逆光の頃の作品情報・感想・評価

「逆光の頃」に投稿された感想・評価

ペン

ペンの感想・評価

3.4
雰囲気は好きだけど、かなり薄味の作品。
記憶から消える可能性大。

高杉真宙、顔が綺麗だな~
一番の感想がそれ(笑)

あと、葵わかなって大嫌いな女優の一人なんだけど、この作品だと何故かすごくハマってて嫌じゃなかったです。
高杉真宙の放尿音に聞き耳立てる葵わかな。
すど

すどの感想・評価

4.0
高校2年の夏休み

京都の風景と
自分だけが変わらないのか
変われないのか
いや、このままがいいのか

美しい景色
好きな女の子
悪ぶってる友達(?)
気難しい親父
ちょっとづつだけど
変わっていく

夜の学校
友達の歌ってるライブハウス

見た事あるような
初めての出来事

アニメーションの使い方も
効果的で
じんわり染み込む
良い作品でした

葵わかなさん
いい演技してましたね
みんないーよ
すごい好きな映画だった。

白酒さん良い酔っぱらいっぷりだった。

ラストの曲、あれっと思って調べたらニューオーダーのカバーでびっくりした。
あ

あの感想・評価

3.0
ソフトドリンクはあったとしてもバナナジュースは無いんじゃないかな、、

ゆったりしてて素敵な映画!
ででん

ででんの感想・評価

3.4
片手間に見ようと思ってつけたけどしっかり観ちゃった 好きな人たちがたくさん出てた 清水くんがジョイディビジョンを歌う
高杉真宙くんは日本のティモシーシャラメ

関西弁は気になるけど瑞々しくてよかった
悪くないけど、ちょっとイケメンのための映画って感じがした。

友達のバンドがJoy Divisionのカバーやつてるのはちょっと良かった。
あだ

あだの感想・評価

3.8
人生のうち、一回くらい何か勝てないものに歯向かってもいい。
逆行したっていい。

でもなんだこの刹那的な撮り方。好みです。
おみの

おみのの感想・評価

3.6
京都人はっきりしゃべって(私怨)
小林啓一監督の名前は知っていて『ももいろそらを』がとても高い評価をされてるのも知っていたけど未だに未鑑賞でした。
近いうちに観なきゃな。

京都を舞台にした青春ものですが、ヒキのショットが多めで京都の美しい景観を損なわずほんとに丁寧に撮られていると思いましたし、主役の高杉真宙のゆるい感じと、葵わかなの都会の子っぽくない可愛さが絶妙。
音楽を一切使わなかったのも良いし、終始静かに物語がゆっくりと進んでいくのも、ほんとに好みでした。

京都に行きたくなるなぁ。

監督の新作『殺さない彼と死なない彼女』は絶対観に行きたい。
>|