甘き人生の作品情報・感想・評価

甘き人生2016年製作の映画)

Fai bei sogni/Sweet Dreams

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:130分

3.6

あらすじ

1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

「甘き人生」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
イタリア人ジャーナリストのマッシモ・グラメッリーニによるベストセラー自伝小説が原作。良作とは思うのだけれど、お客さんの入りがわるっ。何故かしらん?

1969年、9歳の少年マッシモの母親がある日突然、いなくなってしまう。司祭から天国にいると諭されるも、受け入れられないマッシモの心の傷は、1990年代、ジャーナリストとして成功を収めた後も癒えることはない。

ざっくりいうと、母親の喪失によるトラウマを大人になっても乗り越えられないでいる男の物語。彼を理解し、愛してくれる女性がいても、その傷を完全には癒すことができないように見える。

この映画が日本でイマイチ受けない理由は、完全な妄想だけれど、イタリアはマザコン社会で、日本はマザコンであることが忌み嫌われるからではないだろうか。

「オーマイゴッド」ではなく「マンマミーア」のイタリア。『ずっとあなたが好きだった』という1992年のテレビドラマでブームとなった「冬彦さん現象」に象徴されるマザコン男性をディスる日本とでは、本作に対する共感度合いは正反対かもしれない。

とはいえ、イタリアが「マザコン社会」だなんて、ググるまで考えたこともなかった。それは次の疑問についても同じ。

母親の死の真相について、周囲の人は腫物にさわるようにし、マッシモに問い詰められた父親でさえも、それを隠す意味がイマイチわからない。「子どもがかわいそう」なのだとしても、トラウマを乗り越えるには現実と向き合うべきなのにどうしてなの? と。それにマッシモも自分で調べようと思えば調べられたはずなのに…。

しかし、これも<「映画の中で母の葬儀は、教会ではなく家で行われていました。当時“自殺”は社会的・宗教的にタブーで、教会での葬儀が認められないことも珍しくありません」>と聞けば納得。イタリアはローマ・カトリック教会が最大教派だもんね。父が教えないことはもちろん、マッシモが無意識のうちに真相究明を避けていたと言われても、まあそうかも、と思ってしまう。
(http://realsound.jp/movie/2017/07/post-92421.html)

ということで、イタリアにおいては広く共感を呼ぶ物語でも、日本では母親の死にいつまでもこだわる情ない、ちょっとキモめの男の物語と見られてのガラガラぶりではなかろうか、と。

喪失対象にこだわられなければ、トラウマに苦しむ男性の苦悩を上手く描いた映画ではないかと。個人的には好きです。

●物語(50%×4.0):2.00
・個人的には好き。友達も母との関係がベタベタだったのもそういうことかと。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・これくらい仲が良ければ、母親がいなくなってショックだよねとわかる。映像で語らんとする演出は良い。問題は自分の知識の乏しさ。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・音楽が結構良かった気がする。
タカ

タカの感想・評価

3.4
大好きだった母親の死を受け入れられない男の話
気持ちがわからなくはないけど30年はさすがに長い…
乗り越えようとしたけど乗り越えられないトラウマはあるだろうけど、この男は30年自分の中に籠っていただけのように思う
終盤は見応えがあったけど、序盤から中盤のテンポが悪くてかなり長く感じた
kiki

kikiの感想・評価

5.0
息子が小さい頃と重なった。
ママが大好きだった頃、もっと真剣に遊んであげればよかった。

マッシモもママより美しいと思える人に出会えて今を楽しんで生きて!

みんなマッシモを愛していたから黙っていたんだよ。

私の中では完璧な映画。

もしも と にもかかわらず の使い方、勉強になりました‼︎
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

3.8
幼少期に母親を失ったマッシモはそれを受け入れられないまま大人になっていく。
淡々と物語は進んでいくが時系列に変化があり飽きることなく最後まで見る事ができた。
いくつかのセリフは心に残る。
丸い大きな瞳の少年時代を演じる子役は
戸惑う姿を見事に演じていた。
イタリア人特有の大らかな明るい映画も
楽しいけれどこの作品のようなしっとりした映画も良かった。
イタリア=サッカーという要素が入っているのもさすが👏👏
KahoTomita

KahoTomitaの感想・評価

3.8
なぜ邦題が「甘き人生」なのか分からないが、最後のシーンだけ母親目線で描かれており無性に泣けてきた。段ボールの中で母親に抱きしめられる幸せな思い出が、それが全て。ところどころ些細なポップさがいい。かなりいい。
トム

トムの感想・評価

3.5
中盤の動きが少なすぎたように思いましたが、それ以外はとてもよかったです。
特に、誰も教えてくれなかったという台詞、胸に刺さりました。
幼くして母を失うということ。

これほどの喪失感を心に抱き
生きていかないといけないのか…
健在な私には到底想像もできない。

友人の母親に母の面影を重ねながら
目を潤ませて甘えていた少年マッシモ
の姿が切なすぎました。

神父の言葉もかなり重く、厳しいもの
でしたが、母の死の真実を知ってなお、
消化しきれない母への想いと虚しさ。

ラストで「行かせてあげて」という
彼女の言葉で、彼の心の中から母親の
魂は解放されたのだろうか…

気付くと涙が溢れていました。
深い作品でした。

幼少期を演じている少年2人がとても
美少年で、上手かった!
美男子マッシモが野生味溢れる大人の男になってしまったのが残念
AT

ATの感想・評価

3.8
これはイタリア映画らしい味のある良作だと、見始めから感じた!
まだまだ母が必要なときに突然母をなくす心の傷の深さを掘り下げていて、主な舞台となるトリノも魅力的に映されている。
芸術的な映画!

舞台のトリノのホームスタジアムが見える部屋の素敵さにうっとり。そしてあのトリノのスタジアムのことも思い出せて嬉しかった。
幼いマッシモがパパとトリノのホームゲームを観に行くシーンも好き。
くみん

くみんの感想・評価

4.5
サッカー場、えんじ色のマフラーと帽子、お父さんの書斎のナポレオン、プール、学校、記者としての自分、母と過ごしたクラシックな家、彼の守護神でもあるベルファゴール。すべてのものが意味を持っていて。そして、裕福な巻き毛の友達のおうちのゴージャスさ、ため息もの。

よかった!せつない、でもたくさんの人に守られて大人になった彼、ちっとも甘き人生ではないよ彼の人生、そうも思ったけれど、目をそらしていたのは本当は自分だったのかも。父と再会した場面どんなシチュエーションなのかな、調べてみよー、何かもっとわかるかも、サッカーの歴史とか、トリノのこととか。
>|