しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.1

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

風景が良い。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

4.2
リュウマチに苦しみながらも好きな絵で人生切り開いていくモードが素晴らしいです。
エヴェレットは頑固で厳しいけど凄く心の優しい人で、まるで昭和のお父さんです。
モードとエヴェレットの昭和っぽい夫婦がとても良いです。
最後は目頭が熱くなります。
雪

雪の感想・評価

4.0
絵を描く人には絶対に観て欲しい映画
心がじんわりと暖かくなる
ダンスシーンの「一組の古い靴下みたいね」って台詞、センスが良すぎる
こぅ

こぅの感想・評価

4.0
カナダ人女性画家モード・ルイスの【実話ドラマ】。

幼い頃から障害を抱え、家族にもうとまれていたモード(サリー・ホーキンス)が、夫となるエベレット(イーサン・ホーク)に出会い、支えられながら、絵を描く事に喜びを見出していく…。

モードの原色がストレートに出ている絵のようなヘタな技巧も無く、オーソドックスな作風が観る者に【ぎこちなくも美しい夫婦愛】を伝えきっていて素晴らしい。
勿論、サリー(絵画教室に数ヶ月通った。)と、イーサンの【味わい深い演技】あってこそだ。

2人の徐々に心通わせる様と、モードの筆が進み室内が彩られてパッと明るくなってゆく様が心地良い。
モードの純真無垢な気持ちは説明無くも、絵に表れていた。

終盤の2人で◯を見つめるシーン、その直後の会話に【目頭】が熱くなる。

エベレットの家の再現や、40年代の雰囲気残すニューファンドランド島でのロケーション、全編セピアがかった映像も良い。

エンドロールに本人夫婦とモードの作品が出てきて微笑ましかった。
Lewis

Lewisの感想・評価

4.2
サリーとイーサン・ホークのほのぼの不器用カップル可愛かった。絵も可愛かった。お家も可愛かった。ずーっと可愛いなーをつぶやきながらほっこりしてた。ぼやっとしそうな内容なのに退屈しなかったのは、美しい風景と、主演二人の安定感のある演技の功績が大きい。レプリカの絵が欲しい。
個人的には好きな作品。見終わった後に何かが問いかけてくる。映画の醍醐味の一つだ。真っ直ぐなヒロインと無骨な旦那の変化がいい。女優さんの演技も素晴らしい。見て良かったと思う作品だ。
イーサンホークの不器用男の演技素晴らしすぎる
可愛らしい主演2人のほっこりする映画。

2018年映画マイベスト3入り決定
なおこ

なおこの感想・評価

3.8
リウマチを患い、周囲に役立たずと思われていた女性が、絵を描くことで居場所を得ていく実話。
彼女が好きな窓から見える景色、動物達や季節の移り変わりを描いた作品が多くて、素朴で可愛らしい絵は見てて幸せな気持ちになれる。
イーサン・ホークがアルムおんじみたいなぶっきらぼうおじさん役で、ビフォアサンライズの知的でかっこいいイメージだったからイメージ覆った。
まるこ

まるこの感想・評価

4.5
あまのじゃくでとても優しいエレベットとエレベットの思いがちゃんと分かってるモードがとても可愛くて心がポカポカした😊リアカーにモードを乗せてるエレベットの光景がとても好き💓
>|