甘き人生の作品情報・感想・評価

甘き人生2016年製作の映画)

Fai bei sogni/Sweet Dreams

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:130分

3.7

あらすじ

1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

「甘き人生」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
イタリア人ジャーナリストのマッシモ・グラメッリーニによるベストセラー自伝小説が原作。良作とは思うのだけれど、お客さんの入りがわるっ。何故かしらん?

1969年、9歳の少年マッシモの母親がある日突然、いなくなってしまう。司祭から天国にいると諭されるも、受け入れられないマッシモの心の傷は、1990年代、ジャーナリストとして成功を収めた後も癒えることはない。

ざっくりいうと、母親の喪失によるトラウマを大人になっても乗り越えられないでいる男の物語。彼を理解し、愛してくれる女性がいても、その傷を完全には癒すことができないように見える。

この映画が日本でイマイチ受けない理由は、完全な妄想だけれど、イタリアはマザコン社会で、日本はマザコンであることが忌み嫌われるからではないだろうか。

「オーマイゴッド」ではなく「マンマミーア」のイタリア。『ずっとあなたが好きだった』という1992年のテレビドラマでブームとなった「冬彦さん現象」に象徴されるマザコン男性をディスる日本とでは、本作に対する共感度合いは正反対かもしれない。

とはいえ、イタリアが「マザコン社会」だなんて、ググるまで考えたこともなかった。それは次の疑問についても同じ。

母親の死の真相について、周囲の人は腫物にさわるようにし、マッシモに問い詰められた父親でさえも、それを隠す意味がイマイチわからない。「子どもがかわいそう」なのだとしても、トラウマを乗り越えるには現実と向き合うべきなのにどうしてなの? と。それにマッシモも自分で調べようと思えば調べられたはずなのに…。

しかし、これも<「映画の中で母の葬儀は、教会ではなく家で行われていました。当時“自殺”は社会的・宗教的にタブーで、教会での葬儀が認められないことも珍しくありません」>と聞けば納得。イタリアはローマ・カトリック教会が最大教派だもんね。父が教えないことはもちろん、マッシモが無意識のうちに真相究明を避けていたと言われても、まあそうかも、と思ってしまう。
(http://realsound.jp/movie/2017/07/post-92421.html)

ということで、イタリアにおいては広く共感を呼ぶ物語でも、日本では母親の死にいつまでもこだわる情ない、ちょっとキモめの男の物語と見られてのガラガラぶりではなかろうか、と。

喪失対象にこだわられなければ、トラウマに苦しむ男性の苦悩を上手く描いた映画ではないかと。個人的には好きです。

●物語(50%×4.0):2.00
・個人的には好き。友達も母との関係がベタベタだったのもそういうことかと。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・これくらい仲が良ければ、母親がいなくなってショックだよねとわかる。映像で語らんとする演出は良い。問題は自分の知識の乏しさ。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・音楽が結構良かった気がする。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

4.0
原題は「Fai Bei Sogni (君は美しい夢を見る)」

幼い頃に母親を亡くした男性の母への思慕の情を回想を交えて描いています。

1969年のトリノ、マッシモは9歳の時に突然最愛の母を亡くす。のちに彼は新聞記者になり、99年に父親の遺品整理のため訪れた実家で過去を振り返る。その記憶は死に関するものであり、怪人ベルファゴールを自身の守護神にしながら母の死に疑念を抱いていた。しかし、ある女医との出会いにより母の死の真相にしっかりと向き合って行こうと決意する。

幼い頃に経験した「母の死」のトラウマに取り憑かれた男性の半生が「Fai Bei Sogni」というタイトルの映画になるのがとてもイタリア的だと思いました。

物語は母親との思い出の一コマで終わりますが、あれがまさに主人公にとっての美しい夢だったんでしょう。

今年観る作品の中で、確実に印象に残るような作品でした。
「行かせてあげ」るまでの過程。薄暗い箱の中にあっても、母と一緒ならばそこは、ユートピアとなり得るのだ。
spacegomi

spacegomiの感想・評価

3.8
上昇と落下,TV映像とメディア史,母と子,窓とフレーム.どこをどう切り取ってもベロッキオの映画という感じ。母子のかくれんぼのシークエンスがちょーエモい。
emily

emilyの感想・評価

3.7
1960年代のトリノ。9歳にして母親を亡くし、その喪失感を超えることが出来ず、悲しみを纏って生きてきた。90年代になり、男はジャーナリストとして成功するが、まだ傷は癒えていなかった。パニック障害を起こし担当してくれた女医と出会うことで、やっと閉ざされた心を開いていく・・・

