甘き人生の作品情報・感想・評価

甘き人生2016年製作の映画)

Fai bei sogni/Sweet Dreams

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:130分

3.7

あらすじ

1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

「甘き人生」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
イタリア人ジャーナリストのマッシモ・グラメッリーニによるベストセラー自伝小説が原作。良作とは思うのだけれど、お客さんの入りがわるっ。何故かしらん?

1969年、9歳の少年マッシモの母親がある日突然、いなくなってしまう。司祭から天国にいると諭されるも、受け入れられないマッシモの心の傷は、1990年代、ジャーナリストとして成功を収めた後も癒えることはない。

ざっくりいうと、母親の喪失によるトラウマを大人になっても乗り越えられないでいる男の物語。彼を理解し、愛してくれる女性がいても、その傷を完全には癒すことができないように見える。

この映画が日本でイマイチ受けない理由は、完全な妄想だけれど、イタリアはマザコン社会で、日本はマザコンであることが忌み嫌われるからではないだろうか。

「オーマイゴッド」ではなく「マンマミーア」のイタリア。『ずっとあなたが好きだった』という1992年のテレビドラマでブームとなった「冬彦さん現象」に象徴されるマザコン男性をディスる日本とでは、本作に対する共感度合いは正反対かもしれない。

とはいえ、イタリアが「マザコン社会」だなんて、ググるまで考えたこともなかった。それは次の疑問についても同じ。

母親の死の真相について、周囲の人は腫物にさわるようにし、マッシモに問い詰められた父親でさえも、それを隠す意味がイマイチわからない。「子どもがかわいそう」なのだとしても、トラウマを乗り越えるには現実と向き合うべきなのにどうしてなの? と。それにマッシモも自分で調べようと思えば調べられたはずなのに…。

しかし、これも<「映画の中で母の葬儀は、教会ではなく家で行われていました。当時“自殺”は社会的・宗教的にタブーで、教会での葬儀が認められないことも珍しくありません」>と聞けば納得。イタリアはローマ・カトリック教会が最大教派だもんね。父が教えないことはもちろん、マッシモが無意識のうちに真相究明を避けていたと言われても、まあそうかも、と思ってしまう。
(http://realsound.jp/movie/2017/07/post-92421.html)

ということで、イタリアにおいては広く共感を呼ぶ物語でも、日本では母親の死にいつまでもこだわる情ない、ちょっとキモめの男の物語と見られてのガラガラぶりではなかろうか、と。

喪失対象にこだわられなければ、トラウマに苦しむ男性の苦悩を上手く描いた映画ではないかと。個人的には好きです。

●物語(50%×4.0):2.00
・個人的には好き。友達も母との関係がベタベタだったのもそういうことかと。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・これくらい仲が良ければ、母親がいなくなってショックだよねとわかる。映像で語らんとする演出は良い。問題は自分の知識の乏しさ。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・音楽が結構良かった気がする。
いの

いのの感想・評価

-


どうして映画館って眠くなるんだろう。
弱さとか痛みとか妬みとかひがみとか憎悪とか劣等感とか、
普段は気づかないようにして過ごしている自分のダークな部分も、
映画館では受け容れられていると感じるからだろうか。
ニンゲンがまるごと認められる場だからだろうか。
まるで母の胎内で羊水に包まれていた時みたいに。
(って、すみません、その記憶はございません!)
そんな安心感が映画館にはある。


もう予告が流れているところからまどろんでしまって、
ずっとそのまま微睡みのなかでたゆたう状態で過ごしました。
(爆睡ではないので、ずっと観てはいたのです。)
言い訳にしかなりませんが、そんな映画鑑賞も好きです。



考えたら、家で観てる時もよく寝てました。
すみません。
駄文におつきあいいただき、ありがとうございました。
haomei

haomeiの感想・評価

-
17/9/10 ジャック&ベティ
マッシモにとって母は全て。そんな母が突然いなくなってしまう。天国に行ったと神父様に告げらても納得いかないマッシモは反発する。ママが自分を置いていくはずがない。

子どもの心を理解していない父親はマッシモの助けにならない。母とみていたテレビドラマの惡役キャラクターを心の拠り所として幼少時代を生き抜いていく。

子どもにとって母の自殺は、受け止めきれない出来事ではあるが、事実を隠そうとする大人の対応がマッシモを孤独にし彼の人生に暗い影を落とす事に繋がってしまったのではないだろうかと思う。

部屋に流れる音楽。

“わたしの可愛い坊や”

宿題中のマッシモの手をとって踊り始める美しい母と息子。

かくれんぼの途中、母を見つける事ができなくて不安になるマッシモ…。ふざけていただけよと出てきて優しく息子を抱きしめる母。

彼らの優しくて甘い時間は、心に沁みた。
猫

猫の感想・評価

3.5
寝たらダメだろうな、という予感があったので、相当頑張った(笑)
時系列がバラバラなので5分でも意識を失ったら、つまんないと思う。
寝ずに頑張った私は 
そこそこ面白かったです。
そんな言葉が劇中に出てくる訳ではないけれど
子ども時代の傷が、中年になっても引っ張るというのは当たり前の事。
マザコンと言う言葉で
彼を否定して欲しくないな、と思う。
誰にでもこだわっている
或いは拘った事柄と言うものが
長い人生には一つや二つあるはずだと思うから。
これは、彼の人生の記。

それにしても、主役の彼が、どうしてもマイケル・ファスベンダーに見えちゃう(笑)

 2017.08.27 伏見ミリオン座にて鑑賞
ako

akoの感想・評価

3.7
つらい
K2

K2の感想・評価

3.8
母親に対する長い喪の作業。

大事な出来事を連想させるシーンが度々出てくることで印象を強めていたり母と子の病の対比だったりが良く中盤のダンスのシーンが素敵。

若干の中だるみとキービジュアルのファスベンダー感。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.9.5 アルテリオ映像館

闇に消えた母の幻影を探し求める男を主人公に据えた、いかにも精神分析的なベロッキオの最新作。愛する人に手を引かれ再び踊り出すシーンや、窓越しに映る雪のショットの反復、小さいモノクロのテレビで母と共に観たあの日から心に潜み続けるベルファゴールの二面性、射殺された母親と現実から逃れるようにゲームに夢中になっている子供を作為的に同一フレームに収める一連のシーン、苦しみへの向き合い方に関する神父との問答、落下のイメージの転換、母とのかくれんぼを想起することで戻れぬ日々と数知れぬ涙を昇華させることにより、愛する人の抱擁と共に眠りに落ちていくラストシーンなど、惹かれるシーンは多々あるものの、妙に感傷的な方へ傾く中盤はかなり退屈で、ベロッキオ「にもかかわらず」なんとも微妙な仕上がりになっているように感じられた。
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悲しみや喪失感をうかつに他人と共有してドロ沼にハマるかんじすごいわかる。(助けてベルファゴール!)母親との思い出からダンスができなくなった主人公が「まあいいやイェーイ!」って踊り狂うシーンが凄い良くて、そこがラストだったらフェリーニぽくて好きだったかも。しかしあの物理的にも心象的にも片付けられない、過去に埋もれたアパートで思い出す母親との隠れんぼ…つらみ。
>|