しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.1

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

たまたま見つけて…。
心に沁みた。
そこにある幸せ…、それを精一杯感じて生きている。
羨ましいと思った。
毎日、毎日…不満に満ちた気持ちで生きてる自分に、素晴らしいお話だった。
毎日を大切に…、生きよう。
これだって本当の夫婦の形だよなって思った。色彩と音楽が心地よくマッチしてる
MODS

MODSの感想・評価

3.8
実際のモードさんの可愛らしさったら。
そして絵の可愛らしさったら。

2人の関係が段々と合わさっていく様がなんとも微笑ましい。
最初の旦那は本当にクソ野郎かと思えるくらいだったのに、自然と立場も対等になって、本当に言われた通りにモードが必要だった。
旦那もモードの絵は実は最初から好きだったんだろうか。
壁に描かれても怒らなかったし。

そして足の上に乗って抱き合ってるシーンの可愛らしさったら。
この作品は最初は退屈すると思う。ある女性の変わった生活をただみているだけだからだ。全てが謎で理解しがたい。イライラするかもしれない。
けれどもある本当に本当に不器用な男性と出会い、2人の人生が交差していくとともに女性の人間味を感じ始め最後には2人の魅力に虜にされていく。2人の、言葉にしない行動、目線、間が何より愛おしい。実在した人物ということにまた愛おしさを深める。
この作品のイーサン・ホークの演技にはただただ魅了されてしまうばかりだ。

このレビューはネタバレを含みます

女優さん、シェイプオブウォーターの人だ…と最初に気づいた。
この女優さんは不器用な生き方をしてる人間を演じるのが上手いなあ…と思った。モード役がとてもハマってました。
最初はあんなに酷い扱いだったり殴ったりしてたエベレットが、俺を捨てるななんて言葉を言うくらいに彼にとってモードが特別な存在になったんだなあ……。
犬を飼った方がいいわ って言うモードのシーン、お互いの気持ちを思うと…胸に迫るものがあった。
モードがいなくなった後も彼の家はモードの愛でいっぱいなんだと思った。
切ない…しあわせで、あたたかくて、儚い。
実話を基にしてるんですね。
エンドロールにモードの絵が出てきて、それにも思いを馳せてしまう。
あたたかくて可愛らしい絵を描く人なんだなあ。いい映画だった。サンドラも優しくて好き。イーサン・ホークも良かったなぁ
りか

りかの感想・評価

4.1
暖かい
Gaku

Gakuの感想・評価

4.3
泣かせにくるイーサンホークとサリーホーキンス。
実話ということでエンドロールも楽しめる。
実話
雰囲気とか好き
>|