シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

4.0
今年劇場2本目です。2ヶ月ぶりで、久々に劇場鑑賞したいなと。ちなみに、ギレルモ・デル・トロ監督作品は「パシフィック・リム」しか観たことないので超初心者です(笑)いつも、ベニチオ・デル・トロと間違えてます(笑)あと、メキシコ監督って言ったらアルフォンソ・キュアロンやイニャリトゥだったりと、結構好きな監督が多いなぁ〜って印象です。撮影監督として有名なルベツキなんかもメキシコですよね。

本作はかなり楽しみにしていて、だいぶ期待値が上がっての鑑賞になりました。

これはかなり面白い!めちゃくちゃ好きですね。レトロ感もあって好きなシーンだらけ!細かい生活音が妙に心地よかったり、音楽など嫌いなところがないです。マイケル・シャノンは常にキャンディを舐めていますが、舐める音が好き(笑)終盤のモノクロ映像に切り替わってのミュージカルが最高に好きで鳥肌立ちました!

こんな"愛"の形もあるんですね〜ラストもGOOD!間違いなくBlu-ray買いまーす!
孤独の共有についての物語。

青と緑のあいだの色がどの場面でも途切れなくずーっと続いてるのが、最初から最後まで良かった。
nao

naoの感想・評価

3.5
以外とグロい笑


女の人話せないけど、なんかそこがあえて綺麗にみえる
魅力的に、、、



まー、面白かった!
mina

minaの感想・評価

4.0
普段観ないタイプの映画。
はな

はなの感想・評価

4.1
自慰行為や異種間の性行為などに嫌悪感を示される方はいるとは思います。ただ露骨にそういったシーンが多い訳ではなく、私には孤独なイライザが日々の寂しさを満たすシーンであり、またもうすぐ引き離される運命の二人が愛を確認するための重要なシーンとしてイライザと『彼』のそのときの気持ちが深く伝わってきました。
劇中で登場する隣人達もそれぞれ孤独を抱えており、ストーリー中に散りばめられたそれぞれのキャラクターの感情表現は作品に重みが出していると思いました。
空想のダンスシーンはいる?
メモ
大人のおとぎ話
ハッチ

ハッチの感想・評価

3.6
映像が綺麗な作品でした。澄んだような綺麗な青い水ではなく、苔がかったような緑の深い水という印象。場面場面で水の描写があり、それがとても印象深く残っています。

それぞれに孤独を抱えた人たちを軸にして巡っていく純愛ストーリーでした。

お伽噺のようで、切ないような、愛しいような、不思議な感覚になる作品です。
moe

moeの感想・評価

2.7
うーん。
ヒロインの感情の流れの描き方が雑だった気がして、あまり共感できなかった。
アカデミー賞作品賞だったことで期待値が高かったのもあるかも。どこが評価されたのか正直わからなかったな、、、
ファンタジーだけど、グロいシーンはとことんグロかった。
hawaianCT

hawaianCTの感想・評価

3.0
ど変態映画。
表現がいちいちグロい。

でも、マイノリティ優遇キャンペーン中のアカデミーで、もちあげられたり、テレビでオシャレ映画扱いされなければ、立派なカルト映画として好きな人達が楽しめた映画。
>|