シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

tutti0425

tutti0425の感想・評価

3.7
デルトロ大好きだけど、ちょっと感情移入しずらかった。
E.T.っぽいプロットだな考えたら。
あと猫のことはよくないだろ!
なほ

なほの感想・評価

4.0
重厚感のある映画だった。
水滴の映像がすごく綺麗。グロテスクなシーンもあってクスッと笑えるところもあって不思議な感覚になれる。久しぶりに映画館でドキドキした。

愛とか好きとかよくわからないけど、楽しめた!
SHINDY

SHINDYの感想・評価

4.1
新しいかたちのラブストーリー
静かだけど情熱的で
とってもロマンチックだった


男がみんな弱いものに描かれていたのは時代、かな?

悪役の死に方が気持ち良い ズサッ
あれ日本の時代劇みたい


ラストシーンはやっぱりスクリーン大画面で観るべきよねっ
間に合って良かった〜〜


清潔不潔
美しいもの醜いもの
価値のあるものないもの
愛ある生活もうない日常

入り組んでいて

雨に滲む街の光とか
クラシックなラブソング

どれも実在するもの してたもの
ファンタジー


恋を体が欲してるわ、、
Hershey

Hersheyの感想・評価

3.5

ファンタジーに溢れた映画。

その中には、

固定観念をはずす事の大切さ

を教えてくれます。

人とというか、

人生にとって何が大切なのか、

それをこのストーリーを通じて、

感じると思います。

そんな前向きに生きる事に力を与えてくれる映画だと思います^ ^
壁側

壁側の感想・評価

-
愛と消失と謳っていたけれど愛と救いの物語だった 彼女たちの愛は種族を乗り越えた純愛であると同時に お互いを理解していない歪んだ自己愛でもあった 彼女たち同様取り巻く全ての人々が 自分たちに向けられる目に悩まされ苦しみ愛を求めていた タップダンスのシーンの軽やかさが好き
日陰に生きる女性と、人ならざる"彼"との恋の物語。OPとEDの映像、そして"彼"が、本当に美しい。これだけでも一見の価値あり。
このシーンいる?っていうのは何箇所あるけど、遊んでるシーンもいっぱいあって、結構笑いました。
映像も音楽も美しい。
エログロ含めても面白い。

確かにトムハンクスのスプラッシュ似てるとこもあるが.....自分は許容範囲。
ただただ美しい色彩、音楽、そして淡い恋心。

ただ個人的にどうしてもラストが受け入れられない。

本当の愛情ってなんだ?

相手にとっての幸せってなんだろう?
伊月

伊月の感想・評価

-
んー、なんか人権についてのメッセージが込められてる感じはあったので、いい映画ではあるとは思う。
けど好みではなかった。
若干、内容に対して役割がないシーンがあったような気がして、つまらなく感じてしまった。
SHOWTA0401

SHOWTA0401の感想・評価

4.0
上映終了間近だったので駆け込みで鑑賞。


The shape of water.

waterは形がないもの。
形がないものは人の感情も一緒。

人を愛すも妬むも同じ人間という生き物。
今作の主人公は声が出ない自分を1人の人間という存在であると認識してくれる半魚人を愛します。
声が出なかろうが肌の色が違うだろうが同性愛者だろうが関係ない。
みんなそれぞれが人の形で間違いなんかじゃない。

凝り固まった認識や思考をとっぱらって生きていきたいと考えさせてくれる映画。


何事も表面だけ見るのではなくてもっと内面まで踏み込んでいきましょう。