デトロイトの作品情報・感想・評価

デトロイト2017年製作の映画)

Detroit

上映日:2018年01月26日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「デトロイト」に投稿された感想・評価

序盤は白人も黒人も疑心暗鬼だからこうなるんだ、と思ったが、アルジェ・モーテルのパートに入ると激変。40分続くデトロイトの警官から黒人への暴力と尋問にクタクタになる。無い銃を探し、無実の人間を撃つ。

胸糞警官役のウィル・ポールターが圧倒的。彼はレヴェナントやバンダースナッチでも目立つ脇役だった。本当にすごい。
1967年デトロイト―。
黒人差別から起きた暴動を鎮圧すべく、白人警官による彼らへの非人道的な取り調べ、さらには“死のゲーム”なる暴力を描いた実話だ。
この辛い展開は終盤まで続き、ついには疑問を通り越し、怒りさえ覚えた。
こんな辛い歴史があるにもかかわらず、人類は何ら勉強していないのが悲しい。

今こそこのような悲劇、“Det-riot”を繰り返してはならないと切に願う。

191 2019
消してはいけない記憶。実話だからこそ、映像での衝撃は記憶に残る。
全警官に観て欲しい作品…

行き過ぎた正義は、行き過ぎた暴力へと変わる。どっちが正しいとか、どちらが優位かそんなことのために人間は人間を殺す事ができる生き物。威嚇では飽き足らず、相手の命が尽きるまで、その暴力は続けられる。理由なき暴力に理由をつける…権力を持った組織が大好きな行動ですね笑
市民の安全を守るのが警察の仕事なのに、どうして自分たちは偉い立場にいると思い込んでいるのかが不思議です。警察=正義ではないし、民事不介入と言って市民のいざこざから逃げる事もできるそんな組織なのに🤦‍♂️
DShunsuke

DShunsukeの感想・評価

4.5
一度見始めたけど、胸糞悪くなって二度目のチャレンジ。
見れば見るほど苦しくなってくる。
今香港で起きてることと状況がかなり違うけど、つながるところも結構あると感じる。
時代が時代とはいえ、こんな結末が許されるのか。
今正しいと思っていることは時代が変わると変わることもある。正しいってなんだろう。差別はダメって言うことは今だと誰でもわかる。だけど日本が移民を受け入れることは正しいこと?受け入れると自分にとっては悪いことが起きるかもしれない。
日本にいるとわからないこともたくさんある。
色々考えさせる映画だった。
August

Augustの感想・評価

3.4

思っていたよりも違いすぎて、
メリットもあるぶん、デメリットもある映画でした!

スリラー映画感が出ていたことは
良かったです!
jeanoak

jeanoakの感想・評価

4.0
中盤から一気に話が重くなる。
これは実話ベースか。。単純な人種差別の物語を超えて、人間性について考えさせられる。

映画の重さが、ハートロッカー、ゼロダークサーティーと同じ監督と聞いて納得。確信のつき方が秀逸。

このレビューはネタバレを含みます

1967年アメリカデトロイトでおきた黒人の暴動が舞台。

警官が、黒人だからとか暴動が起きてるからという理由で罪のない人が暴行殺人されるのは理不尽すぎた。

警察が正気ではなく、胸糞悪く可愛そうな場面が多々あり、見入った。
アメリカの恐慌時代の凄まじさが分かる映画でした。どこにもぶつけようのない怒りが社会に蔓延し、民衆が狂気にかられていたのがよく表されていました…
社会が荒むとこうなるかもしれないと思うと同時に、もっと政治について学びもうと思いました。
桂

桂の感想・評価

3.8
最後まで見たのを後悔したほどモヤモヤが残った。
白人至上主義の非人道的な人種差別。
なすすべがないって一番悔しい。
yosuke

yosukeの感想・評価

3.6
あーなんて胸糞悪い映画。
最初は発砲禁止とか言ってそうなのーと思っていたら、だんだんイライラする展開に
ガードマンまで疑われる所が一番怖かった。
途中で逃がしてくれた警官はミシガン警察だったのか?
白人でも良い人がいるのにな。しかしあの白人警官の憎たらしさは映画と解っていても許せんかった!
>|