シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価・動画配信

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

『シェイプ・オブ・ウォーター』に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.5
ギレルモ・デル・トロの世界観(「ダーク・ファンタジー」空想世界が主体であるファンタジーとは異なり、あくまで現実世界が主体となってる)を映像化するのに色々と趣向を凝らしてある映画やった。
ファンタジーで可愛いのを描きたいのか、グロいのを描きたいのか(ギレルモは子供の頃からホラー映画が好きだったそうすから、その所も随所に散りばめられてた)ビミョーな温度だけど、それも趣のひとつかと。
時代背景(1962年冷戦下のアメリカ)のセットも服装も実写で描くために余すことなく仕上げられてた。
イライザは夜間清掃員の中年女性。
夕方に起きては仕事場に向かう。
同じ毎日を過ごしていた。
自分はここで思い出したのは、「シシュポスの神話」と云うA・カミュのエッセイ作品す。
作中に「朝起きて、会社に出勤し働く、帰宅し、食事を摂り眠る。同じリズムで過ぎ行く《日月火水木金土、、、》」だいたいが、こういう道をたどっている。
ところが、ある日、何故? 
ちゅう問題が、頭に過る。
すると驚きの色に染められたこの倦怠の中で全てが始まる。
彼はこの、人間の心理をついた感情が、重要なんやと力説しているが、将に『シェープ・オブ・ウォーター』の物語はそこで展開する。
主人公のイライザを演じるサリー・ホーキンスは可愛いなぁと思えたりに見えたり、そうじゃないように見えたり不思議な女優さんに感じたなぁ。
音声障害で話せない孤独で内気な主人公が、恋した(謎ある)彼を助けるって決めたときが、カミュの述べる人生での重要な場面だ。
日々懸命に働いている。
せや、ある日突然「これが人生というもんなんか?」と、questionmarkか、よぎる。
それをカミュは、意識の目覚めと定義してるけど、
こうした折に我々は、この唐突な疑問符にたいして「こんなもんなんかなぁ?」って、無意識に了解し、意識の目覚める前の日々にもどるか、あるいは、不意に過ぎ去った『?』を真摯に受け止め、人生について、深く考えるかのどちらかじゃないかな。
イライザはそこで立ち止まり、考えて行動に出た。
感動。
世の中はどうかなぁ?アメリカ人は?日本人は?
アメリカも日本も、戦後の荒れはてた中から、先人たちが築きあげてきたこんにち。
アメリカや日本は奇跡的な発展をとげ、豊かな文明を保つことがでけたのは承知の事実やけど、
日本においては戦後は民主主義の国となって、高度成長を過ぎ、人びとは自由どゆたかさを謳歌しているようにみえてるけど、その影で取り戻すことのでけへん大事なモンを失なってきたんちゃうかな。
「放棄か、再起か」カミュが問うものに、イライザは再起を選び行動する。
感動。
その行動は是非とも映画館に足を運び観てほしいです。
アメリカの夜を照らす街灯、朝日が差し込む部屋、雨に打たれる埠頭、温かいよき時代の(よき時代はタイムリーには知らないが)ハリウッド映画の世界。
イライザが働くラボは旧くてオドロオドロシイホラー映画の感じ。色んな映画へのオマージュを感じられます。
Unable to perceive the shape of You, 
I find You all around me. 
Your presence fills my eyes with Your love, 
It humbles my heart, For You are everywhere.
障害や人種、職業から恋愛観まですべての多様性を示唆する映画。
Wide456

Wide456の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

パンズラビリンスのクリーチャーと比べてはまだまだ許容できる範囲。

けどあれに恋する気持ちはわからない

施設のセキュリティガバガバすぎて笑った
そんな監視カメラ少ない…?!

警備の人がむかつくよ〜!所々に出る差別発言…うざい。

でもキャデラックは可愛いね、ズタボロになっちゃったけど❤️
m

mの感想・評価

-
始まった瞬間からエンドロールが終わるまでしっとりしていて、とても好き
映像の雰囲気が良すぎる
白井

白井の感想・評価

4.7
1

演出がオシャレ。水綺麗ー。
ジャイルズが不味いパイ冷蔵庫に溜め込んでて好きやーんってなるのとか。
濡れ場が濡れすぎなのも好きです。

敵役のストリックランドがウザすぎる。言葉の端々に差別意識が宿ってて、マジでこういう人なんだなーってなる。すご。
人間性を表す言葉選び上手すぎ。イライザ、ジャイルズ、ゼルダ、ストリックランドそれぞれの口調があって、言葉があって、人!!!って感じ。
pilaf

pilafの感想・評価

3.8
ラブストーリーは苦手だけど、きれいな映画だった
彼?を見た瞬間イライザが恋に落ちたような気がしたの何故かよく分からなかったけど、運命的とはこういうことなのか?
首の傷は、二人が過去に出会ってて、彼が気付くためだったりして、、とか思ったり
じゃなければ、小さい頃川に捨てられて、声帯まで傷つける悪人おる?怖
さむ

さむの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

イライザ打ち解けんの速すぎじゃねと思ってしまったなー

結局水の中で暮らすの結構衝撃的だったな

グロも結構ちゃんとしてた
Miku

Mikuの感想・評価

3.2
公開当初から気になってた映画。
あくまでも私には向いてなかった。
題材は好きだけど、主人公のことがどうしても好きになれなかった。
好みが分かれそうかなと思った。
>|

あなたにおすすめの記事