シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ほぼ満席だったんですが、納得の素敵な映画でした。

美女と野獣とか見てても全然楽しくない僕はもしかしたら、苦手かもとすらおもっていたのですが、逆も逆で美女と野獣の僕の中ではこの結末が理想なストーリーというか
小学生並の感想なんですが、大人のお伽話。
大人のラブファンタジー!!

まず、余白を楽しめよ!って位に半魚人襲来でどんなお世話をして、どんな変化があったかなんて囁かな場面で語っていく姿勢が大人だと思いましたし
彼女は勿論、彼女の周りも生きづらい事情を抱えてたりするのですが
良くある、みんな最後は分かり合い手を繋いでみたいな話は勿論、見てて好きなんですが
上等!!上等!!わかる人だけでいい、なんなら分からなくたっていいみたいな姿勢が大人!!
怪獣がちゃんとラゴン(ウルトラマン)みたいで怪獣なんですよね、臭そうだし不潔そうヌルヌルしてそう、そこが本当に素晴らしい!!
本気で異物、到底男女の恋愛を築ける存在には見えない、でも愛してる!!だけど愛してる!!
怪獣のビジュアル一つでグッと大人です!!

大人、大人なんていってしまいましたが、子供が見ても僕がみてもわかり易くストレートな話で楽しかったです。

1つ残念なのは彼女が孤独には見えない、勿論余白を楽しめの姿勢で、彼女の苦しみを想像することは出来ますが、異物と特別な関係、そっちの世界にお邪魔しますの動機に見えずらくも有りました。

彼女のfuck、くたばれの手話は見てて本当に気持ちよかったです!!
いつも、彼女が1人でする所、僕達でいえばベットなんでしょうか
そこに初めて異性を迎え入れた時の僕のゲスな想像をストレートに見せてくれた所も赤面ですよ!!!
YUZO

YUZOの感想・評価

3.8
全編に渡り映像が綺麗で、特に光の扱い方が上手だと思った。この点だけでも映画館で観る価値がある。

改めてストーリーを思い返してみると、大筋は漫画やアニメで観たことのあるような既視感がある。
期待しすぎた。完全に。

いい映画だったとはおもうけど、君の名は。を見たときと同じような感覚になった、ギレルモデルトロの大衆向け作品。

サリーホーキンスの演技はすごくよかった。手話でfuck youってやるシーン、あそこはすっごいよかった。

ギレルモ監督らしい、グロテスクさとかありありとした欲求の表現とかは勿論映画に良い影響と味を出してたとおもう。

でも、魚人?があまりにも人間味を帯びすぎてた。彼はアマゾンの奥地で神として崇めれて人を見てきたのか人とはずっと離れてたのかは分からないけれど、手話を使って話したり、動き方仕草がずっと人の文化に触れてきた感じがしてしまった。

あとサリーホーキンスの首の傷をみた瞬間にオチがわかったのも残念だった。
kassi

kassiの感想・評価

3.9
異形の愛の形。

お互いに言葉を交わせない2人だけど、代わりに多用された音楽や水の描写が印象的。

サスペンス、ミステリー、ファンタジー、ラブロマンス、それぞれのいい所が詰まったいい映画でした。
oyamasan

oyamasanの感想・評価

3.0
猫のことはもっと怒っていいよ
とてもよい。
素晴らしい。
だがとても重たい気持ちになる。
深い愛
qzt

qztの感想・評価

-
まずポスターが好きで
これは観たいなぁって思ってた
テーマが好き
水のかたち、愛のかたち
この映画がアカデミーでしょう
最近こんなんに幸せな気持ちで
アカデミー作品見れたかな
温かい映画
サリーホーキンスに感情移入は
し辛いけど、おとぎ話として
すごく素敵
なつこ

なつこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これは御伽噺。
映画そのものが夢を見てるみたいな浮遊感。

全員がひとりぼっちになり得るのに、ひとりじゃない。孤独なはずなのに、決して孤独を感じていない。
神の姿を知らないので、の言葉はきっと、神は姿を変え続けるものだからで。
きっとそれは、水のことでもあり、愛のことでもある。

イライザの声が最後まで出ないのも、すごく、よかった。
声がなくても通じ合えるし、わかりあえる。それを周りの人は不幸と思うのかもしれないけど、魚人はそうは思ってなくて、だから治さない。治す必要がないと思っている。

青を基調とした世界観の中で、感情によって色が入るのが美しかった。
時子

時子の感想・評価

4.0
雰囲気好き
>|