デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「デトロイト」に投稿された感想・評価

全般的に記憶に残る
素晴らしい映画でした
演者の演技が素晴らしく
本当に憎たらしく見えます
デトロイトで起きた実在の事件
黒人も暴動起こしそこは
問題だ 実際治安悪くしてるし
でも映画は完全警察わるし
そこに正義無し それが実話とは
肺が痛てぇ。寒いときに無理矢理走らされて、冷たい空気が入ってくるあの感じ。息苦しさに痛みが伴うあの感じ。

1967年のデトロイト。白人と黒人は一触即発な状況に。そんなとき、一発の銃声が聞こえた。あのモーテルから聞こえた!急げ!駆け込む白人警察官。誰か撃ったのか?始まる狂った強制捜査。緊張感の中の狂気は息苦しさと恐怖。圧倒的な威圧や脅しでも上手くいかない警察側の尋問はより一層激しくなって行く…

この映画、いつまでこの状況が続くのか?ちょっとホント具合悪くなるわ。ってからの一転法廷ドラマ。なんだよ、この絶妙なバランス。キャスリン・ビグローって、こういうところ、えげつないよな?何分か前まで、あの恐怖に晒されてからの裁判だぜ?

んなん!こいつら全員死刑にしてくれーっ!!俺を陪審員にしてくれーっ!って叫ぶよな?

ものすごい疲労感…
DVDで良かったのかも?
スクリーンじゃもっと辛いだろうなあ?
1967年7月23日~27日、アメリカで黒人による暴動(デトロイト暴動)があり、これをきっかけにデトロイトの自動車産業は斜陽化していった。この作品はデトロイト暴動の中で起きたアルジェ・モーテル事件という事件を、経験者の話から生々しく再現したもの。
          *
暴動の鎮圧にあたっていたデトロイト市警とミシガン州兵に対して、ホテル(アルジェ・モーテル)から発砲(おそらくトイ・ガン)した者がいた。これに反応して州兵と市警がホテルを襲撃し、犯人逮捕しようとして民間人に対して過度の脅しと殺人まで犯してしまったという事件だ。(私は、事件の名前はもちろん、デトロイト暴動というのも知らなかったワ)
          *
デトロイトは北部だし(黒人差別が酷かった南部ではない)、公民権法が制定された1964年以後は、法の上での人種差別はなくなったという時代なのだけれど、差別意識はデトロイト市警の警官の中にかなり残っていたようだ・・・
          *
などと冷静に書いていては、この映画のもの凄い緊迫感は伝わらない。ドキュメンタリー風の映像のおかげで(せいで)、自分が白人警官に銃を突きつけられて高圧的に脅される絵が頭の中に浮かび上がり、悪夢で目が覚めるほどの恐怖を覚える人がでてきてもおかしくない。恐怖の衝撃が私には結構なものだったので、マイルールによりこのスコア。
          *
アメリカの警官とはこんなのかと思うと、情けなくなる。もちろん暴動当時から50年近くたっているから、今のアメリカの警官はずっと良くなっている筈と期待するが、終盤の裁判の結果も、人権を尊重する国と世界のリーダーぶっているアメリカがこんなんで大丈夫か?とモヤモヤと暗い気持ちになる。
          *
監督(キャスリン・ビグロー)は「ハートロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティー」の監督ですか、ナルホド。ドキュメンタリー風の映像で惹きつけるワザはさすが。 白人警官役のウィル・ポールターは、私の中では「なんちゃって家族」「リトル・ランボー」でちょっと笑える個性派少年だったので、その印象を消すのに少し時間がかかりましたが、恐ろしい悪役もちゃんとこなしてました。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.6
肌の色で、そこまでするかってくらい酷い扱いをする白人警官
観てて終始辛くて吐気がする。
あれだけの理不尽な扱いや暴行を受け、白人恐怖症になるよね。

ここまで差別してたから、今もまだ根深い差別意識があるのでは。。
差別はよくないと思います。
よっこ

よっこの感想・評価

4.3
衝撃すぎた……。
デトロイトでの出来事。。
本当の話って聞いて恐ろしかった。
黒人差別って本当辛い過去ばかり。。
ハネ

ハネの感想・評価

3.8
映画と分かっているのに警官役の俳優が嫌いになる
Masumi

Masumiの感想・評価

4.2
戦慄の40分の拷問シーンは長く苦しい、でもこの恐怖を体感するからこそ分かることがある、と思います。

1967年の暴動の最中で起きた、警察が無実の黒人を虐殺した事件を描く。

警察が黒人達を拷問するシーン...マジで怖い...以前観た映画でハイジャック犯が人質を脅して殺すシーンがあまりにも恐ろしく腹立たしかったけど、あの時と同じ気持ちになった。立派な犯罪なのに、裁判で無実になる闇。
50年前の事件だけど、今も根深く残る差別について、考えるためにぜひ皆に見て欲しい作品。
>|