シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ほぼ満席だったんですが、納得の素敵な映画でした。

美女と野獣とか見てても全然楽しくない僕はもしかしたら、苦手かもとすらおもっていたのですが、逆も逆で美女と野獣の僕の中ではこの結末が理想なストーリーというか
小学生並の感想なんですが、大人のお伽話。
大人のラブファンタジー!!

まず、余白を楽しめよ!って位に半魚人襲来でどんなお世話をして、どんな変化があったかなんて囁かな場面で語っていく姿勢が大人だと思いましたし
彼女は勿論、彼女の周りも生きづらい事情を抱えてたりするのですが
良くある、みんな最後は分かり合い手を繋いでみたいな話は勿論、見てて好きなんですが
上等!!上等!!わかる人だけでいい、なんなら分からなくたっていいみたいな姿勢が大人!!
怪獣がちゃんとラゴン(ウルトラマン)みたいで怪獣なんですよね、臭そうだし不潔そうヌルヌルしてそう、そこが本当に素晴らしい!!
本気で異物、到底男女の恋愛を築ける存在には見えない、でも愛してる!!だけど愛してる!!
怪獣のビジュアル一つでグッと大人です!!

大人、大人なんていってしまいましたが、子供が見ても僕がみてもわかり易くストレートな話で楽しかったです。

1つ残念なのは彼女が孤独には見えない、勿論余白を楽しめの姿勢で、彼女の苦しみを想像することは出来ますが、異物と特別な関係、そっちの世界にお邪魔しますの動機に見えずらくも有りました。

彼女のfuck、くたばれの手話は見てて本当に気持ちよかったです!!
いつも、彼女が1人でする所、僕達でいえばベットなんでしょうか
そこに初めて異性を迎え入れた時の僕のゲスな想像をストレートに見せてくれた所も赤面ですよ!!!
YAMAsan

YAMAsanの感想・評価

3.8
『シェイプオブウォーター』エロ、グロ。
性的な描写が意外と多い。基本ファンタジックなのに生々しいシーンもあり不思議な気分。声が出ない女性、同性愛者、半魚人、出世欲の塊男、黒人。それぞれのキャラに与えられる台詞がチクチクと胸に刺さる。
ファンタジーの中に現実をちょこちょこ入れ込むことで夢見心地すぎないファンタジー映画になったと思う。
緑をベースにした舞台セット、衣装、半魚人のデザイン素敵だった。ひとつ気になったのが隣人のコンフレークは自慰を抑制するために作られたという台詞で、本当なのか?と気になっていたら小山薫堂さんも同じところ気にされていて笑った笑 そして作られた意図は本当らしい。

声の出ない女性と半魚人が抱き合うシーンはジンときた。美しかった。
おりつ

おりつの感想・評価

3.9
話せない女の人とモンスターの恋のお話。
研究に使われてしまうモンスターを助けるために女性が家で面倒を見てあげて愛し合うストーリー。
最後は海のなかで2人で生きていくハッピーエンドのような、寂しいような気持ちになった。
美しさのある作品だった。
himawari

himawariの感想・評価

4.7
何もそこまでしなくても、、というグロいシーンがある。
でもそれがかえってリアリティを増してるかも。でもちょっとやだ。

内容は文句なし。愛が深い。
隣人のおじさんが良い人すぎて心から幸せになってほしい。
€半魚人がイケメンすぎる、色彩が素敵
€お風呂場水で埋め尽くすシーン、最高
€ハッピーエンドだね、ある意味
jung

jungの感想・評価

2.3
正直私のタイプではない
yoookooo

yoookoooの感想・評価

4.2
音楽が良い
奇妙な物に対する好奇心や美しさ、そこから生まれる愛情
最高にロマンティックなラブストーリー
remonn

remonnの感想・評価

3.8
アカデミー賞って感じ
優

優の感想・評価

3.8
アカデミー賞発表された時から気になっていた作品、ようやっと観られた。

SF要素にも自然に入り込めて すんなり観終わった。最後の最後があーそうだったんだってすとん!
声がないからこその、静かなふたりだけの空間で 恋してるイライザが素敵だった。
JPSProodle

JPSProodleの感想・評価

2.5
うーん、好きじゃなかった(笑)
作品賞って拍手したくなるような作品もたまにあるけど(私の中で1番作品賞にふさわしい1本といえばプレイスインザハートw ああいうのが好きw)こういうちょっとドギツイの、選ばれること多いよなあw
一歩間違えればB級っぽくも作れそうなマテリアルが、映像の美しさで芸術作品に仕上がった感じ
全般的にうわってなるシーンが多い作品は苦手です( ;∀;)
途中突然ミュージカルになるシーンは美女と野獣へのオマージュか何かっすか??
オクタヴィアスペンサーの安心感すごいな〜
>|