しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.1

あらすじ

カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモード(サリー・ホーキンス)は、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、町の商店で買い物中のモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。男は町はずれで暮らし、魚の行商を営むエベレット(イーサン・ホーク)。モードは束縛の厳しい叔母から逃げるため、住み込みの家政婦になろうと決意。彼が1人で暮らす小屋のドアをノックした。 子供の頃から重いリウマチを患い、一…

カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモード(サリー・ホーキンス)は、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、町の商店で買い物中のモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。男は町はずれで暮らし、魚の行商を営むエベレット(イーサン・ホーク)。モードは束縛の厳しい叔母から逃げるため、住み込みの家政婦になろうと決意。彼が1人で暮らす小屋のドアをノックした。 子供の頃から重いリウマチを患い、一族から厄介者扱いされてきたモード。孤児院で育ち、学もなく、生きるのに精一杯だったエベレット。そんなはみ出し者同士の同居生活はトラブル続きだった。しかし、モードがこしらえた熱々のチキンシチューを口にして、エベレットは孤独だった心が温まるのを感じる。やがて2人は互いを認めあい、結婚することに。 そんな時、顧客のサンドラがエベレットに会いに訪れる。ニューヨークから避暑に来ている彼女は、モードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で才能を見抜き、絵の制作を依頼する。サンドラの期待に応えようと、モードは夢中で筆を動かし始めた。壁に、板に、請求書の裏に。そんな彼女を不器用に応援するエベレット。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領からも依頼が来るが……。

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

嵐子

嵐子の感想・評価

3.8
ハートにじわじわくる素敵な作品でした。終盤は涙が溢れて止まりませんでした。
モードだからこそ描けた味のある絵画、彼女とエベレットの質素で素朴な小さなお家。お互いを思いやる夫婦。
不器用ながら、差さえあってる理想の夫婦を見ました。
なつ

なつの感想・評価

4.8
モードの何があっても絵を描き続ける意思の強さと、エベレットの不器用な優しさに心動かされました。
winos

winosの感想・評価

4.5
若い頃と年老いてからのモードを演じるサリー・ホーキンス!!!
たいしてメイクも変わっていないのに、何気ない口元の動き、ちょっとした仕草、彼女を追うだけで時の流れを感じることができる。娘を遠巻きに見守る場面では「ばあちゃん、大丈夫かっ!」と画面に突進しそうになった。
そしてイーサン・ホーク!!!
粗暴で不器用だけど返事の代わりに唸り声を上げ癇癪を起こす。・・って良いとこない。いやいやいや。これがまた良いのですよ。
二人の出会いから終わりまでを追体験。

今年のマイNo.1は今の所、この映画かスリー・ビルボード。
yumi

yumiの感想・評価

4.6
大好き。
涙が止まらなくてどうしようかと思った。
KarimF

KarimFの感想・評価

4.5
すごく好き!ほっこりする映画。幸せな気持ちになった!

サリーホーキンスが好き!
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.5
カナダの著名な画家モード・ルイスの人生を描いた作品。

リウマチに苦しみ、不遇な人生を送ってきたモード。
同じく孤独な人生を送ってきたエベレット・ルイスの家に家政婦として住み込みで働く。どんなに虐げられても、絵を描くことで気晴らしをしてきた彼女にある転機が訪れる。

スローライフ、貧しくても人生を豊かに生きた彼女の生き様が素晴らしい。

絵を習ったことがないモードが、我流で描いた絵が口コミで広がり、アメリカの大統領からも依頼が来たとのこと。

あまり大きい絵は描かず、ポストカードや板に絵を描いたり、小さな自宅の内壁や窓や扉にもたくさんの絵を描く。ポストカードに描いた絵の価値が1枚、500万円になるものも!

サリー・ホーキンスがシェイプ・オブ・ウォーターに並ぶ名演。イーサン・ホークも貫禄の演技。

おすすめです( ´∀`)
きり

きりの感想・評価

3.6
もう一度観たい。
記録。
Mio

Mioの感想・評価

4.1
夫婦愛
あい

あいの感想・評価

4.3
20180503
>|