しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

うに丼

うに丼の感想・評価

3.8
控え目に言ってもクズ亭主のエヴェレットだが、イーサン・ホークが嫌味なく演じており好印象。一方のサリー・ホーキンスの鬼気迫る演技も鳥肌もの。モード・ルイスの魂が本当に乗り移ったかのようだ。

世界の片隅でひっそりと肩を寄せ合うように生活する夫婦のささやかな幸せ。お金や名声よりも大切なこと。それは、大好きな絵を描くことと、愛する人がいつも隣にいること。
愛を育むとはこういうこと

好きなことが出来ればいいとはこういうこと

男らしさとはこういうこと

しかし邦題がダサい
サエ

サエの感想・評価

-
自分が好きでやりたいことをするのを応援してくれる人がいるって素敵なことなんだな
Risa

Risaの感想・評価

4.5
記録✔️
みき

みきの感想・評価

3.8
モードの幸薄な雰囲気とは正反対の明るくて可愛らしい絵。すごいギャップを感じつつもそこがまたグッときた。とても好みな色彩感覚。

二人の性格はうじうじしたり怒鳴ったり、個人的にそれぞれキライなタイプなんだけど笑、
なぜか最後はやさしい気持ちで二人を観ていた。
二人のように人生を共にして二人だけで信頼や愛情を積み上げていくことの尊さを感じた。

特に好きなのは狭い部屋でダンス?と言うか抱き合って語り合ってるシーン。

「1組の古い靴下みたいね」
baby

babyの感想・評価

3.8
世間から孤立していたふたりが一緒に暮らしお互い大切な存在へ変わっていく徐々に愛を育んでいくストーリー。不器用ながらもお互いを補い合い助け合い生活していくシーンが心温まった。すれ違い一度離れてお互いの大切さを認識したときにまた絆が深まる。

きっかけは家政婦として暮らし始めたけれど、家事だけでなく魚売りの記録や販売を手伝うモード。絵が売れるようになってからは絵に没頭できるように魚売りをしつつ家事全てを旦那がやるという優しい優しい旦那さん。家を出て行って次の日普通に家事をやっているモードを受け入れたり不器用だけど優しい。網戸の痴話喧嘩も夫婦そのものみたい。

「みんな結婚する」「俺はみんなが嫌いだ」「相手もよ、でもわたしは好き」の場面!このふたりでしかお互いの孤独を埋められないし愛は生まれないんだと思ったシーン。相性がよくなきゃ一緒に暮らせないし。
夫婦になった夜にダンスをしながら「私たち一足の古い靴下みたいね」と。似たもの同士で対になっているふたりでひとつ、そんな夫婦いいなー。
「また犬を飼えば?」「いや、お前がいる」涙腺崩れる…せつな…
「命の輝きがひとつのフレームに、そこにある」本当に絵が好きなんだなぁと。窓から観る景色が好きだなんて素敵な感性。
とまこ

とまこの感想・評価

3.5
絵がとってもかわいいのとサリーホーキンスの魅力に引き込まれる。序盤モヤモヤする所も沢山あったけど、色々な夫婦の形があって2人の関係はちゃんと夫婦でまさに1組の古い靴下なんだなと思えた
mのEmo

mのEmoの感想・評価

3.9
自分の絵が描けるって素敵だな

私だったら完全にお手上げや、こんなひとってなる始まりからの
終始なんだか泣きそうになる

描いてる絵がまた
気分が晴れるような色使いだからかな
歩み寄って向き合って支え合ってて
じんわりした

まためちゃくちゃ魅力的に映るんよね、サリーホーキンス
どんどんファンになっちゃうな
ともた

ともたの感想・評価

5.0
手押し車の使い方が最高!

とても純粋でチャーミングなモードと、無骨で不器用だけどまっすぐなエベレットのお話。
最初は二人のやりとりにハラハラしまくりだったけど、なんだかんだでエベレットめっちゃモード好きじゃんか。
かわいすぎてにやにやしちゃう。
世界の端っこで孤独に暮らしていた二人が、初めて人を愛して、愛されて、お互いに大切な存在になって。
歳重ねても、あんなふうに誰かと想いあえたら本当に幸せだなと思った。