ドドドラン

シェイプ・オブ・ウォーターのドドドランのレビュー・感想・評価

-
どんな描かれ方をしてるのかワクワクして観に行きました。

そのワクワクは観たあとはなんだかふわふわそわそわした気持ちになりました。

ファンタジーなものを扱う中に、性的なことは切り離さずともに描くのは、観る側を突き放さない良さがある。
若干違和感を感じた部分もあるけれど…
多くは語らず伝える。
でも、大事なところはちゃんと目を見て伝える。伝わる。
生きづらいなあ現代(笑)


1960年代?のアメリカの服装やアメ車、建物、映画館、家具、時計…好きだなあ。


すごく余韻の残る作品。
サントラ聴きながら帰ります。
ありがとう。