きっと、いい日が待っているの作品情報・感想・評価

きっと、いい日が待っている2016年製作の映画)

Der kommer en dag/The Day Will Come

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校…

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語です。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していました。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからイジメの標的にされてしまいます。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまい、悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

「きっと、いい日が待っている」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

見てて苦しくて辛い。
どんなにひどい虐待をされても、誰も反抗しなくなるって、よっぽど大人からの圧力があったんだと思う。

卒業するのを唯一の希望に、また、エルマー兄弟の存在で、まわりのみんなに笑顔が見れるようになったのが、本当によかった。

デンマーク映画って、徹底的に重たく暗く辛い作品が多い。
そんな中で、この作品はハッピーエンドでよかった!!
Bee

Beeの感想・評価

2.9
“兄は今日を生きた。弟は未来を夢見た。”

兄弟の生き様がすごくて泣きそうになりました。
特に兄はすごくかわいそうというか、ひどいことやられてるのに泣かずに耐えて一日1日を必死に生きてる姿を見て、早く助けてあげてって何度も思いました‥。

最後に希望が見えて、ほんとよかった!
他の子達にも希望が待ってるんだと信じたいです。
最後に追いかけて来た少年も本当に良い子で、最初から最後まで目が離せなかった。

このレビューはネタバレを含みます

実話なんですね、なんて酷い大人達。
けど、最後兄弟が無事で、施設の子供達が救われて良かった。
全員が悪い大人じゃない!
Daisuke

Daisukeの感想・評価

4.2
「兄は今日を生きた。弟は未来を夢見た。」
chan

chanの感想・評価

4.4
理不尽な暴力や暴言がやるせなくてしんどくて、涙が止まらなかった。

今や福祉国家として有名なデンマークにもこんな過去があったとは。

あんな過酷な状況でも夢見ることを忘れなかった想像力豊かな弟と、弟との明るい未来を信じて希望を捨てなかった兄の強さもさることながら、
あの時最初に手を挙げた、語り手をしてた(名前忘れた、、)少年の勇気も讃えたい。
marie

marieの感想・評価

5.0

どんな境遇になったとしても希望を持ち続ける 立ち向かう
きっと、そんな人へ光はいつか必ず与えられるんだろう。

こんなにも重く、心に受け止めて観た映画は初めてかもしれない。
どんなホラー映画より怖くてリアルな雰囲気がまた現実味を感じさせられる。実際にあった話を題材にした映画って凄いな ほんとに凄い あっという間に見終わってしまう。
Qvoymi

Qvoymiの感想・評価

4.1
両親を失ったまだ幼い兄弟が施設に預けられ、ありとあらゆる虐待を受けるコペンハーゲンでの実話を元にしたお話し。

兄弟は時にケンカをしながらも、お互いを思いやって虐待を受けながらもなんとか生きて行くのだけど、お兄ちゃんが校長に反発するもんだから、虐待は更にとんでもないことに……

幼い兄弟を演じる二人の瞳がとても美しくて哀しくて心を打たれます。
校長を演じるラース・ミケルセンの意地の悪いこと!んまぁ~~~~憎たらしい!!!!ってなるww

一定の年齢になれば施設を出れる筈が、反発ばかりのお兄ちゃんはそれを校長に阻止され、頭に来た彼は校長へととんでもない仕返しをします。
それに怒り狂った校長は、これまでもあり得ない虐待を繰り返して来たけれど、更なる虐待を加え、お兄ちゃんは瀕死の状態に。。
兄の命を救いたい一心で、弟は時間をかけて知恵を使い大人を利用し、以前施設で働いていた唯一優しく接してくれた女の先生の元へ訴えかけに行きます。
施設の体制に疑問を抱きながらも校長のパワハラに負けて退職したその先生は、今度は失敗したくないという気持ちから彼の訴えに応えるべき尽力します。

そして結末は……!!

後はぜひDVDで!
aya

ayaの感想・評価

4.5

『兄は今日を生きた。弟は未来を夢見た。』


舞台は1967年のコペンハーゲン、母親の病気により施設に預けられた兄弟の苦難を描いた作品。

見ててこんなに辛くなる映画は久しぶりでした。
躾と称した体罰、上級生によるイジメ、受け入れがたい訃報…


いつもは強いお兄ちゃんが、たった一度、感情を露わにして泣いてしまうシーンがとにかく悲しかった。
お兄ちゃんだって子供だし本当はもっと自由に泣いていいはずなのに、泣き言ひとつ言わずに足が不自由な弟を守る姿に始終胸が痛みました。

だけどそんなお兄ちゃんの傍に弟がいて良かったとも思います。
辛い状況に身を置いても決して希望を捨てずに未来を語ることができる弟こそ、お兄ちゃんやみんなにとっては希望そのものであったはず。

特に終盤、弟が見せた勇気はみんなが変わるキッカケとなりました。
大人だろうと子供だろうと、人は大事な物を守ろうとするとき何倍も強くなれる。
強さとは心の在り方であることをこの兄弟が教えてくれた。


願わくば、どう転んでもハッピーエンドになり得ないこの物語が二度と繰り返されませんように。
傷を負った人達の心が、少しでも救われるような世界になりますように。


可能性であり、未来である子供の笑顔を守れる大人になりたいと思う。
児童養護施設での暴行事件をもとにした作品

ラストに出てくるテロップ(エピローグ?)に救いようがない 重心が下がる
>|