デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わ…

1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

「デトロイト」に投稿された感想・評価

全般的に記憶に残る
素晴らしい映画でした
演者の演技が素晴らしく
本当に憎たらしく見えます
デトロイトで起きた実在の事件
黒人も暴動起こしそこは
問題だ 実際治安悪くしてるし
でも映画は完全警察わるし
そこに正義無し それが実話とは
shu

shuの感想・評価

3.5
胸糞悪い
雪

雪の感想・評価

4.2
人種差別…そう簡単には無くならないよね…。
「ゲットアウト」「それでも夜は明ける」「フルートベール駅で」とか観てるけど、ほんとにクソ社会。
肌の色が違うだけで同じ命のある人間なのに、なんで『違う』と思えるのか…。
こんな酷いことされたんじゃ、嫌でも恨んでしまう…。
純粋に「あの警官、殺されりゃいいのにな」って思ってしまった。。
衝撃作。
やっと今になって見たが、これはリアルタイムで見るべきだった。

黒人差別の歴史は実際にまだ終わっていないし、日本に住んでいる自分たちも様々な差別のある中で生きていることを痛感した。

人間は違うと決めつければここまで冷酷になることができるのか。
そしてここで自覚すべきは「自分がその片棒を知らぬ間に、または知りながら担いでいる」ということだ。
まったく他人事ではない。
知らぬ間にレイシストになるのだけは御免だ。
教訓として生きて行かなければと思わせられる作品でした。
ゲットアウト観てこれ観てかなり気持ちが…
本当にクソみたいな警官にクソみたいな社会でした。そりゃ簡単に人種差別無くなるわけねーわ‼︎こういう積み重ねが何十年も続いてる国だからなー
常時マウント状態のやつが非日常空間で制服来たらの一番最悪なやつでした…
良い映画です。
原因究明されていない事件を『記憶』と『記録』から再現した映画。差別は何処にでもあるけど、それを大きなものに変えるのは一部の差別主義者だけでなく、流れに乗ったりやっかみから逃げる卑怯者であるという事を思い出させてくれる映画なので心して観て欲しい。
悲しい…。が現実を知らない人は見るべきかな
俺も含め
モータウンがうまれた街デトロイト
67年の暴動はキング牧師が暗殺された事と合わせて知っていたが、文字通り知っていただけ。

舞台上で1人唄うラリー
教会で唄うラリー
あのクソゲームのせいでより切なく感じる。
あまりにもリアルで辛くて、空想であってくれと願わずにわいられない。
これを見ていた州兵の
「人権問題はややこしいから関わりたくない」
みたいなセリフが自分の小さな正義感にナイフを突きつける。

事件は解決していないが、被害者側が報復を恐れずに告発したことが全てのように思う。
差別ってなくならないと思うけど、偏見や誤解は少なくしていける。


映画界はまたとんでもない悪役を産み出しましたね。
ウィル・ポールター、嫌いです。
あの眉毛が余計に腹立たせる
もちろん役柄をね!

男より漢前な映画を撮るキャスリン・ビグローの破壊的衝撃作でした。

このレビューはネタバレを含みます

ゲットアウトとどっちにしようか迷って、ゲットアウトが怖そうだったのでこっちを借りましたが気分悪くなりました笑。

取り締まりを受けている時の緊張感、判決のやるせなさなど、見ててイライラしましたね。こういういきすぎた正当防衛が裁判で無罪判決にされるなんて…。気づいたら映画そっちのけでスマホ片手にウィキペディアで事件の真相を見てました。

しかもこういう事件が今もなお起きてるなんてとんでもないですよ。黒人を奴隷とする文化がアメリカに根付いて約400年ほど経つらしいです。最近は昔と比べて黒人の人権や共生が望まれる空間が形成されていってます。この文化の変化が馴染むまでにはまた400年ほどの年月がかかってしまうのでしょうね。まぁこれ以上黒人差別というテーマを追求したらこの映画から話がそれるのでやめときます。

映画に関しては中立役のジョンボイエガと悪者役のウィルポールターが素晴らしいですね。ウィルポールターはレヴェナントの印象が残ってたので悪役になりきれるのかなと思いましたが、終始発狂させてくれました。

ジョンボイエガはやっぱり中立的な役してますね笑笑。彼を悪者にした映画はあまり見たくないです。悪者だとしても信念を持ったピカレスクをら感じれる存在であってほしいです。お前が犯人だと白人の刑事に誘導尋問されてる時の表情が凄かったですね。

あと映像の撮り方が緊張感を倍増させてますよね。警官の一人が尋問の際に黒人を間違えて撃ち殺してしまった時のカメラのズームはさすがだなと思いました。

一つ気になったのが、なぜ競技用のピストルでふざけていたということを伝えなかったのかということです。実際の事件ではこの競技用のピストルすら発見されなかったそうです。この狂気の沙汰で、事実を言っても意味が無いということを考えたのかもしれませんが、それに代わって嘘を言って…。バレたらそれこそ怪しまれますよ。なんでそんなことをしたのかということがちょっと分かりませんでしたね。解説してくださる方がいらっしゃいましたら是非コメントよろしくお願いします。
「この映画、もう二度と見ない、それでも今年のベストムービーランクイン!!」

〜あらすじ〜
1960年代、黒人の人種暴動が起きていた最中に実際に起きたアルジェモーテル事件を映像化。その一夜、非道な尋問に罪のない者達が巻き込まれていく。


映画を見終わった後に待っているのは基本的に爽快な気持ちになって映画館を出て余韻に浸るんですけど、この映画に関しては見終わった後には疲労しか感じていました。

キャッチコピーにもあった、「衝撃の40分間」はまさに尋問シーンのところで、自分がこれまでに体感したことのない空間にいるような感覚で、はじめて映画館から逃げ出したいと思いました。それほどに作品に没入し、自分もその場にいるように思えて仕方がありませんでした。宇多丸さんのラジオを拝聴したところ、この臨場感を様々な工夫と演出で表現したそうです。

しかし非道で理不尽でむごい、このような事件が実際にあったとは、、人種問題に馴染みがなくとも、一度、考える機会を与えてくれたこの「デトロイト」は新体験な映画でした。その意味でも今年のベストムービーに入ってきます!!!
>|