ハレルヤ

きっと、いい日が待っているのハレルヤのレビュー・感想・評価

4.0
以前レンタルしたDVDの新作案内で、この映画の予告編があり、そこで興味を持って鑑賞しました。

序盤から終盤近くまで、本当に見ていられないくらい辛いシーンが続きます。
父親を早くに亡くし、母親も癌で育てられず、施設に行くことになった二人の兄弟。

その境遇だけでも辛いのに施設に入ってからは、同じ施設の子供たちからのいじめや校長や職員からの暴力や虐待の応酬。
とどめに母親の死を告げられた時の絶望感。もう悲惨すぎて、この時点で気分は完全にドン底。

しかし、宇宙飛行士になると夢見てた弟の希望が良い伏線となり、終盤へ向かうにつれて、光が差し込んでいく流れに救われました。

そして迎えたラストシーンは、心からの安堵と共に清々しい気持ちになれましたね。やはりあちこちで高い評価を得ているのも納得の作品だと思いました。