シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

あるものを持たないという事は他のものを沢山持っているという事

嗜好の成熟

ひとつの特徴から入らない関係

偏りがちな認識をすっ飛ばして

相手の本質をそのまま感じるのって

なんてスリリング


反対に

狭められた価値観に囚われて

相手をそのなかに落とし込み

自分はいかにも平々凡々・普通な家庭を築く男の結末

成熟していない嗜好の為せる業

悪役の彼の突出度合いに感動すら!でした

ギレルモ・デル・トロ監督らしさがあらゆる方面で全開!

『あっ!また、ほっぺただ!』思ってしまうシーンも、笑


相棒の画家(リチャード・ジェンキンス)はもぅ好き過ぎます!良い役どころ!


皆さんが仰るとおり
たしかに大人の愛の物語でした。

主人公イライザ役のサリー・ホーキンスにアカデミー主演女優賞を受賞してほしいなー

だって、すっごい素敵で色っぽく、最高に美しかったんだもの!



あと少しで発表ですね。いまからワクワク♪

監督賞・作品賞もお願いします!
とりそう、アカデミー賞とりそう
ミ

ミの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

音楽と映像、色の感じとか雰囲気とかめちゃくちゃ好きでした
とりあえずサントラほしい
洋画って飽きちゃって耐えられなくなること多いけど全然飽きなかった

でも、後先考えずに行動する主人公ってどの映画でも好きになれないなーとは思った
あとスパイの博士が意外とあっさり殺されて、都合良く使われてる感があった。。。

最終的に悪役は死ぬっていうさっぱりな終わり方

見終わったあとの余韻がいい感じ〜〜
miyu

miyuの感想・評価

-
想像と内容が違って少しショックだった。
怖い人がわかりやすく出ていて、余計に現実味がないのが全面的に出るのが少し残念。
ただ、禁断の恋な感じがステキで、純愛ラブストーリー。
音楽が最高。
ここまで純度の高い愛は現実では有り得ないからこそ楽しめる作品なのかもと思った。人間同士では無理なんじゃないかな。。
見終わったあとは幸せな気分に浸れました。

"まとも"に縛られたあの人、半漁人よりもよっぽどモンスターで恐ろしい。主人公の周りの登場人物もしっかりキャラが立っていて細かな背景が知りたくなりました。
ami

amiの感想・評価

5.0
観たことの無いこの世に一つのお伽話。不思議なお話し。素敵なお話し。愛のお話し。 お見事です。

記録なり。
もも

ももの感想・評価

4.2
popcorntime鑑賞。
新しいおとぎ話みたい。
不完全な者同士のラブストーリー好き。
音楽も雰囲気もすごい可愛くて素敵だったから、目と耳が幸せだった。。
水中で抱き合うシーンが幻想的!

エライザみたいに心の綺麗な人になりたい…
赤い靴履いて、乙女心全開なエライザ可愛い。
eri

eriの感想・評価

3.5
✔️
ツナ缶

ツナ缶の感想・評価

4.1
なかなか映画館に足を運べなかったがやっと先日観られた。

人を選ぶ作品かもしれない。が、私にとってはとても好みに合っており楽しめた作品だった。
声を失い、自身が社会には馴染めないものと思いながらも女性としての欲と夢見がちな性格を内包し日々を過ごしているイライザ。人間社会の中では『声』が欠けていると認識され『普通』よりも下のフィールドに位置づけられてしまっている彼女が、声でコミュニケーションをしないことが『普通』である彼と出会い過ごして行くうちに、女性としてのほのかな欲も満たされていったのだと思う。
そんな過程を美しい情景と肉を伴った生々しい映像でもう一つのおとぎ話として描き切った監督にお礼を言いたい。とても美しくて心に残るものでした。ありがとう。
>|