しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.1

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

こんの

こんのの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やさしくあたたかな愛が溢れる映画。
欠点を肯定してくれる映画。
サリーホーキンスの魅力。
モード本人の愛嬌そのままで
ユーモアが似合ってた。
エベレットもまた、
モードを好きになることで
どんどん穏やかに変わる。
一組の古い靴下という表現が印象的。
蔑まれたりバカにされたりしても
たった一人でもこんなに分かり合えて
大切に思える人を手に入れられたら
なんて幸せなんだろう。

いろいろ詰め込まれていた感じはあるが
一人の人生がギュッと凝縮されてた
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.5
カナダで有名な画家・モード・ルイスの
半生を綴った心温まる物語。
モードのしあわせの詰まった絵に、
モードとその夫エベレットの不器用な愛に癒されました!

重いリウマチを患うモードは、
家政婦を探すエベレットの元で、
住み込みの家政婦として働く。

モードの唯一の楽しみは、絵を描くこと。家事の合間に、家の壁や窓に絵を描きます。

ある時、NYから来た女性が一枚のポストカードを購入したことをきっかけに、絵が飛ぶように売れ、一躍有名人に。

モードを支えるエベレット。
時折、感情を抑えきれず、当たることがあっても、無骨で口下手なエベレットが紡ぎ出す言葉一つひとつに、愛を感じます。

リウマチでうまく動かない手で筆を握り、懸命に絵を描く姿は、まさに感動!
彼女の絵からは、生きる喜び、エベレットとの幸せな毎日が伝わってきます。

エンディングで、実際の映像が流れ、モード本人の笑顔を見たとき、見事なまでに演じきった「サリー・ホーキンス」に感銘を受けました。まさに、モードの笑顔そのものだったもの!
チャロ

チャロの感想・評価

4.2
めっちゃよかった!!😭❤️

なんとなく想像できるストーリーだったけどじわじわ心が通っていくのを観るのがにやにやしてしまって心に沁みた🥰❤️

男の人って不器用なんだなぁ🥰
またまた満点映画!
めちゃくちゃきゅんきゅんしたw💓笑
そこらへんの恋愛ものよりよい!🙌
久しぶりにときめきました✨
イーサンホークかっこよすぎる😍
言うこといちいちかっこいいしツンデレなとこがまたいい!
あんな夫婦憧れるわー😂💓
またサリーホーキンスの演技が凄すぎる😳
他作品も早速チェックしよー🙌


後半は涙が止まらないけどなんだかほっこりして幸せな気持ちになる作品🌷
nicole

nicoleの感想・評価

3.9
色合いが!!!最高に!!!!好き!!!!
不器用ながらも寄り添って、2人なりの夫婦の形になっていくのほんと良い…
エベレットも丸くなっていく感じ可愛かった…頑固親父愛おしい…
これだって本当の夫婦の形だよなって思った。色彩と音楽が心地よくマッチしてる
MODS

MODSの感想・評価

3.8
実際のモードさんの可愛らしさったら。
そして絵の可愛らしさったら。

2人の関係が段々と合わさっていく様がなんとも微笑ましい。
最初の旦那は本当にクソ野郎かと思えるくらいだったのに、自然と立場も対等になって、本当に言われた通りにモードが必要だった。
旦那もモードの絵は実は最初から好きだったんだろうか。
壁に描かれても怒らなかったし。

そして足の上に乗って抱き合ってるシーンの可愛らしさったら。
この作品は最初は退屈すると思う。ある女性の変わった生活をただみているだけだからだ。全てが謎で理解しがたい。イライラするかもしれない。
けれどもある本当に本当に不器用な男性と出会い、2人の人生が交差していくとともに女性の人間味を感じ始め最後には2人の魅力に虜にされていく。2人の、言葉にしない行動、目線、間が何より愛おしい。実在した人物ということにまた愛おしさを深める。
この作品のイーサン・ホークの演技にはただただ魅了されてしまうばかりだ。
>|