シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Shunta

Shuntaの感想・評価

4.1
表情だけで伝わったよ愛が
airin

airinの感想・評価

1.0
最初はディズニーシーに行きたくなるような画で入り込めたけど、グロさと描き方がとにかく苦手で途中で脱落…パンズラビリンスも無理だったのでこの監督の作品はもう二度と観ない😇
ブルーレイで吹替鑑賞
(ㆁωㆁ*)
監督らしいダークな感じかつステキなラブストーリー。

半魚人さん可愛いしカッコいい。
最後のシーンも素敵だった。
ラブストーリーって個人的にはあんまり観ないけど、これは良かった。
NAO

NAOの感想・評価

4.6
2018.06.23 on dvd
👑殿堂入り
-----------------------------------
サントラ欲しい
-----------------------------------
キャラ配置からして、子供向けのお伽話かB級際物作品になりそうな話を、サリーに見え隠れする「女」と街の雰囲気とレトロな劇中曲が極上のラブストーリーに仕上げている。
同監督の『パンズラビリンス』は全くハマらなかったのにこの作品は◎ 個人的にはお風呂場に水溜めちゃうシーンがお気に入り。大人の作品に押し上げてる各エグいシーンは良かったけど、唯一所長と奥さんの営みは必要だったか疑問。。
pochi

pochiの感想・評価

3.4
ファンタジー映画としてみたらすごくステキなストーリーに見える。(けど、時代や人間関係などが具体的すぎてこの現実世界での物語と考えると……)


1962年で同性愛者や障害者に対する差別がひどかった時代に、ゼルダやジャイルズなど理解あるものがそばにいてくれていたイライザは幸せだったと思う。
多くの人はリチャードのような目で見てしまうんじゃないかなと思う。

白黒テレビを床に置いて、ソファで一緒にタップダンスするシーンは可愛らしかった。
程良い暗さと程良いコメディ。
現実では有り得ないような恋もスクリーンの中ではドラマチックに仕上がる。
ああ、映画って素敵!
愛の物語だねえ。良いねえ。
coco

cocoの感想・評価

4.0
ギレルモ・デル・トロらしさが足りなかったような気もしたが、万人受けするファンタジーになっていると思う。性描写がなければ子供も楽しめる作品になったかもしれないが、そのダークさが独特な個性を生み出しているのか。
YUI

YUIの感想・評価

3.5
美女と野獣のもっと深い感じ。今まで見たことない感覚やった。見た目じゃなくて中身で通じ合い愛し合った2人の世界観は美しかった。目を背けてまうような結構エグいシーンもあってそこはちょっと後味悪かった。
古

古の感想・評価

4.3
喋れない主人公と半魚人のラブストーリー。リトルマーメイドは陸で幸せになるけれど、こちらはそれとはまた違うエンディング。始終ブルーグリーンがかった画面で哀愁を感じさせる。孤独な者同士惹かれ合う、という話の運び方だけれど、主人公の親しい人たちは皆暖かくて優しい。敵は本当にクソ野郎。わからないのをいいことに手話で罵倒するシーンは「いい根性してるな〜」と一気に主人公を好きになった。
主人公は絶世の美女ではないけれど、だからこその妖艶さを感じたし、これが美女だったらここまでの絶妙ないやらしさは無かったと思う。ラストのキスシーンが最高に綺麗だった。美しいラストシーンからのEDのしっとりしたジャズが心地良い。今までのデルトロ監督作品はそこまでツボらなかったけど、これはすごく好みでした。頭ぽんぽんかわいい。
ヘルボーイのエイブが好きなので、彼と重ね合わせて観てた部分もあるけれど、彼の場合はまた違ったエンディングを描くんだろうなと思った。
>|