takanoひねもすのたり

デトロイトのtakanoひねもすのたりのレビュー・感想・評価

デトロイト(2017年製作の映画)
3.8
1967年のデトロイト暴動の際に起きた警官による黒人青年3人の虐殺事件をドキュメンタリータッチで描いた作品。

事件から50年目に監督が何故この作品を作ろうとしたのかは分からない。
アメリカの犯罪事情に明るくはないけれど、映画のような警官による黒人殺害が現在でも続いているのかも知れない。
デトロイトというと「ドント・ブリーズ」での荒廃した住宅地が印象に残っている。

それにしてもホラーより怖かった。
逃げ場なしの拷問シーン。誰も助けてくれる人がいない、頼れる人が誰もいない、本来正しいことをするべき立場の警官が敵という状況。
あの主犯格の警官の顔つきがいかにもなゲスさ満面で良かったです。
でもデトロイト市警の警官全員がクソ人種差別主義者という訳ではなく、正しいことをしていた警官もおり、街の治安を守るために働いていた人達もいたことはきちんと記憶しておきたい。

全般サントラが良いのですが、終盤の賛美歌とエンディング曲のIt Ain’t Fair feat. Bilalが特に良かった。