ころぴ

シェイプ・オブ・ウォーターのころぴのレビュー・感想・評価

3.8
なんて表現したらいいのか
何とも不思議な世界

レトロな雰囲気が
そこに流れる音楽が
この世界に導いてくれる✨

物語が
水に流されていくようで
潜ったり、
急流に流されたり
岩にぶつかったりしながら
最後まで漂わせて
もらった感じ(笑)

冒頭から、生々しく
目が点になりましたが、
それも含めた規則的な生活こそ
障害のあるイライザそのもので
辛い過去があり、
ひっそりと社会から離れて暮らす
孤独な感じが伝わってくる…

そして
イライザを取り巻く人達の描写が
とってもいい!
隣人のおじいちゃんが良き話し相手
二人の調和が合っている
仕事仲間のゼルダは
障害のあるイライザと対等
仲良しで優しくてお喋りで
会話がリアルで面白い(笑)
だからいい!

指を喰われた醜い軍人は嫌なヤツ
残酷で怖い
“彼”思いの博士も
いてくれて良かった
緊迫感あり
恐怖感あり…

“彼”の瞳が可愛かった
下から閉じる瞬き、うるっとした瞳
エラ呼吸するときの繊細な動き
力を発する時のブルーの輝きは
神秘的で綺麗!
傷治してしまったり
不思議な力を持つ“彼”
やはり
神様なの…

寂しい孤独な二人の波長が合って
バスのガラス窓の
風に流れる水滴が一つになるように
二人もひとつになれたのですね✨

きっと
そうなるだろうと思ったけど

エンディング
良かった✨

頭ぽんぼんも
良かった✨