気になるので続編が公開されたら見にいきます!
面白かった!!
前作を見ていないけど、作中で何があったかは説明してくれたので特に違和感もない
終わり方が続編必須だったので早く続きが見たい
彼らに幸あれ!!!!
まめ

まめの感想・評価

3.5
6割 御託ならべるんじゃないよ!
3割 何かに特化してるっていいなぁ
1割 みんな早口だなぁ

と思いながら鑑賞した。
はやく次回作が観たい!
前作以上に傑作だった。
めちゃくちゃ面白い。風刺も効いてる。

バルトロメオが特に好きだなァ
電車のシーン興奮した。
あと文化人類学者も好き。
きっと1はもっと面白かったんだろうなぁと、思いながら楽しんで見た。
ノリとテンションがハングオーバーに近い。

1も見たいんだけど、いつレンタル始まるんだろう。
めっちゃくちゃおもしろかった
風刺キツすぎる
おっちゃんらみんなかわいい
イタリア語とか聞きなれないからインド英語より癖
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
天才なのに個性的でどこか抜けてるおじさんたちが愛くるしく思える映画。
ぽぽろ

ぽぽろの感想・評価

4.2
前作以上の面白さ。
とても魅力のある主人公とそれに劣らないくらい個性的な仲間たち。
このメンバーでのやり取りをずっと観ていたくなります。

今作では3に繋がる重要人物らしき影が。
またまた惹き付けられる人物設定で、続編が早く観たいです!
シリーズの1を未見で鑑賞しないといけないなんてー(><。)登場人物のキャラ設定がしっかりしているので、ホントに面白く成り行きを見ていられました。早く続編が観たい!です。
緑青

緑青の感想・評価

3.7
初めて自覚して観たイタリア映画、台詞の多さと話し方の癖の強さに驚いた。映画全体の1/3くらいは妻に言い訳をしている気がする。イタリアにしか許されないブラックコメディが全開。貨物列車と軍用車のチェイスのシーン最高に好きでした。シリーズ二作目らしい。「生涯で一番役に立っている気がする」に泣きそうになった。