シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価・動画配信

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.5
ギレルモ・デル・トロの世界観(「ダーク・ファンタジー」空想世界が主体であるファンタジーとは異なり、あくまで現実世界が主体となってる)を映像化するのに色々と趣向を凝らしてある映画やった。
ファンタジーで可愛いのを描きたいのか、グロいのを描きたいのか(ギレルモは子供の頃からホラー映画が好きだったそうすから、その所も随所に散りばめられてた)ビミョーな温度だけど、それも趣のひとつかと。
時代背景(1962年冷戦下のアメリカ)のセットも服装も実写で描くために余すことなく仕上げられてた。
イライザは夜間清掃員の中年女性。
夕方に起きては仕事場に向かう。
同じ毎日を過ごしていた。
自分はここで思い出したのは、「シシュポスの神話」と云うA・カミュのエッセイ作品す。
作中に「朝起きて、会社に出勤し働く、帰宅し、食事を摂り眠る。同じリズムで過ぎ行く《日月火水木金土、、、》」だいたいが、こういう道をたどっている。
ところが、ある日、何故? 
ちゅう問題が、頭に過る。
すると驚きの色に染められたこの倦怠の中で全てが始まる。
彼はこの、人間の心理をついた感情が、重要なんやと力説しているが、将に『シェープ・オブ・ウォーター』の物語はそこで展開する。
主人公のイライザを演じるサリー・ホーキンスは可愛いなぁと思えたりに見えたり、そうじゃないように見えたり不思議な女優さんに感じたなぁ。
音声障害で話せない孤独で内気な主人公が、恋した(謎ある)彼を助けるって決めたときが、カミュの述べる人生での重要な場面だ。
日々懸命に働いている。
せや、ある日突然「これが人生というもんなんか?」と、questionmarkか、よぎる。
それをカミュは、意識の目覚めと定義してるけど、
こうした折に我々は、この唐突な疑問符にたいして「こんなもんなんかなぁ?」って、無意識に了解し、意識の目覚める前の日々にもどるか、あるいは、不意に過ぎ去った『?』を真摯に受け止め、人生について、深く考えるかのどちらかじゃないかな。
イライザはそこで立ち止まり、考えて行動に出た。
感動。
世の中はどうかなぁ?アメリカ人は?日本人は?
アメリカも日本も、戦後の荒れはてた中から、先人たちが築きあげてきたこんにち。
アメリカや日本は奇跡的な発展をとげ、豊かな文明を保つことがでけたのは承知の事実やけど、
日本においては戦後は民主主義の国となって、高度成長を過ぎ、人びとは自由どゆたかさを謳歌しているようにみえてるけど、その影で取り戻すことのでけへん大事なモンを失なってきたんちゃうかな。
「放棄か、再起か」カミュが問うものに、イライザは再起を選び行動する。
感動。
その行動は是非とも映画館に足を運び観てほしいです。
アメリカの夜を照らす街灯、朝日が差し込む部屋、雨に打たれる埠頭、温かいよき時代の(よき時代はタイムリーには知らないが)ハリウッド映画の世界。
イライザが働くラボは旧くてオドロオドロシイホラー映画の感じ。色んな映画へのオマージュを感じられます。
Unable to perceive the shape of You, 
I find You all around me. 
Your presence fills my eyes with Your love, 
It humbles my heart, For You are everywhere.
しお

しおの感想・評価

3.0
普通に面白かったけど猫ちゃんのことは許さんからな…………
冒頭1分で素晴らしい映画なのがわかってしまった。言葉で語り得ない映画だ。記号と記号が脱臼してくっついて、凄い形になっている。猫を食べるシーンが良かった。こんなに甘えない映画は初めて。
アンナ

アンナの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

今まで見た映画の中で最も美しいラブシーン
愛おしい生き物、
人間じゃなくたって愛せるのは
私も知っている
でもいいとこ取りできないのも知っている
うーん……

異形の者同士の恋愛ものなのはとてもわかるし描きたいこともとてもわかるんだけど全体的にひとつひとつ、ひとりひとりの物語が浅くて悲しい気持ちにあともう少しでグンッとなるって手前で次々いってしまうかんじがあったのでどこにも感情移入できぬまま、置いてけぼりにされたまま、なんならまだこの感情でいるあたし…って着替え全部終わる前にカーテン開けられちゃったみたいな気恥ずかしさすら感じたまま流れていった感じ。気持ちがこの現象に何回もなった。突如のニャンコシーンもな〜なんかな〜ジャケットにもなってるシーンで靴が脱げるとこでけっこうイラっとするほどもうダメだった…ごめんなさい。

もういっかい観たらまたストンときそうだけど…うーん、、

あと半魚人の見た目が子供のころに観てなんてえっちなんだ、なんてリアルで怖いんだってトラウマになってる真仮面ライダー
に似てるので愛せませんでした…怖いって怖いって。泳いでるとこ楽しみにしてたのに全然泳ぐとこないし。なら半魚人じゃなくてもよかったじゃないか。

これをダークファンタジーだといま一番信頼を置いているマッテオ・ガローネが撮ったらとずっと考えてしまいました。水のシーンなんて得意中の得意だしイタリア版でぜひリメイクしてほしい…!


私は元ネタになっている大アマゾンの半魚人、ギルマンのほうが好き好き好き好きだーーい好き。
Iris

Irisの感想・評価

3.5
こういうファンタジーの映画は偶に凄く観たくなる。
FUNKYCRIME

FUNKYCRIMEの感想・評価

4.8
ここまで自分のイマジネーションを映像で表現できる人は少ない。
細部までこだわったデルトロワールドに圧倒されました。
映画制作において、愛が最も重要ということを再確認。

デルトロはコミックにも影響されているということもあって、ノワールコミック風の絵作りが印象的だった。
20世紀初頭に映画からコミックが生まれ、コミックの美学がまた映画に変換されるという歴史的な大きな流れを感じた。
そう感じたのは彼がクラシックなモンスター映画の伝統をしっかり継承しているからでもある。

この映画も既にモンスター映画史に残るようなクラシックな雰囲気が漂っている。
Akemi

Akemiの感想・評価

4.0
鑑賞記録
elle

elleの感想・評価

-
みどり色のパイめっちゃ美味しそうに見えたけど不味いんだ笑
さまざまな愛の形があってラストには結ばれてよかったけどヌコちゃん可哀想だった😿
バスルームが水いっぱいになるのはロマンティックで美しかった!
口の利けない主人公の女性→海で暮らす生物と恋に落ちる→2人で水の中に帰るが、少しアリエルみたいだなぁと思った。
>|

あなたにおすすめの記事