きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

きっと、いい日が待っている2016年製作の映画)

Der kommer en dag/The Day Will Come

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校…

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまい、悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

「きっと、いい日が待っている」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

見てて苦しくて辛い。
どんなにひどい虐待をされても、誰も反抗しなくなるって、よっぽど大人からの圧力があったんだと思う。

卒業するのを唯一の希望に、また、エルマー兄弟の存在で、まわりのみんなに笑顔が見れるようになったのが、本当によかった。

デンマーク映画って、徹底的に重たく暗く辛い作品が多い。
そんな中で、この作品はハッピーエンドでよかった!!
まいろ

まいろの感想・評価

4.0
いい日が待ってるってもんじゃない…。
身勝手で非道な大人達の餌食となる子供たちに胸が苦しくなる(><)!

養護施設でしつけと称した酷い体罰、虐待が行われている状況で…。
しかも実話が基だなんて…、これは救われない話だなぁと身構えながらも鑑賞したけど、ずっと緊迫感があって目が離せずに最後まで見入っていくうちに、お互いを想う小さな兄弟の起こした勇気ある行動に力強く胸を打たれるし、悲しいけども観て良かったと思える内容でした。

とにかく校長の表情、佇まいが本当に恐ろしくって憎らしくって、登場するたびにゾッとした。ラース・ミケルセンすご。
明らかに力の差がある大人からどう身を守るか。考えたくもないくらい怖い。
夢を持ち続ける弟のエルマーに救われる。
[怯えから強さへ]

ラース・フォン・トリアーやスザンネ・ビアなどの才能を生んだデンマークから、また新たな傑作が生まれました。

労働者階級の兄弟が主人公。序盤から、常に緊迫した空気から始まる。子供たちは、親から引き離され、施設に送られる。そしてその施設では、校長が独裁者のように全ての実権を握り、虐待を繰り返していた。

残酷な話だった。アウシュビッツのような学校だった。子供たちから[服従]という恐怖が伝わる。兄弟に対しての対応も、理不尽。こんな養護施設が存在してたなんて信じられないが、昔は世界中にあったのだろう。自分は、この作品を観て、フィリップ・ノイスの[裸足の1500マイル]を思い出した。アポリジニーの姉妹の物語で、離れ離れの母親に会うため、保護施設から決死の逃亡を見せる。やはりこうゆうことは、世界中で起きてるのかもしれない。

[子供たちの強さ]を描いている作品は、どれも素晴らしい。その作品群の中に、この作品が含まれたとなると、世界中の子供たちに対する認識も、少しずつ変わってきていると、私は信じたい。

子供たちは、[平和の原動力]でもあるのだから…。
トモ

トモの感想・評価

3.5
ずっと気分が重たい映画。
実話っていうのがまた悲しい。
vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.6
胸糞悪い実話。校長のラスボス感に戦慄します。エルマーが健気でかわいい。
ゆみお

ゆみおの感想・評価

3.8
悲しいし暗い気持ちになったけど、事件のことを知ることができた。
mihoc

mihocの感想・評価

-
邦題がひどいと思う。毎度思うけれど。

いい日なんて来ない。
自ら掴み取るもの。

観ているのが辛くなる。

実際にこんな出来事があったのかと思うと
ぞっとする。
ゆきお

ゆきおの感想・評価

3.1
はー、つら。同じくらいの甥っ子達がいるから、感情移入しすぎで、正直観ない方が良かった。涙とかそういうのは無くて、怒りが優ったわ。いくら自分が意識変えたって、こういう現実は無くならないのでひたすら悲しい、最後救いはあったにしても、代償が大き過ぎる。救いにたどり着くまでの憤りが大きすぎて。辛かった。子どもたちの可愛さが唯一。

フィクションで単純な感動系の方がよっぽど気が楽だ、、、こういう現実があったこと、今もきっと存在してることを忘れない意味で、この映画はとても重要。
なんか最近人が不幸の映画ばかり見てて耐性付いちゃって見終わってもドーーンと重い気持ちになれなくなってきたわ。

映画としての品質もちゃんとある実話もの
>|