GURUPORU

デトロイトのGURUPORUのレビュー・感想・評価

デトロイト(2017年製作の映画)
4.0
まずこの作品が実話であり人間がしたことだと思うと本当におぞましいく、信じがたい事実です。今まで人種差別などに全く興味がなく理解もしていませんでしたが近作品を観てたくさんのことを学びました。


とても長い作品ですが監督 キャスリン・ビグロー の技量がすごいのか魅了されてしまい、デトロイトのモーテルで起きた事件の内容がこの映画の上映時間の大半を占めているにもかかわらず苦なく鑑賞してしまいました。そして、監督や俳優人が描く緊張感や緊迫感迫力は本当にリアルで恐ろしく、彼らの演技力には俳優魂を感じられました。中でも ウィル・ポールター が本当に残虐で狂ってて素晴らしい演技としか言いようがなかったです。あそこまで嫌われる演技できないですよ…


近作品は1967年夏、デトロイトで起きた世界を揺るがすとても悲しい内容となっています。アメリカの歴史を知るためにも是非鑑賞していただきたいです。学んで損はないかと思います。現在でも今尚人種差別は起きていると思います、ほんの些細なことでも差別的要素があることを忘れてはいけないし自分が発する言葉や言動の使い方には十分注意が必要で、その言葉や行動は消せなくなることをけいして忘れてはいけない。まだまだ問題をかかえている世の中ですが全ての人が平和であることを心から願います。みんなで平等な世界を作り上げていきたいです。