シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

誠治

誠治の感想・評価

3.5
「パシフィックリム」然り、日本はこの手の先進国なので内容については特に新しさは感じず。
ただ、ハリウッド資本で撮影されているだけあって、絵の凄さは流石!
悪役?警備隊長の顔のゆがみやヒールっぷりが徹底していて好き。
主演女優がモンスター?を自分のものにした時の表情が凄くエロチック。
業を纏った女の顔してる!
孤独だけどイライザは友だちに恵まれていて、ほっとする。最後に背びれがビビビっと立ったとき変身して巨大になるのかと思ったけど、そんなことはなかった。
梓

梓の感想・評価

4.2
愛の物語をオブラートに包んで社会的弱者に夢を見せる感じ
劇場で見たときは鎖骨に涙が溜まるくらい泣いた
2回めはストリックランドに感情移入してしまってなんだよこいつら…ってなりました不思議!
愛と美しさと喜びと、
その中に生きるという事。

それは手放しで誰も認めてはくれない。何故ならみんながみんなに認められてこなかったから。

けれど、その中に生きているみんなを自分は心から愛してる。
愛おしい世界。
camu

camuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

パンズラビリンスの監督ということで、
結構警戒しながら観たのですが、
ハッピーエンドで安心しました。
首の傷がエラに変わるのはめちゃくちゃときめいた。
そういうこと…!ってなったし、
人魚ロマンチックすぎ!と思った。
研究員の人好きだったのに、
予想通り殺されるルートでちょっと悲しかったです。
そして髪の毛生えてきて良かったね…!
seina

seinaの感想・評価

5.0
うつくしい
引き込まれた
劇場出た瞬間、ラストのシーンと同じように自分も海のなかにいる感覚を味わえたから今日の気候に感謝!
あやな

あやなの感想・評価

3.7
半魚人と人間の恋?!ってことであんまり観る気が起きなかったんですけど五本レンタルで余ったので観てみることに。

観てみると、不思議な世界観で嫌いじゃない(´⊙ω⊙`)お洒落なカフェ流れているような音楽と言葉ではない心と心で会話している2人がとても綺麗でした!

不思議な気持ちになる映画だったな〜
mayuuu

mayuuuの感想・評価

-
ひぃぃぃって思いながら頑張ってみた、、、
yk

ykの感想・評価

3.8
公開初日に見に行きました。
ギレルモ監督ならこれくらいは、当然。という出来です。
某映画評論家の言っていた、真面目に作った、美女と野獣。という評価がしっくりときています。
NAGISA

NAGISAの感想・評価

4.6
そこにいるあなたを心で感じている。水の中で愛し合うシーンがとても印象的だった。
>|