しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

素晴らしい夫婦の在り方ですね。
シェイプ・オブ・ウォーターのサリー・ホーキンスと最初は気付かなかったけどイーサン・ホークの組み合わせ。
しかも実話。実際の絵をネット見たけど、実に温かみのある絵でした。
制作費は関係無いですね。良い映画は良い❗
朴訥なイーサン・ホークが良い
牧歌的な雰囲気と5~60年代のワークウエア
少ないが確実に心に響くBGM
なにより夫婦の有り様
ずーっと観ていたかった

素朴だが幸せそうな結婚式
その夜の二人だけのダンス
日々の暮らしで二人で歩いたり、手押し車で一緒にいる姿
口は悪いが優しく行動で伝わるイーサン・ホークの演技
女優さんも詳しく知らないが、とても雰囲気のある方

途中、「ダンサーインザダーク」みたいになるんじゃないかとドキドキしたが杞憂でした。
あんなに幸せな家に残されたらツラい

後半、光の具合なのかぼやーっとして見辛いなーと思っていたら、僕の目に知らないうちに溜まっていた涙でした。
m

mの感想・評価

3.8
ちゃんと老いていく感じすごい
rik

rikの感想・評価

3.8
主演2人が良い
マグニフィセントセブン然り、イーサン・ホークはワークスタイルと土埃がよく似合う


絵を買ったお姉さん良かったな、価値のあるものにはきちんと対価を払う人
Nico

Nicoの感想・評価

4.5
無骨なまでに不器用ながら確実に愛を伝えていく。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

4.0
サリー・ホーキンスは本当に可愛い!相変わらずの妖精感。髪型やらたっぷりしたカーディガンにワンピース。タバコを吸う仕草も可愛い。はあ。なんなんだよこの人。リウマチがどんどん進行して、歩きづらくなった彼女を支えるイーサン・ホークが、またたまらん。人がなんと言おうと、自分たちが幸せならいいんだよ、とじんわり涙。あの環境で肺気腫は辛かろう。酸素吸わせてあげて!と、観ながら息が苦しくなった。可愛い絵に囲まれたあのおうちにポツンと帰るイーサン・ホークが切ない。良作。
sa

saの感想・評価

4.0
サリー・ホーキンスとイーサン・ホークがひたすら素晴らしい。

静かだけれど熱量がある映画。
kouko

koukoの感想・評価

4.4
モードとエベレットの絆に泣ける。
最初モードにイラついてたエベレットがいつの間にかかけがえのない存在になる。文句を言いながらもモードのすることを許して、モードのために動く姿が微笑ましい。時間の経過が分からなかったけど、二人で幸せな時間を長く過ごせてたらいいなと思う。
薫

薫の感想・評価

3.8
幸せな生い立ちとはいえないモードだけれど、結婚して絵が認められて幸せに。

小さい家だしエヴェレットも最初は怖い人だったけど高望みせず、目の前のものを受け入れたからなんではないかな。

旦那のエヴェレットも最初は荒くれ者って感じだったけど彼女といたらだんだん優しくなっていってほっこりした。
イーサン・ホークがいい感じに枯れてきたわ。
彼女の絵がとても可愛いなあ。
yuta

yutaの感想・評価

3.9
不器用でぶっきらぼうなイーサンホーク
>|