シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Manon

Manonの感想・評価

-
う、美しい……画もストーリーも美しすぎる

始まりからとにかくグリーンが特徴的で、
序盤オズの魔法使い・Wickedをすごく思い出すなーと思って重ねて観てたのですが、最後まで観てストーリー自体にも少し重なる部分があったような気がします。
(エルファバ/彼を見た目だけで判断する心無い人達に魔女/モンスターと揶揄されるが、身も心も美しいグリンダ/イライザが本来の姿を知り、愛す)
他のどの色でもなくグリーンで空間を染めたのは、オマージュだったのかな?

ギレルモ監督はクリーチャーとの素敵な物語を美しく切なく描くだけでなく、
パンズラビリンス然り終わり方も好き!
poi

poiの感想・評価

4.8
記録
こう

こうの感想・評価

4.1
不思議なファンタジーのような物語。
美しさとスリルがあり楽しめました。
良い映画なのですが、物語中盤、半魚人が◯◯を食べるところだけは許しがたい(・へ・)
矢

矢の感想・評価

3.8
わりとベタな批評。(欧米至上主義に対して。レヴィストロース的視点。)特異な視点から、展開や撮り方の特異性にまでたどり着いてなかった模様。キャラ止まりになっている。時代設定による画のテイストはよかったが。
なぜか、愛おしく思えてしまう。
愛ってすごいんだなあって思わせてくれる映画です
とま

とまの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

素敵なラブストーリー、ハッピーエンドでよかった!
初っ端から自慰シーンで、ちょっと面食らっちゃったけどw
サリー・ホーキンス、脱いじゃうのね〜。
ヘルボーイでもお馴染みのダグ・ジョーンズ、両生類のクリーチャーがよく似合うw
今回は口の辺りがかなり素で、セクシーでしたね。
声帯を切断して残った傷がエラになるって、ニクい演出。
途中、イライザと2人で踊り出しちゃって、メルヘンに拍車がかかったw
お風呂の入り口を塞いで、2人で水中をダンスするシーンは良かった!
水が抜けた後の、イライザの顔がセクシーです。
サリー・ホーキンス、マイノリティーな役が多い気がするけど、官能的な役どころもいけると思う。
水中で幸せに暮らしましたとさ。
デルトロ×ダグ・ジョーンズの集大成。ブルー、死の天使、フォーン...とデルトロのためにスーツを着てきたダグが!遂に!主役!
いつもながら女優さんのチョイスが最高。ちっとも美人でないサリー・ホーキンスが冒頭職場に着くまでに好もしくなっているこの魔法。緑赤のコントラストといい、レトロな雰囲気といい、本作はかなりジュネ+キャロの作品をイメージしている。でも配置されているのは社会的には失敗しているが度量の広いパパ(仮)と芯の強い常識人のママ(仮)、アイデンティティを失いそうな異邦人、普通になろうとして狂ってしまったモンスター。いつもの(褒めてる)メンバー。その中でオクタヴィア・スペンサーの起用が冴えている。下ネタも、暴言も爽やか。
『人魚姫なんて大嫌い。酷すぎるよ!』というギジェルモ少年の声が聞こえそうな甘々ラブストーリーを大人が納得するような作品に仕上げたその熱意にオスカーが応えたというシンデレラ・ストーリー。
久しぶりに映画っていう映画を観た気がします。
手話しか会話手段のなかった彼女だったけど、ほとんど何も言わなくても気持ちを通じ合える彼に出会えてよかったね。
逆に、人間ってだいぶめんどくさい生き方してるんだなって思いました。
もう一人の清掃係の人みたいな良い人やっぱ必要ですよね〜。電話のシーンで夫さんに放った一言が印象的。
このエンドはどれに分類するんだろう。一応メリバなのかな…?二人からすればハッピーだろうけど、周りの人目線ならバッドにしか見えないし。んー、わかんね!
でもオトナなロマンスを楽しめたので大満足です。
>|