しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.1

あらすじ

カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモード(サリー・ホーキンス)は、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、町の商店で買い物中のモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。男は町はずれで暮らし、魚の行商を営むエベレット(イーサン・ホーク)。モードは束縛の厳しい叔母から逃げるため、住み込みの家政婦になろうと決意。彼が1人で暮らす小屋のドアをノックした。 子供の頃から重いリウマチを患い、一…

カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモード(サリー・ホーキンス)は、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、町の商店で買い物中のモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。男は町はずれで暮らし、魚の行商を営むエベレット(イーサン・ホーク)。モードは束縛の厳しい叔母から逃げるため、住み込みの家政婦になろうと決意。彼が1人で暮らす小屋のドアをノックした。 子供の頃から重いリウマチを患い、一族から厄介者扱いされてきたモード。孤児院で育ち、学もなく、生きるのに精一杯だったエベレット。そんなはみ出し者同士の同居生活はトラブル続きだった。しかし、モードがこしらえた熱々のチキンシチューを口にして、エベレットは孤独だった心が温まるのを感じる。やがて2人は互いを認めあい、結婚することに。 そんな時、顧客のサンドラがエベレットに会いに訪れる。ニューヨークから避暑に来ている彼女は、モードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で才能を見抜き、絵の制作を依頼する。サンドラの期待に応えようと、モードは夢中で筆を動かし始めた。壁に、板に、請求書の裏に。そんな彼女を不器用に応援するエベレット。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領からも依頼が来るが……。

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

わたしたちは、ぼろぼろの靴下 ひとつはよれていて、ひとつは穴があいている
いいえ あなたは真っ白なコットン
あなたはロイヤルブルー またはカナリアイエロー

全然台詞通りじゃないけれど夫婦ってこういうことか
ぺここ

ぺここの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

7.29.2018 鑑賞


脚の悪いモードがエベレットの爪先にちょこんと乗ってダンスするシーン。
二人はお互いをチグハグな靴下に例える。

数多あるラブシーンの中でも珠玉のラブシーンだと思う。

時代とはいえ、エベレットのモードの扱いには拒否反応がある人もいるかもしれないけれど、お互いしかいない二人なのだなあと、しみじみするのです。
またサリーホーキンスにやられました。イーサンホークも良かったけれど、やはりサリーホーキンスが素晴らしい。一つ一つの出来事を深く追わない作り方も良かったですね。風景の映像が素晴らしかったです。夕焼けの映像だけで涙腺が緩みました。カナダ大使館で映画展をやってるようなのでそちらも観に行きたい。
akn

aknの感想・評価

3.8
最初、モードとエベレットの衝突など ふたりの不器用さも相まって見ていてつらかったけど 時と共に愛情がじんわり深まっていくのがすごくよかった。

エベレットの作業着もかわいい。 イーサン・ホークはいつ見ても格好いい
RiRi

RiRiの感想・評価

3.9
隣の同期が気持ちよさそうな寝息をたててました
candy

candyの感想・評価

4.0
ピュアであたたかで、まっすぐな愛。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.0
上質なラブストーリーでした。人の温もりを知らないふたりが、衝突しながらも徐々に心を開き愛し合うに至る過程に涙する。一方で男のあまりの不器用さが可笑しい場面もしばしば

主演ふたりがとにかく素晴らしい
本日オスカーを獲った『シェイプ・オブ・ウォーター』でも主演しているサリー・ホーキンス。決して美人じゃない(両作品中でもハッキリ言われてる)のに、見せる表情がいちいちチャーミングで不思議な魅力を放ちます

不器用で粗暴な男を演じるイーサン・ホークも素晴らしい。徐々に心境が変化する様を、少ないセリフと表情のみで見事に表していて。特にラストシーンの表情には涙が止まらなかった

素朴な田舎の風景や、モードの描く無垢な子供のような絵画も印象に残りました。美しい作品でした
いやあ見ることができてよかった。小さくて優しくて美しい、すばらしい映画であった。

女性監督らしい光の切り取り方や景色の撮り方もとても好き。

お互いだけを必要としあうふたりが小さいけど確かな日々を紡ぐところが本当に最高で、「私たちはくたびれた一組の靴下みたいね」「ひとつは伸びてぼろぼろで、もう一つは穴だらけ」「あなたは真っ白なコットンの靴下」「君はロイヤルブルーか、カナリヤイエローかな」なんつって~~~~!このやりとりしたすぎ~~~~!!私は何色~~~~!

しかしなんといってもイーサンホーク。ベストイーサンホーク映画かもしれない。最高のイーサンホークだった。今日だけだからな、なんつってダンスしてくれて、しかもそこから足元へのクローズアップって!!はぁぁ~~良い仕事してますねええ~~

窓がキャンバスで、すべてそこに詰まっているって言ってたけど、きっとあの家の窓じゃないといけないのよね、彼が見えるあの家の窓じゃないと。

兄とか、モードのことsisterって呼ぶんだよね、名前で呼ばない。多分だけど一回だけ、 エベレットが原題であるモードの愛称、maudieって呼ぶのよね。はあん。ラブい。

いやほんと、最高でした。何度でも見たい。ギンレイで見て、そのあとのグレイテストショーマンも見ようと思ったけど余韻に浸りたすぎてそのまま帰宅。パンフレット売り切れてたのめちゃくちゃ悲しい。欲しい。


2018-73
>|