シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Emy

Emyの感想・評価

4.1
良い作品◎ 入りから終わりまで、徹底された世界観。音と色と光の使い方絶妙!2ヶ所カットの長さが気になったけど笑、いちいち丁寧で好き。とてもステキな映画でした。
おげぺ

おげぺの感想・評価

3.9
単なる 言葉の話せない女性と半魚人の恋物語じゃないです。

黒人や身体の障害のある人、同性愛者など いわゆる世の中から差別的に見られる人たちについて。極論 "人間ってなんだ 普通ってなんだ" というところが大きなテーマとして描かれてたと思います。

ラストは個人的にイマイチでした。正直ね。そういうんじゃない〜てなってしまった。

とにかく音楽がめちゃめちゃよかったです。言葉数が少ない分 音楽での表現がすごい!映像と相まって 最高でした。

部屋にお水ためる あのシーンが好き。
BeBe

BeBeの感想・評価

4.0
大好きなデルトロ監督の新作!
相変わらずクリーチャー造形が素敵。
散りばめられたティールが美しく、コップの水やロッカーのポスターなど水の表現の繊細さにも見どころを感じる。50年代とデルトロワールドという組み合わせが神秘的な世界観を生み出していて染みた...。
Eriko

Erikoの感想・評価

3.1
リアルすぎて、なぜかのめり込めなかった…なんでだろうってずっと考えてるんですけど…

登場人物は世間的には「マイノリティ」とされてしまう人たち。(直接そう呼ばれることはないけど、耳が不自由だったり、同性愛者だったり、肌の色が黒かったり)

そこに完全なる異質の謎の生き物が捕虜として取られ、明らかな虐待を受けるのを守っていくうちに孤独に惹かれ合って恋をする訳ですが…

テーマ性は本当に大好きなんですが、なんでだろう!共感度が全然上がらなかった!謎の生物がリアルすぎるから、かもしれない…

異質なもの、と自分が感じるものは受け入れ難いということですね…
yucky88

yucky88の感想・評価

2.0
映像美や、見せ方は綺麗だと思ったけどスパイダーマンとかそういう系が得意じゃないのであまり入り込めなかった。
雰囲気映画かと思ってたけどまったくそんなことなかった。

デルトロの異形に対する憧れというかマイノリティの描き方がやはりすごいです。

おとぎ話を見ているみたいだった。
遥

遥の感想・評価

-
パンズラビリンスぽいなーって思ったら監督一緒だった
JOVI

JOVIの感想・評価

4.0
マイノリティーの物語。主人公が何故、怪物に惹かれていったのかをきちんと描いてたら完璧だったのに。
shiosai

shiosaiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

今までに見たことないような作品でした。
もともとラブストーリーはほとんど見ない方で、その中でも異形のもの(魚人?)との恋というなかなか変わった設定。恋というか愛といったほうがしっくりくる。

とりあえず冒頭の自慰行為のシーンはびっくりした
「あ、そういう映画?」という感じ
ぼかし入ってたけどR18でもいいような……
前情報なしで思いの外そういうシーンがありました。血とか苦手な人はちょっとキツイかも。
初見の魚人さんもある意味グロい
それでも後半になるとイライザとの関係がとっても美しいものに見えてくるから、魚人さんもセクシーだなと思えてくる不思議

レトロな雰囲気がダンサーインザダークを思い出したなぁ〜
全然話は違うけどね。

人生は失敗の繰り返し、良いところで良い言葉が入ってきます。
あの便所で手洗わないパワハラ男(名前忘れちゃった)は指を食い千切られたところから失敗が積み重なっていってるんですね。見終わってから考えたらそんな気がした。
「まともな男は失敗しない」うーん……

ずっ〜〜〜と緑と青の世界なんだよね。
最初の方とか小物とかほとんど緑
パワハラ男のお菓子も緑
「赤はダメ、時代は緑」(うろ覚え
緑のような青のような〜ティール色?だったかな?
深海にいるような感じの色。
そんな世界にイライザが魚人さんと良い関係になっていくとポツン、ポツンと赤が増えていく。
乙女心、ふふふ
とか思いながら見ておりました。
ハイヒール、カチューシャ(ヘアバンド?)、コート
ポツポツと赤があるだけで映えるし、「愛を言葉以外でどう証明したら?」というイライザのもどかしさを色で表現、伝えるという感じがしました。憶測。

ラストシーン、イライザまさかの魚人化
これは予想していなかった
ちょうど語り部が入ってくるので語り部の空想なのかな?とか
よくわからないけど、私は二人は幸せに生きたのだと信じたい!たとえ二人魚人で水の中だとしても。
最後水中で赤いハイヒールが脱げるんだよね。それってもう地上にはいかないってことの表現なのかな?

あとイライザの周りみんな良い人
キャラが良いです
みんな幸せに暮らしてほしい
でもイライザいなくなって隣人のおじちゃん寂しいだろうなぁ
博士良い人だったのに残念な最期でした…
>|