デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

無力だなと思わされる。画面のあちら側で起こっていることにどうしたって関与することはできないから胸糞が悪くても椅子に座ってただ黙って見ていることしか出来ない。感覚は『ファニーゲーム』を見た時に似ていた。早く終わって欲しかった、モーテルでの尋問がとても長かった…
ニハル

ニハルの感想・評価

4.0
ウィルポくんとボイエガくんファンなので鑑賞。

全編通して嫌な緊張感が漂う作品。
恥ずかしながら本作を見て初めてデトロイト暴動を知りましたが、たった数日の出来事で人生を大きく狂わされた人々のことを考えると心が痛みます。
一緒に見てた父が当時デトロイト暴動をニュースでよく見ていたようで、特にバスから降りた途端タコ殴りにされた白人女性の映像は忘れられないと言ってました。

個人的にボイエガくんの吹替はフィンと同じ方を専属にしてほしい。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.6
当時の黒人差別の過激さを描いた映画。
緊迫感が強く、見ているだけでも怖いと感じる程だった。

人種差別を日本で生活している中では体験する可能性は低いかもしれない。
だけど、こんな事実があることを知って、その時の対応を考える必要はあると思う。
harman

harmanの感想・評価

4.1
こんな事があったとは。
これが現実か。
ぐったりする。
QHEY

QHEYの感想・評価

4.2
ゼロダークサーティでもそうだったように相変わらず尋問・拷問の類の演出の迫力はビグロー監督最強説。
あれだけの仕打ちの最後に一切の救いやカタルシスなどなく、事件後被害者たちが現実を噛み締めて前に進む様子が唯一この世界に射し込む希望の光に見えた。
YUKI

YUKIの感想・評価

2.5
岩井のように腐っていた
不合理すぎて最後まで見るのが辛かった。こんな時代もあったこともっと勉強しなくてはと思った。ちょこちょこ出てくる差別しない人の存在もきちんといたんだという描写が良かった。
べー

べーの感想・評価

2.5
尋問シーンはそれなりに緊張感があったし、ちゃんと黒人が可哀想に思えたんだけど、誰一人として銃は本物じゃなくおもちゃだったということを言わないのが不思議過ぎてイマイチだった。
仲間が殺されても銃なんてないの一点張り。いや、銃はあるでしょ。でもそれはおもちゃの銃なんでしょ。なんでそう言わないの。せっかく良いシーンなのに見てるこっちは疑問符だらけ。本当のことを白状しても信じてもらえないという描写があるだけで、ここまで集中力を削がれることはなかったのに。

このレビューはネタバレを含みます

正義って何?

当時の黒人の人たちは本当に辛いおもいをしていたんだなと思います。偏見や差別、色が黒いというだけで下に見られて不当な扱いを受ける。

歪んだ正義を振りかざし勝手な決めつけによって起きた殺人事件。あの三人の警察官を生んだ当時の社会、間違ってるとわかっていてもそれを止める者はなく、挙句の果てには人権や絶対的正義を守るはずの裁判ですら三人の警察官を裁かない。

フィル、フリン、デメンズ、あの裁判の後どんな気持ちで生活していたのか?それを裁けたはずの陪審員にも罪はあると思う。

当時の記録や証言などをもとに作られた映画、裁判は無実であったが僕はこれが真実であると信じている。この映画は凄く重要な価値を持っている作品、たくさんの人に見て欲しい。

間違いを間違いだと正せる強い人間になれるよう努力していきたい。フレッドのように死ぬかもしれない危険があろうと。
>|