デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「デトロイト」に投稿された感想・評価

ケンC

ケンCの感想・評価

4.4
理不尽の塊。かと言って自分たちには何にも解決する力なんてないし、とてつもなく無力感を感じる。
理解しあうって、何でこんなに難しいんだ。
nao

naoの感想・評価

3.6
しんどい。
やるせなさ過ぎて、辛い。
でも目を背けることができなかった。
正義とか平等とか難しいからよーわからんけどそれを決めつけてる奴はこええしそんなやつが強い権力・暴力を持ったときはほんまにおそろしい。
なんか、逆の映画を観たいです。人種を超えて困難を乗り越える的な。タイタンズを忘れない、とか、フリーダムライダーズとか。
Yukari

Yukariの感想・評価

3.4
見終わってはぁぁぁーーーーとため息しか出てこない。実話かぁ…こんな理不尽な事があっていいわけない。もう!なんで!!

で、見終わって一番印象に残ってるのは間違いなくあのクソ警官野郎、そうウィル・ポールターあんただよ!!なんという憎たらしい顔!たまにとぼける様な顔するのがまた腹立って仕方ないわ!とんでもない役者になっちまったなぁ!!と感心してしまった。

ラストシーン、歌声に胸が苦しくなったよ。
ShigetoN

ShigetoNの感想・評価

4.1
心が震えた作品でした。
カズ

カズの感想・評価

3.6
ウィルポールター最悪!胸糞過ぎ!
nanakuma

nanakumaの感想・評価

4.0
今現在においても心の深いところで差別はなくならず、だからこそこういう映画が今でも必要なんだろうと思う。
ポリティカルコレクトネスなんていう言葉が生まれたこと自体、本質的には差別がなくなっていないことを表している。
差別がなくなればそんな考えそのものが必要ないはずなのだから。
そして、むしろポリコレによって差別的な何もかもを抑制することによる反発からか、深層心理でより一層強烈な差別意識が養成されている気がする。
もちろん一部の人(白人至上主義の人など)において、だけれど。

現代の日本では、そもそも島国であることや難民をほとんど受け入れていないことなどから基本的に日本人以外の人と関わることなく生きてきた人が多く、「人種差別」ということがあまり身近に感じられず、歴史の授業で学んだり知識として知っているくらいの認識でしかない場合が多いけれど、少子高齢化による労働人口の不足から、日本経済を維持するには外国人労働者を受け入れないといけない時代が来ると思う。
その時に、きちんと平等で公平な社会であれるよう、日本人もきちんと学習することが必要なのではないでしょうか。
そういう意味では日本人にも見てほしい映画だった。
まちか

まちかの感想・評価

3.5
悲しさと諦め
差別は人間が生きる限り終わらないと思う
絶望ではないのが救いでしょうか
落ち込む
MiYA

MiYAの感想・評価

3.4
これはなかなかしんどい映画でした。黒人による暴動に乗じて、執拗にリンチを行う鬼畜白人警官の話ですから。胸糞悪いです。

ここまでくると、黒人差別というより、黒人嫌悪、いや黒人恐怖なのかもしれない。これはアメリカの白人のDNAに刻まれているもになのか…
>|