シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ほぼ満席だったんですが、納得の素敵な映画でした。

美女と野獣とか見てても全然楽しくない僕はもしかしたら、苦手かもとすらおもっていたのですが、逆も逆で美女と野獣の僕の中ではこの結末が理想なストーリーというか
小学生並の感想なんですが、大人のお伽話。
大人のラブファンタジー!!

まず、余白を楽しめよ!って位に半魚人襲来でどんなお世話をして、どんな変化があったかなんて囁かな場面で語っていく姿勢が大人だと思いましたし
彼女は勿論、彼女の周りも生きづらい事情を抱えてたりするのですが
良くある、みんな最後は分かり合い手を繋いでみたいな話は勿論、見てて好きなんですが
上等!!上等!!わかる人だけでいい、なんなら分からなくたっていいみたいな姿勢が大人!!
怪獣がちゃんとラゴン(ウルトラマン)みたいで怪獣なんですよね、臭そうだし不潔そうヌルヌルしてそう、そこが本当に素晴らしい!!
本気で異物、到底男女の恋愛を築ける存在には見えない、でも愛してる!!だけど愛してる!!
怪獣のビジュアル一つでグッと大人です!!

大人、大人なんていってしまいましたが、子供が見ても僕がみてもわかり易くストレートな話で楽しかったです。

1つ残念なのは彼女が孤独には見えない、勿論余白を楽しめの姿勢で、彼女の苦しみを想像することは出来ますが、異物と特別な関係、そっちの世界にお邪魔しますの動機に見えずらくも有りました。

彼女のfuck、くたばれの手話は見てて本当に気持ちよかったです!!
いつも、彼女が1人でする所、僕達でいえばベットなんでしょうか
そこに初めて異性を迎え入れた時の僕のゲスな想像をストレートに見せてくれた所も赤面ですよ!!!
映像はとっても綺麗だけど途中までなかなかストーリーに入り込めずに、評価2かな、と思ってだけど最後は大号泣でした。
えく

えくの感想・評価

3.9
話自体はよくある異種間ラブストーリーという感じ、パンズと同じくラストがとても良い
音楽や映像がキレイなので映画館で見たかった
黒人おばちゃんがめっちゃいい人でした
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.7
ギレルモと言えば、個人的にパンズラビリンスが真っ先に出てくる。と言うより、それとパシフィック・リムしか観たことがないのだけれど……。

と言うことで、不気味なビジュアルの化け物と報われない結末という印象が強い。本作もそんな先入観を持っていたのだが、思いの外美しい世界観と純愛物語にビックリした。

魚人のような生き物も段々と愛らしく見えてくるから不思議。ラストの演出も結末も良かった。
あんこ

あんこの感想・評価

3.8
なんて不自由な愛なんだろう
リョウ

リョウの感想・評価

3.8
人種を超えた愛の話。
おかじ

おかじの感想・評価

4.2
この映画でまた新しい扉が開けた。割とそこまで出してくるの!?ってことが多かったが、最後〜初めの2人の様子に一安心。半魚人の生態は不思議ですね。
魚人のデザインやイライザの部屋が映画館の上にあったりすることなど、心くすぐるものは色々あったけれど、ストーリーや面白さは予想の範囲内に収まった。
2018年9月19日(水)

TSUTAYAで連休中にやってた店舗限定準新作100円レンタルにて。DVDしかなかった。。

パシフィック・リムの監督さんということで期待気味に。

監督さんが、半魚人がこっぴどく失恋する映画みて「ええー!ひどい!!俺ならこうする」って作った映画なんだよって旦那から聞いてたからひどいことにはなるまいと思ってたけどそんなENDとは…!
良い映画でした。

あの人もあんなだけど幸せになりたかっただけなんだよなとか思っちゃった。
>|