しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

なんて鮮やかな色合いの、優しい絵なんだろう。

はにかむサリー・ホーキンスとモード・ルイス本人が重なる。

イーサン・ホークの仏頂面がまたいい。

リウマチを抱えながら、前向きに生きるモードの逞しさ。

粗野で口下手なエベレットと、衝突しながら徐々に心通わせていく様子は、もどかしくも微笑ましい。

手押し車にちょこんと乗るモード、結婚式の夜の二人きりのダンス…珠玉のシーンに涙腺が緩む。

カナダの美しい自然も印象的。
naofumiman

naofumimanの感想・評価

4.2
イーサンホーク、イイ演技するなー(*´∇`*)
前半は思いがけずダークな雰囲気だったけど、後半はほんわかして後味はよかったです*
お互いが次第に大切な存在になっていく過程が素朴に描かれていてとても良い
どく

どくの感想・評価

3.7
とてもいい映画
不器用だけどステキな夫婦
ほのか

ほのかの感想・評価

5.0
私は窓が好きってセリフのくだりが特にすきだった。この感性素敵。言い回し良いなってセリフが後半にいけばいくほど多い映画。
fumi

fumiの感想・評価

4.0
サリーホーキンスの加齢演技がリアルと同時にめちゃくちゃチャーミング。エベレットのキャラクターが実際の為人に忠実なのか結構イヤなオッサンなんだけど、それも含めてラストのモードのセリフに泣かされた。
suu

suuの感想・評価

3.3
とっても素敵な夫婦!
自分たちがよければそれが幸せという貫いた考え方をこの時代にできることがもう天才!!
これが実話なんて波乱万丈のシンデレラストーリー過ぎてついていけないよ。

こんな風に簡単に人を信用しない無愛想な旦那さんの方が絶対愛情深いし信頼できて私は好きだな。そしてそんな無愛想な旦那さんに対してなんでも素直に言えて、壁に勝手に絵を描いちゃうモードはもっと好き!!
ジワジワと不幸が幸せへと変化していき、幸せとか不幸とかどうでも良くなる。


嫌われ者同士が惹かれ合いお互いを理解し合う。
嫌な事を言い合える仲って素直な人同士ってことなんです。

実話なのかな?絵はその人の心象風景が現れているんだろう。
12月

12月の感想・評価

3.0
カナダの女性画家モード・ルイスの伝記映画。画家の伝記というより、ささやかで慎ましくも幸せな生涯を送った夫婦の物語。主演は「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンスと、イーサン・ホーク。多くを望まず、持って生まれた小さな幸せの種を育てる、カナダ版の逃げ恥。

顔と要領がよくて憎めないけどダメな奴、みたいな役が多かったイーサン・ホークが、田舎の無骨な男を違和感なく演じていてイメージが変わった。