シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.5
ギレルモ・デル・トロの世界観(「ダーク・ファンタジー」空想世界が主体であるファンタジーとは異なり、あくまで現実世界が主体となってる)を映像化するのに色々と趣向を凝らしてある映画やった。
ファンタジーで可愛いのを描きたいのか、グロいのを描きたいのか(ギレルモは子供の頃からホラー映画が好きだったそうすから、その所も随所に散りばめられてた)ビミョーな温度だけど、それも趣のひとつかと。
時代背景(1962年冷戦下のアメリカ)のセットも服装も実写で描くために余すことなく仕上げられてた。
イライザは夜間清掃員の中年女性。
夕方に起きては仕事場に向かう。
同じ毎日を過ごしていた。
自分はここで思い出したのは、「シシュポスの神話」と云うA・カミュのエッセイ作品す。
作中に「朝起きて、会社に出勤し働く、帰宅し、食事を摂り眠る。同じリズムで過ぎ行く《日月火水木金土、、、》」だいたいが、こういう道をたどっている。
ところが、ある日、何故? 
ちゅう問題が、頭に過る。
すると驚きの色に染められたこの倦怠の中で全てが始まる。
彼はこの、人間の心理をついた感情が、重要なんやと力説しているが、将に『シェープ・オブ・ウォーター』の物語はそこで展開する。
主人公のイライザを演じるサリー・ホーキンスは可愛いなぁと思えたりに見えたり、そうじゃないように見えたり不思議な女優さんに感じたなぁ。
音声障害で話せない孤独で内気な主人公が、恋した(謎ある)彼を助けるって決めたときが、カミュの述べる人生での重要な場面だ。
日々懸命に働いている。
せや、ある日突然「これが人生というもんなんか?」と、questionmarkか、よぎる。
それをカミュは、意識の目覚めと定義してるけど、
こうした折に我々は、この唐突な疑問符にたいして「こんなもんなんかなぁ?」って、無意識に了解し、意識の目覚める前の日々にもどるか、あるいは、不意に過ぎ去った『?』を真摯に受け止め、人生について、深く考えるかのどちらかじゃないかな。
イライザはそこで立ち止まり、考えて行動に出た。
感動。
世の中はどうかなぁ?アメリカ人は?日本人は?
アメリカも日本も、戦後の荒れはてた中から、先人たちが築きあげてきたこんにち。
アメリカや日本は奇跡的な発展をとげ、豊かな文明を保つことがでけたのは承知の事実やけど、
日本においては戦後は民主主義の国となって、高度成長を過ぎ、人びとは自由どゆたかさを謳歌しているようにみえてるけど、その影で取り戻すことのでけへん大事なモンを失なってきたんちゃうかな。
「放棄か、再起か」カミュが問うものに、イライザは再起を選び行動する。
感動。
その行動は是非とも映画館に足を運び観てほしいです。
アメリカの夜を照らす街灯、朝日が差し込む部屋、雨に打たれる埠頭、温かいよき時代の(よき時代はタイムリーには知らないが)ハリウッド映画の世界。
イライザが働くラボは旧くてオドロオドロシイホラー映画の感じ。色んな映画へのオマージュを感じられます。
Unable to perceive the shape of You, 
I find You all around me. 
Your presence fills my eyes with Your love, 
It humbles my heart, For You are everywhere.
Kazumikan

Kazumikanの感想・評価

4.5
言葉を失った人魚姫へのオマージュ。
ノスタルジックな映像に、冒頭の水中シーンから引き込まれた。
まつの

まつのの感想・評価

4.0
着ている服とか卵型のタイマーとか、登場するもの一つ一つがお洒落な映画。想いを寄せてる店員と話すために冷蔵庫がまっずいパイだらけになってるところとか最高に好き。ただ独特な気持ち悪さが拭えなくて食事中には向かない映画だった。笑
YU

YUの感想・評価

4.1
不思議な生きものとの愛。
久々にラブストーリー観たけど共感できた。
イライザが段々若くなっていくように見えた。
音楽も素敵。

1
mayuko

mayukoの感想・評価

-
心穏やかに見られる映画だと思ってたら全然違った、、色が美しかった
neo1018

neo1018の感想・評価

3.5
あまり予備知識なしで観ました。何となく「シザーハンズ」的なものを想像してましたが、エロありグロありで、なるほどR指定な作品ですね。それでも、物語としては美しく、まさに『大人のおとぎ話』でした。エログロがリアルな分、ファンタジー部分がより引き立っていた感ありです。あとは冷戦時代のデザイン!研究施設や映画館、アメ車のデザインが妙にカッコよく印象的でした!
美人じゃないし、モンスター物だし、なんて思って見てない人は見てくださいね。特撮じゃなくて本当に映画を見ました。
あいり

あいりの感想・評価

4.0
ギレルモ・デル・トロらしい作品で、パンズラビリンスを見た時の感覚を思い出しました。11年の時を経ても、この人の作るものは変わらないな〜と思いました。
この監督の描く世界観は本当に素敵ですね。愛と夢をファンタジーで包み、切なさと甘酸っぱさでいっぱいな世界…とても胸を締め付けられます。この監督の映画で凄いな、と思うのは社会や建物の汚さは尋常じゃなく、吐き気を催す程なのに対し、主人公の心は常に夢で溢れ、ファンタジーで、キラキラしているところです。
毎回グロシーンや生理的汚さに何度か止めながら見てしまうのですが、見終わったあとに何故かもう一度見てしまいたくなる衝動に駆られます。気持ち悪いのに、その気持ち悪さがキラキラを引き立ててくるのでどうしても惹かれてしまいます。皮肉な話ですね。最高です。
やはり後はなんと言ってもこの終わり方です…。本当に大好きです…。幸せだけど胸がギュッッとなるこの感覚はやみつきになります。エンドロールをボケーっとずっと見てしまう喪失感は、この終わり方だからこそ表せるものなんだろうな〜と思います。
本当は評価5にしたいのですが、やはりグロと汚さでウッとくる部分はあるので4です。
Riri

Ririの感想・評価

3.2
心にくるものがあったけども。
私の好みではなかった
性的描写やグロテスクなとこが多々あってお腹いっぱいって感じ。愛を伝えたかったらそこら辺削っても良かったのでは。
でもそうすると、つまんなくなるのかも。
ヒヨリ

ヒヨリの感想・評価

5.0
兎に角、映像が美しい
どの瞬間を切り取っても絵画作品
そのくせ、話も面白い。
恋愛は枠にはめれない、はまらない。
古い考えが凝り固まった大人たちこの作品を見て恋愛を学んでほしい
>|