シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

KOKO

KOKOの感想・評価

3.9
思ったより過激で人間くさい。

ちょっと長かったけど。

醜い部分をさらけ出してこそ
見えてくる美しさがある。

いつか誰かに見せるために
傷はあるの。
音楽も絵も綺麗。流れも美しくて見てて飽きない。
結構エロい。
パッとしない女優さんなのにエロい。
人種を超えたラブストーリー。
スリリングなシーンもあるの
岩井俊二のウォーレスの人魚という小説に、かなり重ねてしまった。

映像綺麗で世界観はすき。
主人公の恋に浮かれる感じが可愛い。友人も皆いい人でほっこり。

物足りないのは、なぜ二人が惹かれあったのか描き切れていない。
そこ欲しいなぁ。。
と、思ってましたが飛行機版はかなり編集されてるとのこと。
完全版はそこが描写されてるのかな。

ただ、それをもってしてももう一度観るかと言われると。。
人に勧められるレベルの見応えはあるけど、2回目は良いかなーという好み感でした。
mt

mtの感想・評価

4.0
記録
エマ

エマの感想・評価

2.8
深緑色の映画。
駄作とは思わないけど、個人的に合わなかったっぽい。

思ったよりグロめなシーンが多かったとか、ラボの不衛生な感じとか、要所要所に苦手が多い。

彼のカエルみたいな瞬きとかエラ・ヒレの動きには「人間じゃない生き物感」が強調されているのに、口元や背中・お尻、動き方は完全に人間で、それがどうもしっくりこなかった。でも彼は『魚人』だからそれで合ってるってことなのかな。

2人が対面してから、恋愛感情に発展するスピードも速すぎて、どのタイミングと要素でそうなったのかが自分には全然分からなかった。

共感ではなくて、二人を見守っているという視点で観始めると、ヒロインの女優さんが美しすぎないところが生きてきて良かった。
そんな感じ。
Ponki

Ponkiの感想・評価

3.7
きれいだね。
半魚人の彼の喉が猫みたいにゴロゴロいうのかわいい。
juri

juriの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

洗面所に水を溜めてるシーン幸せが溢れてた
>|