シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Torontocat

Torontocatの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

緑と赤を使って色々な事を表現をしていたり、綺麗なシーンが溢れる映画でした。ストーリーも、複雑さとシンプルな設定が上手く交差されていて、さらっと気付かされて、どんどん引き込まれました。アカデミー受賞に納得できます。

ちなみに、私はトロント在住です。この映画で、ライムパイの登場するレストランですが、カナダのトロント市内に実際に実在する『Lakeview』というお店です。残念ながらライムパイはありませんが、内装は映画とほぼ同じです。他に登場した映画館はもちろん、海へ二人で潜っていくシーンもダウンタウンにある場所です。

トロントは、映画やドラマの撮影場所として有名です。『シェイプオブウォーター』だけでなく『ヘアースプレー』や『ピクセル』など撮影されました。日本から遠く離れていますが、トロント国際映画祭などに合わせて、ぜひ機会があれば立ち寄ってみてください。
わし

わしの感想・評価

4.9
バスルームを水でいっぱいにするシーンなんかはとってもロマンチックで素敵でした💕

友情や愛情など、思いが強ければ無茶なこともできちゃう!

伏線とか気にせずに観てほしい映画でした!
まい

まいの感想・評価

3.3
私にはまだ早かった!!
感情移入できなかったけど世界はセンターオブジアースみたいで綺麗だった
作り込まれ方がアメリっぽい
フランス映画観てるのかなって率直に感じた。

でも、アステア作品のオマージュシーンがあって声が出せないけど、思いを体で表現するっていう感じが素敵。

Eri

Eriの感想・評価

3.7
姿は醜くてもその真髄を感じて見つめて、形のない不確かな絆や想いが2人をつないだ美しい映画。
IKANMAKIKO

IKANMAKIKOの感想・評価

3.7
初めのオープニングで映像酔いしちゃったり、ちょっとビックリするような始まりかただったりで戸惑いもあったけどファンタジックで可愛い良作でした。
akira

akiraの感想・評価

2.8
開始90秒でマスターベーションに入る辺りがフランス映画っぽい。そういう意味で折衷感があるけど多分これはファンタジー。
主人公に感情移入できなくて私には難しかった…
笑える要素もあって面白かったけど、R15な意味がわかります。
日常が軽やかになっていく主人公、本当の愛ってこんな感じなのかって漠然と。
ゆこ

ゆこの感想・評価

4.0
画と音楽が綺麗で素敵だった。
人の欠点っていうことについて考えさせられるなぁって。
グロいシーンがキツかった。
nabe

nabeの感想・評価

4.0
映画館から出たら雨足が速くなっていて、バスの中から外をぼーっと眺めていたら、つい主人公とリンクしてしまった。本や映画が好きな理由は、誰しも主人公なんだなあ…と感じられるところかなと、この映画を観て思いました( ´﹀` )ポスターの時点で好きなやつと思いましたが、観た日が雨だったので余計にじわじわ沁みました。ただバイオレンス表現が上手いので、耐性落ちているのか何回か目を瞑ってしまった…でも観て良かったです。