シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Motoki

Motokiの感想・評価

4.1
悲しいだけじゃない、なんかあったかい感じのあとあじ
アカデミー賞納得
39saki

39sakiの感想・評価

3.9
大人のファンタジー作品。
思ってたより半魚人がリアルだったこと。
グロテスクなシーンが多かったことに衝撃を受けたが、、、、
映像が神秘的で、グリーンやブルーの色使いとっても美しかった✨

内容も、アカデミー賞受賞は納得。

イライザの演技、、
愛すること、受け入れること。

いろいろ考えさせられる場面多き映画でした。
くらげ

くらげの感想・評価

3.5
もっと明るくて穏やかな映画だと思ってたから、敵の人たちがやばすぎるしけっこう目をそらしたくなるシーンも多かった。
音楽がきれいで、いろんな愛が描かれていたし、孤独じゃないと思えることが人には必要なんだなとかしみじみ思う。
後味は、なんかもやもやな感じ。

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい色調に造形。
久々にデルトロ監督らしい雰囲気を醸し出した秀作で大満足でした。

夜道でいきなり会えば失神してしまいそうなデザインのチャーリーもまぁ愛らしく見えること。

ただこの作品の最後には名作「パンズラビリンス」と同様の何方とも取れる幕切れが…

私的にはあれはバッドエンドにしか取れません。
だからこそあの水中シーンが悲しくて仕方がありませんでした。

オススメの作品です。
(ただしオスカーを取ったとはいえ人を選ぶ作品です)
デルトロ監督ならではのダークでレトロな映像美

日めくりカレンダーに廊下の壁紙、バスの窓についた雨粒にファンタジックな音楽。細かいところまで雰囲気作りにこだわっているから気味の悪い両生類が出てきても違和感がない。

そして、サリーホーキンスの42歳とは思えない綺麗な裸体。ほうれい線の深さと相反する幼い少女性。まるで夢見る少女のまま歳だけとったみたい。
老人の友達と世話焼きな同僚が彼女の処女性をさらに際立てている。彼女の神秘的で独特な存在感がこの作品を唯一無二のものにしている。

時は過去から流れる川にすぎない
人生は失敗の積み重ねにすぎない

残酷で鬱屈とした時代にこそファンタジーが必要だ。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.0
もっと心が安らぐファンタジーだと思ってたけど、けっこうサスペンスフルで緊張感がある。
話は割とオーソドックスな感じでファンタジーなのに、子供には見せたくない。エロいシーンは必要だったのかな?
半魚人の顔の真ん中らへんが人間っぽくて気持ち悪い。唇が紅いし。体はリアルな仮面ライダーアマゾン。

冷蔵庫に美味しくないパイがいっぱい入ってたのは、パイの店の若者を狙っていたから?そこで絵描きが男色だって気付けって?
わかりにくいわ(-_-;)
“セックス有りのET”という感じです。個人的にはあんまりだったかな...画は勿論この上なく綺麗なんだけれども...物語自体に入り込めなかったな...。やってること自体はシンプルなラブストーリーだったりって思うと...。
菅谷

菅谷の感想・評価

4.4
水の表現が良い。アメリカ白人男性を凝縮したかのような悪役が魅力的。
Hikari

Hikariの感想・評価

3.5
あ"ー!!!ってシーン(痛そう…的なやつ)がいくつかあるけど、止めるほどではなくて安心。よかった!
話題作だったし、好み分かれますって声も聞いていたから覚悟はしていました(笑)

シーンシーンがどこをとっても美しくて、”緑”っていう色を大切に作り上げているメッセージ性に、私の過去一のトラウマ映画「コックと泥棒…」を彷彿とさせて、それはそれでよかった。イライザのファッションとか構図の取り方とか、全体を通して趣ある雰囲気が私好み。

正直言ってSFってすっごく苦手だし、彼の見た目は最後まで好きになれなかったけど満足でした。

そしてなにより言葉なしにここまで表現したサリーホーキンスの演技力に拍手でした。

愛って言葉がなくても生まれるところには生まれるんだなと。現代の私たちは言葉に頼りすぎているから、もっと表情とか雰囲気とか言葉以外のところで表現するべきなのかもしれないと感じました。水のように形のないもの…素敵な愛の形です♡
ayame

ayameの感想・評価

4.5
「彼」が想像以上に可愛らしい

ぱかっ👏うぃーん☝は
こっちも驚いた