シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

chabondama

chabondamaの感想・評価

4.0
現実的にありえない設定なのに、
最後の方、違和感なく見れたのはすごい!
さむ

さむの感想・評価

2.0
映画が凄いのはわかる。特筆すべきは美術。ターコイズブルーとベージュの世界。60年代設定らしい…40年代かと思った。映像表現、絵作りとカメラと照明も素晴らしい。

個人的な感想ですが、登場人物 全員好きになれなかった。とくにキャンディーをカロカロ舐めてた男の全てが嫌いだ。
登場人物それぞれが
いろいろ抱えてる感じもわかるが
魅力を感じることができなかった。
年のせいなのか、もたもたした
ストーリーも主人公も苦手だった。
どんどん悪化していく展開。
なんとなく愛でまとめた美しいだけの
ラスト。

半魚人のおとぎ話としては
成立してるんだろうけど
見返すことはない映画だと思います。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

3.5
映像が好きでした。冷ややかな映像に人の持つ感性を対比させてるようにも見えました。バイオレンスなシーンも印象的で、ネガティブな気持ちになったが、目が離せなかった。
すーーーっごいロマンチック。
映像も音楽も美しくて
恋をして色っぽくなってく
サリーホーキンスが、可愛い。

うっとり。
半魚人と人間の愛のお話。CMから独特な雰囲気漂ってるなー、と思っていたがやはり想像を超える不気味さ、入り込めず一歩引いて鑑賞してる自分がいた。
どこか懐かしいロマンチックで素敵なカットが多かったのはさすがパンズラビリンスの監督さんです。
なんでもない毎日を過ごしてた女性が、自分でも与えられる存在になれると知って、大胆になり、勇敢になり、強くなる。いいはなし。
Moja

Mojaの感想・評価

4.3
舐めてた案件。
よくもまぁ、こんな素晴らしい内容に作り上げたなぁ
前半は、女性の自分磨きの衝撃が凄かったけど、最後は甘い甘い純粋なラブストーリー。
e1416

e1416の感想・評価

2.0
美しい映画。ただそれだけ。笑
飛行機で見たけど、映画館で見るべき映画だったかな。

サリー・ホーキンスは「ブルージャスミン」の冴えないお姉さん、マイケル・シャノンは「レボリューショナリーロード」の精神病院に通う青年のイメージだったから、この映画で印象が変わった。

Wikiより:
『シェイプ・オブ・ウォーター』(The Shape of Water)は、2017年のアメリカ合衆国の恋愛ドラマ映画。ギレルモ・デル・トロが監督を務め、ヴァネッサ・テイラーと共同で脚本も担当している。出演はサリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサーなど。
塩

塩の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これは愛の物語ではなくてわがままの物語かなと思った
愛がわがままを内包するかもしれないけど みんな方向性のあるわがままを持っていて 魚人がデウスエクスマキナみたいに巻き取っていったような感じがする
ミュージカルシーンあたりで本当は魚は腐って死んでしまって 画家の夢の演出のような物語としてあとが消費されたのかもなとも思う
それにしてもギレルモデルトロ、作るものは綺麗だけど性癖があわねえなあ〜〜!
あとパイ屋のお兄ちゃんはほんとにhotでかわいいなあ〜〜!
chuna

chunaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まさか妖怪と人間がリアルに恋愛するとは思わなかったので予想外のストーリーだった。発想が面白い。ハラハラさせられた。