シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

絶対に見たいと思ってた作品。
この作品、海外はr18なのに日本はr15なのだが、まあまあ刺激的な映画。
冒頭から性的描写があり主人公の女性がバスタブで自らを慰める演出は芸術的とも思えた。
未知な魚人のような生き物と、女性の物語なのは知ってたけど、あの女性だからこそ魚人を愛せたんだなって泣きそうになった。
自分だったら魚人みたら間違いなく失神してるだろうけど、世の中には幽霊と普通に対話できる人もいるわけだし、魚人を見ても驚かない人もまれにいるかも。
主人公の女性が若くなくて、あの年齢だったこともなんだか味が出てて良かった!
自分にも魚人を受け入れる器がほしいとさえも思った。
好きなシーンはお風呂場で主人公の女性の裸の後ろ姿と魚人が向かい合ってるシーン。
女性のとっさにとった行動が可愛いなぁって思った。
登場する人物の全てに共感する部分があって、その中に善と悪が入り交じってて色んなことを考えさせられた。
ラストは予想外だったのも見どころ。
【レンタル】

綺麗事の感動押付ではない。

素敵な素敵な美しい映画でした。
…エンドロールで一筋涙が流れました。

何度も観られる作品ではない。

例えばそれは。
時々こっそり出しては眺める小さな小さな宝石のように。慈しみ、大切に観る映画になるだろう。

この作品に出会えて良かった。
masa

masaの感想・評価

3.7
冷戦真っ只中。
声の出せない女性と、言葉を話せない半魚人。
2人の何者にも抑圧されない、まるで水のように自由に形を変える、そんな愛を描いたファンタジーロマンス。

半魚人、発達障害、ゲイ、黒人に対して差別の対象というイメージが強い6,70年代。みんなが足りないものを補い、育まれる、様々な愛の形は印象的だった。
抑圧と自由。イライザとストリックランド。2つの対比がメッセージ性をより強くしていた。

半魚人が家に来てからの成り行きをもう少し丁寧に描いてあげればなお良かったと思う。


(補足)
前半にあったストリックランドの妻との性行為シーンはいるのか?と思ったが、
ここは、ストリックランドの女性に対する価値観、つまり性欲を満たす弱い生き物だと思っていることを印象付けるためだとか。

だから、ストリックランドは女性の言葉に耳を傾けない。妻の口を塞いでいたのも聞きたくないから。喋らないイライザは性欲の処理に丁度いいと思っていた様子も劇中で伺えた(イライザ恐怖でドン引きしてたが)。


ギレルモ監督のダークな世界観は
健在でした。
世界観むずい
jerome

jeromeの感想・評価

4.0
アーティスティックでダークな映像、レトロチックなサウンド、良質な脚本の巧妙な調和。冷戦中という政治的バックグラウンドがまた好みだった。正直監督の感性が受け入れられて良かったねってなるけど…
takahiro

takahiroの感想・評価

3.8
アカデミー賞受賞作品ということもあって映画館で観ました。
アンティーク基調な退廃した雰囲気と、綺麗なBGMでとても美しい映像作品である反面、内容に関しては正直面白い要素はかなり少ないです。異形と人間との交流を描いてますが、思っている以上に生々しい描写が多くそういう意味ではリアリティがあってよかった、この映画はどちらかというとポテンシャルはメッセージ性にあり、同性愛とかそういうのに対する風刺が強く出てた気がします。

主人公がいきなり自慰行為始めるので注意
音楽とエフェクトがかかった映像がアカデミー賞らしくなくて秀作。
何でアカデミー賞なのかわからない。50.60年代の超B級に通じる題材に今の時代だから少し切なさを加えて、ファンタジーとして売り出せば、一般ウケすんのかな。
tkd

tkdの感想・評価

3.0
不思議な作品。
世界観が群を抜いて素晴らしい。美しい映像と音楽が印象的でした。結構内容はハチャメチャですけど。それも含めてのダークファンタジー。楽しめました。記録。
>|