いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち2017年製作の映画)

Smetto quando voglio - Masterclass

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ…

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。 次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵(ルイジ・ロ・カーショ)が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻(ヴァレリア・ソラリーノ)と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか……

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に投稿された感想・評価

ak

akの感想・評価

4.1
ん、2作目なの?
日本でリメイクするなら誰が演じるんだろう…
女刑事は吉田羊さんとか柴咲コウさんとかかな…
最後がズンってなる
EriNishida

EriNishidaの感想・評価

4.5
本当笑った
私はあのイタリア人のルーズなところが好き
もう一回1から順番に公開してほしいな

なんで3がもう既に上映終了してるの?笑
来夢

来夢の感想・評価

3.9
『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』
「いつだってやめられる」シリーズ3部作の第2弾!って、1作目知らないよ? というのも去年のイタリア映画祭で上映されただけで、一般公開は来月から。3昨目は今年のイタリア映画祭で公開されたらしいので、日本一般公開はもうちょい先かな。2→1→3の順で一般公開されるということね。
変な順番だけれどそれでも公開されるってことは2からでも楽しめるハズ!ってことで観てきました。率直に、面白かったよ。ざっくり言うと、刑務所にいる学者に、前科も争ってる裁判も無かったことにしてやるから協力しろって言われて、合法ドラッグの壊滅のために学者ギャングを再結成(よくわからないけど)して、色んなところから合法ドラッグをかっぱらって研究するってコメディ。インタビュー記事とか見ると、ゴーストバスターズなんかを引き合いにだされていて、あぁ確かにノリは近いものがあるかもね。でもイタリアコメディなので、どっちかというとお隣フランス映画のTAXiなんかに近い気がする。笑いのセンスはアメリカよりユーロ圏の方が俺にはあってるな。
これは1作目と3作目、観たくなるね。
それにしても、この邦題サブタイトル。
「10人の怒れる教授たち」って、「十二人の怒れる男たち」のパロディだろうけれど、監督の名前がシドニーだからってだけな気がする。(十二人の~の映画版はシドニー・ルメット監督)
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

3.7
オーシャンズ11イタリア版?
とか思って観たらいけません。
いや〜とにかくイタリアゆるいわ〜。
ゆるくて、くだらなくて、なんかクスッと笑えますが、第2弾から観たからわからないところが多すぎ!7人〜も観るぞ!
Haggywood

Haggywoodの感想・評価

4.2
ブラックジョークやアクションが溢れ、非常にユーモアを感じる一作
イタリアのノリも新鮮だし、普通に映画館で笑った
ただし、見終わってからこれが2作目だと気づいたので、是非評判の良い1作目もチェックしたい
1k

1kの感想・評価

4.1
1作目鑑賞済だったためイタリア人ノリには違和感なくついて行けました

優秀なはずなのにどこかズレてるおっさんばっかりで愛おしくなります
前作見て面白くてすぐに続きを見に行った。
わちゃわちゃ感パワーアップしてる。
バルトロメオはほんと良いキャラしてるな。
skm818

skm818の感想・評価

4.1
大学教授ギャング団シリーズの2作目らしい。1作目は未見。これ3作目も続く気満々やん。
例によって前半眠くて、再結成+追加での仲間集めのあたりイマイチ把握できてないんですが、後半の展開はバッチリ。遺跡の中でカーチェイスとかナチのサイドカーとか、別にそれを出す必要は何もないと思うんだけど、それを出して笑わせる&ハラハラさせる過剰さがいい。
大筋は警察にいいように利用されてるうちにやりがいを感じちゃうっていう、最後に切り捨てられるとこまで含めてよくある話なんだが(主人公が妻の出産に間に合わせようとドタバタするというとこもお約束 )、能力のある人間を飼い殺しにしてると何やるかわからないってことだよな。あれピルを盗んでた連中も大学の関係者だよな。世も末。逆に能力ある人間はどこででもそれなりにそれを生かしてやっていけるということでもある。
イタリアの貨物列車すごいとこを走ってんなあ。
専門家が目の前にあるものを見てそらでぱぱっといろんなことわかっちゃう場面大好きなので、その辺でも楽しめた。
3部作中の2作目、そして2作目と3作目は同時に制作されたということで物凄く3作目への「引き」が前面に出たラストで、これは次が早く見たくなるー!時系列的には1のクライマックスシーンより前の事件で、判決を待つ身の「研究員ギャング」がその分析力を警察に買われて合法ドラッグ摘発に協力するが…。全体的には1より小さく纏まった感はあるけど、コンテナ騒動や貨物列車での大立ち回り、ナチスネタなど笑える箇所は相変わらず多くて満足。警察の面子に振り回され、思い切り梯子を外されて前作のモレーナ達さながらの目に合った彼らだけど、次ではどうなるのか楽しみです。
続編ってもっと前面に出してくれへんかな(押し出してたみたい)