シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

4.4
「声」の扱いなど素晴らしいのに、前半部において常にシラけながら見てしまったのは、主人公が属性の積み重ねの記号に過ぎず、その動機(行動原理)が弱いために、職務を放棄して瑣末事にうつつを抜かす、怠惰な白痴にしか見えなかったからだろう。緑や時に黄色を基調とした色彩はギレルモデルトロの割には凡庸で、『クリムゾンピーク』(怖くて半分しか見てないが)で見せた奇跡的なまでの色彩の美しさは後退してしまっている。傑作だとは思うが正直ノレず。
低温

低温の感想・評価

3.5
耳が聞こえない、話せないハンデがある分、一方でイライザは人間以上に感覚が研ぎ澄まされている感じがして、サリー・ホーキンスの演技力に加えて、そこがクリーチャーとの恋愛というハードルを自然に超えてみせた気がする。
映像の美しさと音楽のエレガントさの中でイライザの女性としての欲求が垣間見えるシーンは、際立つし、あるとないとじゃ全然違うと思う。
クロウ

クロウの感想・評価

4.5
彼女にはあのラストが最上だった
me

meの感想・評価

3.1
気味悪い感あるのかと思ってたらすごく綺麗な映像。
グリーンがベースなところも好きやし、服が赤になるところとか可愛い。
しかし感情移入はそんなにしない。
にーと

にーとの感想・評価

3.8
ずっと気になってたのでスクリーンサーカス飛び出して見ました。
魚人との恋だったので、他の恋愛映画とは違って愛してるんだなとめちゃくちゃ伝わりました。
ストーリーも良かった。賞を取れる意味がわかりました。
TOM

TOMの感想・評価

4.5
記録8。
FODポイントレンタル400
5/22

感動。半魚人との交信手段を手話にした、話せない主人公イライザの設定で、既に正解!
1960年代が舞台だから、BGMが、オールディーズ?で、いい感じ。設定を現代にしなかったのが、正解!
同僚ゼルダがいい味だしてる。
語彙力ないが、ソフトで所有して何度も繰り返し観たい名作!
追記:ジャイルズの存在が謎だった、本編ではわかりかねます。Wikiみて、設定わかりましたが、もう少し丁寧にして欲しいところ。
スコアは、変わらず。
どら

どらの感想・評価

4.2
すごく美しい映画だったと感じた。
keco

kecoの感想・評価

5.0
むっちゃ興奮した…なんで映画館で見んかったんやろ。
雨の日とか、暗い日に一人でしっぽり観てます。大好き。
すい

すいの感想・評価

4.2
エライザの表情が本当に良かった
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5
博士が印象に残りまくった。

人外と人間の想い合う姿を
丁寧にそして美しく描かれていた。
主人公が良き友人に恵まれて
とてもよかったと思うし、
脇役悪役の背景もちゃんと描かれていた。

女性と魚人が距離を縮めていく過程
この物語の結末
すごくよかったです(語彙力)
>|