はじまりの街の作品情報・感想・評価

はじまりの街2016年製作の映画)

La vita possibile/A POSSIBLE LIFE

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:107分

3.6

あらすじ

秋深まる北イタリアのトリノ。アンナとその息子ヴァレリオはローマからスーツケース一つを提げ、この街にやってきた。夫のDVから逃れ、親友カルラを頼って心機一転新しい生活を切り開くつもりだ。しかし、アンナは見知らぬ土地で仕事探しに焦り、ひとり寂しい時間を過ごすヴァレリオとの溝は深まるばかり。そんな親子をさりげなく見守る陽気なカルラに、近所のビストロオーナーの温かいまなざし。人生最高の日がやってくるまで…

秋深まる北イタリアのトリノ。アンナとその息子ヴァレリオはローマからスーツケース一つを提げ、この街にやってきた。夫のDVから逃れ、親友カルラを頼って心機一転新しい生活を切り開くつもりだ。しかし、アンナは見知らぬ土地で仕事探しに焦り、ひとり寂しい時間を過ごすヴァレリオとの溝は深まるばかり。そんな親子をさりげなく見守る陽気なカルラに、近所のビストロオーナーの温かいまなざし。人生最高の日がやってくるまで、どんな逆境にもめげない母の勇気と健気な息子の優しさに胸が熱くなる。美しいトリノの街を舞台に、新たな人生の可能性を指し示してくれる感動作。

「はじまりの街」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.2
11/23 岩波ホールで「はじまりの街」を観てきた。映画は、夫のDVから逃れた母と息子が、母の親友を頼り、ローマからトリノへ移り住み、人生の再出発を始める。

トリノでの再出発を迎えるに当たり、住居は母の親友が自宅の空き部屋を貸してくれて、母の就職も決まり、一見、順風満帆な船出に見えたのだが、息子には、中々、友人が出来ない。

ローマに住んでいた時にサッカー好きで活発な少年だった息子が、孤独を抱えながら晩秋のトリノの街を当てどもなく、自転車で駆け回る。

13歳になる息子は、閉塞感の中でも、気丈に振る舞い、母への思い遣りも持ち合わせるが、時には母へ苛立ちもぶつけてしまう。母親も新生活の中では余裕を見い出せない。

トリノでの新しい時間を共有する隣人は三人いて、演劇の仕事に打ち込み、明るい性格だが長く独身を貫く母の友人、セリエAの元サッカー選手ながら交通事故で死亡事故を起こした過去を持つビストロ店のオーナー、息子と同い年ぐらいの弟が居る、所謂、ストリートガールで、何れも孤独を抱える。

小さな家族の苦悩の時間が映画の殆どの時間を占めるのだが、寂しさを共有する隣人達同士の歯車が何時までも噛み合わない訳が無く、希望の光が差す瞬間が必ず何時か、やって来る、そんな映画だった。

東京も初冬の趣で、岩波ホールが在る、学生街の銀杏の落ち葉が積もる街並みが、映画の中の初冬のトリノの街並みに重なって見えた。

ユーロ特有のドーム式駅舎のトリノ駅、ポー川のアーチ橋やトリノ市街を見下ろす熱気球の映像も北イタリアらしく、二人の女優の演技とエンディングで流れる主題歌が、イタリアの伝統的な人生賛歌を感じさせるようで静かで美しい映画だった。
ゆず茶

ゆず茶の感想・評価

3.8
しっとりした映画。
秋のイタリアが美しい。🇮🇹🍁

イタリア映画って、リアルな人生模様を描くのがうまいと思う!

最後の唄もよい♫

息子が美男子。
Naomi

Naomiの感想・評価

3.4
映像が、綺麗で、
アングルワークが、私にとっては絶妙でした
俳優の方たちも素晴らしかった!
とても良い
ゆったり流れてく感じがすごく良かった
それにしてもイタリアの少年ってなんであんなイケメンなのかね
TULLYCO

TULLYCOの感想・評価

3.2
主人公の心の移り変わりが
よく描かれた
ヒューマンドラマ。
環境、人間関係、恋…
イタリアの舞台が
またいい雰囲気を出してる映画でした

静かでゆっくりと進んで行く

親子の物語です。
Chinami

Chinamiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

鼻の下ちょっと長めなヴァレリオがなんだかイケメン。飲み物の飲み方やホットチョコレートやデートのシーンがまあまあ好き。
友達ってどうやったら出来るんやろ、基準ってなんやろ。つい最近、とっても大切にしてた友達を1人失くしてしまった私はふと考えてしまいました、ふと。

想像したのと少し違うシリーズ
bata

bataの感想・評価

3.5
静かに
進む
EnzoUkai

EnzoUkaiの感想・評価

3.7
どこかで見たことあるぞ!って思いながら反芻すれば、
あ、是枝裕和だ!
まるで是枝裕和監督が撮ったような質感がある家族の話。現代の三面記事的なテーマと家族再生の話。イタリアはトリノの街並みが背景になってるのも是枝作品っぽい(笑)
しかし、是枝裕和監督はヨーロッパ映画の家族の物語を餌に育ってきた筈だ。このイタリア映画を見て「是枝裕和作品みたいだ!」なんて言ってるのは本末転倒。やたらと湿っぽいイタリア映画なんて是枝裕和さんの大好物だったと思う。

あまりお若い人は分からないでしょうが我々50台以上の世代は実はイタリア映画に親しんだ世代で、マカロニウェスタンは言わずもがな、毎日の様にテレビ放送されてた洋画劇場はイタリア映画がやたらと多かった。哀しい話はたいがいイタリアものだった。
この作品、正しいイタリアものでした。面白かった。
あお

あおの感想・評価

4.0
思っていたより結構、思い作品。
母子の頑張りに喝采!
>|