巧

シェイプ・オブ・ウォーターの巧のレビュー・感想・評価

3.7
ギレルモ・デル・トロ監督のモンスターと声の出せない女性の愛を描いたラブロマンス映画

アカデミー賞受賞作品ってことで期待をして見た率直な感想はあまりこの映画には惹かれなかった

まずよかった部分は主人公のサリー・ホーキンスの演技はとてもよかった
声の出せない女性を演じるってことは結局顔の表情と動きだけでしかその人の心情だったりを表せないってことだしかなり難しかったと思うんだけどこのサリー・ホーキンスっていう女優はほんとにそのときの主人公の心情が字幕なくても顔だけでつたわるくらいの演技力だった

あと音楽と映像もすごくよかった
この映画は公開前から結構ロマンティックな感じの映画ってのを推してたんだけど音楽と映像がかなりそのイメージにマッチしててよかった
音楽はかなりしっとりとして聴き入っちゃうようなBGMが多く流れたし映像も色合いだったり照明の当て方だったりすごくロマンティックで美しく撮られてて思わず見入ってしまった
照明なんかはこの映画が夜のシーンが多かったってこともあるんだけど全体を通してちょっと暗めに作られててそこがまたロマンティックな感じがしてた
特に映像面でよかったのが主人公が恋したモンスターだった
あれはCGなのかスーツとか着てやってるのかわからないけど偽物感はまったくしないし言い方悪いけれど気持ち悪さも出ててすごくよかった

以上がよかった点で少し気になった点もあった

おおまかなストーリーは主人公の女性がモンスターに恋をする愛の物語なんだけどこの主人公がどうしてこのモンスターに惹かれたのか、好きになったのかはっきり説明されてなかったしその逆もしかりなんでこのモンスターがこの主人公の女性に惹かれたのかがわからなかった
この映画の中でいちばん大事だと思うのはそこだと思うんだけど出会ってからの展開が結構スピーディーですぐ惹かれあってみたいな感じでそこがすごく気になった

全体的な感想としてはすごくロマンティックで映画っぽい映画って感じで嫌いではないですロマンティックな映画を見てみたい人にはすごくオススメできます