逆光の頃の作品情報・感想・評価

逆光の頃2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:66分

3.4

あらすじ

京都生まれ、京都育ちの 17 歳、赤田孝豊。高校 2 年生である彼は、思春期ならではの同 級生との別れや喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実― ―古都・京都の街並みを背景に、双方の世界を行き来する一人の少年のゆらめきときらめき が、鮮やかに紡ぎ出されていく。

「逆光の頃」に投稿された感想・評価

京都行きたくなる。季節で見る京都。魅せる京都。みたいな……。
京都の言葉は難しいだろうなぁと、関西にゆかりのない自分でも、なんか違和感を感じるイントネーション。言い方は京都弁を意識しました!なのかな?
淡い若い思春期の気持ちも描きつつ……全体的に京都を魅せる作品だった。

季節によって見る景色がまったく違うと行って、何度も何度も京都に通う友達の気持ちがなんとなくわかる気がした。

キレイな映像。葵わかな良かった。
nanami

nanamiの感想・評価

3.0
180807 prime
ショットの瑞々しさが堪らない。美しい世界なだけに、終盤に暴力を象徴する人物が出てきた時の緊張感がすごい。
ぬかるんでは、かたまって。
突然の白酒師匠
台詞もストーリーも詩的で、
是非原作を読んでみたいと思いました。

時間軸をずらしたことにより、
孝豊のお父さんの微笑みが
より一層深いものに感じられました。

青春のきらめき。
いいですね。
美音氏

美音氏の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます


真宙さんの主演映画(㊗)しかも京都が舞台の作品なので記念に観ておきました

1時間だからあっという間だけど、きれいな真宙さんが終始写ってて充実!相変わらず細いし白いなぁ

ケンカ負けちゃって雨に濡れながら手繋ぐとこ可愛い😩守ってあげたいわ😩
ゆき

ゆきの感想・評価

2.3
ただ京都の風景が綺麗なだけだった。
無駄な音がなくて静かでそこはよかったかな。
疲れた時にぼーっとしながら観るのがよさそう。
加賀田

加賀田の感想・評価

4.0
ニューオーダーのコピバンやるだけでギャラ1万4千円くれるライブハウスって何?
>|