シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.2
美女(?)と野獣といったストーリー。
いえ、ヒロインが年頃の美少女でないところが良いですね。
こういう設定で、言葉が通じなくても心は通じることを表現したのもステキです。
こんなふうにファンタジー・ロマンスを描くとは、デル・トロ監督は凄いです。
アレをする場所が水中というのも奇麗でした。
サリー・ホーキンスも難しい役を、上手く演じていました。
ミュージカル要素もあり、色々楽しめました。
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

1.3
あまり好きじゃない。
ストーリーがかなり単純に思えた。
登場人物が誰一人好きになれなかった。
大味。
RyoKatoo

RyoKatooの感想・評価

4.3
何だこの最高の映画は
個人的にはあんまり…

二度見ることはないかな
nnk

nnkの感想・評価

3.0
DVDを借りてみたのですが、内容があまり良くわからず、、、
不思議な映画でした、
海底2万マイル!!!!!!
例えば、
時代背景がいつなのかズーーーット分かりづらかったのと、
例えば、
博士が意外とアッサリ白状する辺りとか、
他にも強引でリアリティに欠ける展開とか、
含め、
かなり凄い事になってる画質と大林宣彦やテレンスマリック的な、常に次に繋がるカットインが何かに繋がりながらムーヴする感じと、
全てをパンズラビリンス宜しくファンタジックでどストレートにまとめるこのカッパ話を例えるなら、
ドリームシアターのセカンド傑作「イメージズアンドワーズ」みたいな映画だと思った次第です。

パンズラビリンスは全然好きじゃないですが、
今現代において大人から子供まで楽しめるマスターピース的な作品ではないかと。
プログレもイエスぐらいポップなら普段ビリギャルみたいな映画を映画館に観に行く様な女子大生にも響きますからねぇ。
エログロ綺麗め大人ファンタジー。
風呂場いっぱいに水溜めてお爺さんが覗きに来るシーンが好き
見た目がしっかりグロくて好きになる気持ちは分かんなかったけど、素敵だった。
あとでもう一回みる
>|