 少年期、母と過ごした幸せな時間と、今の彼を同時進行で交差させていき、その隙間から男が抱えてきた悲しみを垣間見る。冒頭から母と息子の幸せそうにダンスするシーンから始まる。その時間はずっと続かない事を暗示するかのようにありありと見せつける幸せな絵は見事に壊され、少年は現実逃避することでなんとか心を保っていく。父親はいるがそれは母に変わる存在ではない。母を見つめる少年の目はまるで初恋の人を見つめるような甘い視線を投げており、その目からは独占欲が見える。

  母の苦悩、笑顔の裏に見せる寂しげな表情、それらに少年は気づけるほど大人ではなかった。母の死は心筋梗塞と告げられ、それを信じて大人になっていく。時代の不安定さが彼の心情と交差し、絶妙な空気感を纏い、時間が交差する中で、彼の心情に切り込む人や出来事は全くない。サラエボ紛争、女医との出会い。長く心の奥底にしまってみようとしなかった物が、溶けていく瞬間。止まった時間がこんなにも大人になってやっと動き出す。しかしこれまでの時間は決して無駄だったとは思えない。すべてが彼女に出会うためであり、これまでの人生があってこと、初めで守りたい大切な人に出会うことが出来たのだ。

母と彼女は交差する。男は女に無意識にも母性を求めている。それでも心のよりどころがはじめてできた。生きていれば必ずいい事がある。人の心をいやすのはやはり人である。守りたい人が出来た時、人は強くなるしかなくなるのだ。遅かれ早かれその時は必ず来る。
ASD

ASDの感想・評価

3.0
ホラーにするべき
miyu

miyuの感想・評価

3.8
まず、出だしの画像が 超 好み。。。

母と音楽を聞きながら、楽しそうに踊る少年…

母とホラー映画をこわごわ楽しみながら見る少年…

そして、トーンが変わり、バスの風景…
何かに思い悩む母…
何かはわからないが、母の様子がいつもと違う…

そして、ある朝 父の悲鳴と
部屋に閉じ込められたあと
少し時間がたってから母の死を知らされる…

ずっと 母の思い出が脳裏を離れず
母の年を追い越しても、母の不審死が忘れられない…
母の死はトラウマになり、重くのしかかり、ずっと どこかで母の死を受け入れられない彼がいる…

ストーリーと関係ないけど…
やっぱ ベレニス ベジョさん 綺麗だゎ!
いろんな役をこなす彼女だけど…
今回も 彼女が出てきた瞬間 ベジョさん イイなぁ〜💓
って 思ってしまった…

少年のマッシモちゃんは 可愛いかっだけど…
中年のマッシモくんは くたびれすぎっっっ…
そこを ベジョさんが 花を添えている感じがしたょ!!

父は母の死の秘密を 良かれと思って 隠したんでしょうね。。。

でも、彼がチラッと言ってたけど…
本気で その秘密を探れば 真実を知ることは出来たはず…

どこかで 自分に甘えている彼がいたんだなぁ〜
haru

haruの感想・評価

3.5
9歳のときに突然母を亡くしたマッシモは、40になっても未だそのトラウマから抜け出せずに悶々とすること130分。

たぶん若いときに見てたらすごくつまらなかったと思う。いい年こいて、何だよマザコンかよ!で終了してたな。ただこの年になって、子供時代が意外と効いてくるというか。マッシモは母の死の真相に気づいていたと思います。ただ認めたくなかっただけで。恐らく父も同じ。時間が経てば乗り越えられることばかりじゃないのです。

さすが本場の神父さまは良いこと言うね!敗者は「もしも」で、勝者は「にもかかわらず」か。随分現実的な神父さまです。
終盤の飛び込みとかキマッてるけど、余計な意味が付随しちゃってタルい。雪はよっぽど気に入ってるのか何回も見せてた。
新聞を読ませるという山場が気に入らない。
#2

新作!ってことでとりあえず借りて観てみたけれど…けれど(^^;)

テーマは心の恢復ってことなのかな

物語に入れるまでに結構時間がかかってしまった。お金出して借りたから観なきゃ!っていう義務感だけがラストまで観る原動力になった気がするよ〜
>|