シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

いわし

いわしの感想・評価

3.3
終始暗めの印象
指を怪我した人が出てくると
痛そうだなー、黒くなっちゃってるよーて
ずっと気になっちゃったよ
そっちの方が結構印象残っちゃってるし...
最後の終わり方は良かったと思う
あの作品をミュージカル的な要素を混ぜた事は斬新。あのストーリーを普通に作ったら、変哲のない只の作品になっていたと思う。
ストーリー的にはトム・ハンクスとダリル・ハンナの『スプラッシュ』を思い出した。ギルレモ監督スプラッシュ観た?😌
グロい。
なんかグロい。(語彙力)
Ask

Askの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映像がすばらしくきれい!衣装や小物の色彩もいい。「彼」の造形もいい。音楽もいい。
猫がむしゃあされたシーンにはびっくりしたけど、人外感が際立って良かった。子猫はやめろ!には笑った。
彼は猫を食べてしまうし、生々しい性描写はあるし、差別はあるし、おとぎ話ではないところが好き。
最後の水中に沈んでいくシーンは本当に綺麗だった。あのあと彼らはどうなったんだろう。イザベラは水の中で彼と暮らしていくんだろうか。
ミュージカル、サスペンス、コメディなど、いろんな要素が詰まってる。
世の中のマイノリティ同士の恋愛を描く一方で、人類の根幹にある愛の物語でもあると思う。
匠mi

匠miの感想・評価

4.0
予備知識のないまま見ていたので、思ってたより官能的なシーンが入っていたのに驚きながら観賞。
魚人と人間との恋愛模様を描くという事で分かりやすい話なんですが、何がいいと言うと音楽と、シーンの見せ方だと思いました。水中での抱擁シーンや、バスの水滴を指でなぞるシーン。エンドロールの曲。
水をテーマにした表現が個人的に好きなので、風呂場に水を貯めるシーンは愛し合う2人を表現する最高のシーンでした。
ラストシーンは、彼女の想像なのか?それとも魚人の力で生きながらえたのか?どちらが正しいとしても、二人は永遠を手に入れられたのだと思います。
砂糖

砂糖の感想・評価

3.2
映像と音楽が綺麗だった。気づけば2時間経っていたので面白いと感じたのかもしれないが、もう一度見ようとはあまり思わない。
家族と見るのには向いていないのでやめた方がいい。
おもしろかった。でも、結局あの生き物はなんなんだろう。
>|