シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

人間でないものを愛することが、こんなにも美しいとは思わなかった
ふーか

ふーかの感想・評価

4.2
映画というより、一つの夢物語のような、おとぎ話を見ているような、そんな気分になる映画でした

思っていたよりもずっと生々しい描写が多くて、二人にとっての在り方とか色々含めてしっかりとこの二人に相応しい物語を描ききっていて、すごく綺麗だった

MAMAのときもそうだったけど、監督の趣味全開の演出がすごく光っていた気がします
あのラストシーンはそうそう出来るものではないな…と、静かな二人だけの時間が作られていて、この上ない綺麗なラストでした


(ただごめんなさい猫のシーンだけはしんどくて見ていられなかった)
rena

renaの感想・評価

4.1
ギレルモ・デル・トロの世界〜
hide

hideの感想・評価

4.2
見た目ではない
中身へ対する愛だな愛
美女と野獣のようなものかなと感じた。
最後のシーンの後に2人は幸せに暮らせたのだろうかと。
唯一可愛そうと思ったのはネコちゃんだな。
イタリアに向かう飛行機の中で思った
飛行機の中の画面、音響では無く家でゆっくり観たい
yun

yunの感想・評価

4.0
ラスト1分の音楽と画が最高。良きおとぎ話を見終えたなあという気分。画家のおじいさん(リチャードジェンキンス)の風貌と語り口調がより一層おとぎ話感を際立たせていた
saa

saaの感想・評価

2.5
オープニングがわくわくして神秘的で好き
あとはちょっと、んー、、って感じだった
あい

あいの感想・評価

3.7
思ってたのと違う感じだったけど、世界観がオサレでした!
王道ラブストーリーとグロさが入ってるから飽きずに見れたかなー?

アカデミー賞もいつも期待しないで見たり見なかったりだけど、

まぁ、こんな感じかぁーと、終わった後もスッとできる作品でした!
sana

sanaの感想・評価

3.6
うーん。ラストは良かったけど総じてそんなに響かず、、
>|