デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

無力だなと思わされる。画面のあちら側で起こっていることにどうしたって関与することはできないから胸糞が悪くても椅子に座ってただ黙って見ていることしか出来ない。感覚は『ファニーゲーム』を見た時に似ていた。早く終わって欲しかった、モーテルでの尋問がとても長かった…
ウィル・ポールターが「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルばりに嫌な奴で、すごく腹が立った。
この二人は「ハリウッド映画腹立つ奴選手権」があれば、上位5に入るのは間違いないだろう。
しかしウィルの場合はいかにもひ弱そうで、あっという間に言いくるめることができそうである。

今作の事件は実際に起きたことで、あってはならないことだが、これに似たゲーム感覚のイジメは現代の学校や職場でもありそうだ。
キッカケはイタズラでも、善悪の見境なく制裁を加えてはしょうがない。
映画にしろ現実にしろ、後味が悪いのはこの手のゲーム感覚のやり方の特徴だ。

ここで言いたいことは、学校や職場に一人はいるウィル・ポールターみたいな人には気をつけようということです。
でも、世の中のだいたいの人はジョン・ボイエガのような対応になってしまうだろうか?
難しい人付き合い(笑)。
りたお

りたおの感想・評価

4.4
こんなに緊張して胸糞悪くなった作品も久しぶり。いい意味で。
悪い青年警官役の彼最高だった。
窓覗いた女の子?の描写とかさらっとしすぎてるのも怖いよね。
実話ってのも許せないし未だにこういう作品作る意味がある社会が怖い。映画館でもう一回観たかった。
ミチ

ミチの感想・評価

3.3
1967年、デトロイトで起きた大規模な暴動。

混沌としたその世界の片隅で起きた、ある事件の物語。


先日、キング牧師を描いた「グローリー」を観て、同時期の話だったので興味を持ち鑑賞。

公民権法成立から3年。

机上では黒人の人権が認められたものの、人々に根付いた差別感情は、そう簡単に変わらない。

そこには、奴隷制度という何百年もの歴史があるからだ。


そんな中で起きた暴動。

鎮圧に当たるのは、当時95%が白人だったという警官たち。

そして事件は起きる。


監督の手腕と俳優たちの名演が、観客をあの日モーテルにいたもう一人の人物にさせる。

その息苦しいほどの緊迫感。

しかしふと気づく。

自分はどちら側の人間なんだろうと。


実際に起きた事件を基にしているだけに、とても重厚感がある。

しかしあまりにも丁寧になぞりすぎて、映画としての魅力に欠けているように感じた。


もともと脚本は、ドラマティックスのラリー・リードの物語にする予定だったそうだ。

しかし事件を調べるうちに、それが群像劇へと変化していった。

そこにいた人々の思いを込めたかったのだろうが、結果的に掘り下げきれず、事件を描いただけになってしまっている。


歴史の一片として、この作品が多くの人々に届くことはとても意義がある。

ただもう少しどこかに絞って、踏み込んだものにして欲しかったと、個人的には思った。
inuinusagi

inuinusagiの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

キャスリンビグローの新作
これを見る前日にレヴェナント蘇りし者をネトフリで見て
ウィルポールターの好青年ぶりに感心していたのに
このデトロイトでは冷血な差別主義者どころか
殺人鬼と化していたんでまず落差に戦慄したし
ほぼ無名だのにすぐ愛着を感じられるような人間味溢れる俳優たちの(良い意味でも悪い意味でも)キャスティングに監督の現実をいぬくような厳しいまなざしを感じた。正義ってどこにもないのか?判決は意味不明でたいへんぐったり来る映画だが見終えた後には不思議な清涼感に包まれる
想像力の欠如した凶暴な無能からは死にものぐるいで逃げなければならないと思う悲しいが劇中のジョンボイエガのように常に危機感を抱きそういう奴から身を守るべく工夫して生きるとか、差別問題てのは現在進行形だしほんとう根深いと感じた
あと臨場感あふれるドキュメンタリちっくな編集がかっこいいです
ken

kenの感想・評価

3.5
記録
とんでもない話しでビックリした。闇深すぎ。
とにかくウィル・ポールターが凄すぎ。警備員、バンド等々話しが飛びすぎて、やや発散気味のなか、ウィル・ポールターが強烈な印象を残した。
モーテルの監禁シーンが長い時間続いて、観ていてちょっと疲れた。
主演?っぽい警備員の警察に連行されてからの描き方が中途半端。メインの話しを彼にするかバンドにするか決めて描いて欲しかった。
ただ変に脚色して感動的に描くのはとても難しいテーマだったのかなと思う。よくもまあこんな映画を撮ったなって感じ。
恐ろしい事実を知ったって感じの映画。
やっぱ昔のデトロイトヤバかったんやなぁ。こんなとこ住みたくないぜ。
inao

inaoの感想・評価

4.7
こんなに苦しかった映画はesぶり
>|