シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

shuntakato

shuntakatoの感想・評価

2.7
レトロな雰囲気とこれまでにない設定は良かったが共感は一切なく映画に入り込む前に終わった印象。
ken1001

ken1001の感想・評価

4.3
言葉が話せないイライザと魚人の対話が、何とも愛おしい。

ストーリーはシンプルで、感情移入しやすく感じた。登場人物が、比較的少ない中、親友のゼルダの立ち位置も良い感じ。

また映像美が良い。
グリーンを基調に衣装、建物などを配色しており、映画の世界観を綺麗にまとめられている。イライザが赤の衣装を身につけていた時は心境を上手く表現させてるなーと感じた。

音楽も映像にとてもマッチしていて、ストーリーを引き立ててるのはもちろん、イライザの心のままを表現しているようにも感じる。
なんとなく、アメリの雰囲気を漂わせる。
Skyler

Skylerの感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

1962年冷戦時代。

主人公イライザは子供の頃ある事で話せなくなってしまう。政府の機密機関・航空宇宙センターの清掃員。

同じアパートに住む友人ジャイルズは大学教授の年齢・風貌だけど画家。
パイレストランの若いカウンタースタッフのことが好きで足繁く通う日々

ある日、職場にアマゾンから謎の生き物が運ばれて来た
体は完全に人間で顔はトカゲ🦎ぽい
イライザは何故かこの生き物に好意を持ち、誰にも内緒で独自の交流を始めた

暴力を振るわれて心痛めるイライザ
更に解剖される事を知り、同僚のゼルダ、研究を行なっていたホフストテラー博士、友人のジャイルズの協力のもと、彼を脱出させ逃がしてやることに

研究所からギリギリ脱出に成功するも偽のIDを見破られ警備員の首に注射を打つ
ストーリー上はただ眠らせれば十分だったのに毒針で殺しちゃったらしい

このあたりから共感するには程遠いモノになっていった

この警備員はただ警備という仕事を全うしようとしただけ
誰と恋愛するのも自由。だけどその為に殺人犯して知らん顔っていのはどうなのか

警備員も悪組織の一員みたいなものだから殺しちゃえって、命に対して雑な感覚に嫌悪感

何か正義のためっていうより、恋愛感情からの脱出劇な訳でしょ?

そもそも友人ならまだしも、ソ連との二重スパイするような人がこんなヤバいことに首突っ込むはずない。ソ連のスパイなめ過ぎ。

今作一番の見せ場である浴室いっぱいに水(お湯?)をためての行為シーン

私の住む地域では深刻な水不足で芝生の水やりも制限されていた時期があり、ここの水道料金は超高いし、水の貴重さを知っている者からすると、たた快楽のための資源の無駄遣いにしか感じない

実際たくさんの人が真似するようなことがあれば資源云々だけでなく隣人にもかなりの迷惑をかけることになるよ
どうしてもやりたいなら海でやればいいんじゃないの?
というか、人間は水の中でなんて苦しくてできないよ、普通に。

湯船の中でも出来てたならそれでいいじゃないかと思う

現実的でない主人公の朝の日課や、ストーリーと関係ない悪役夫婦のベッドシーンなど、監督の性感覚は不気味

音楽も含め全体的な雰囲気は好みだったのに残念
HORI

HORIの感想・評価

3.5
ディズニー映画に無理矢理エロとグロをぶち込んで、R15をこじつけたような印象。
まぁ、楽しめたけど。
akari

akariの感想・評価

3.0
指のシーンは嫌で嫌で仕方なかった、、グロ耐性ないとまじできついです。
イライザの周りは愛で溢れた人たちばかり。2人の幸せがこれからもずっと続きますように。
ellie

ellieの感想・評価

4.0
1962という不穏の時代と、サリー・ホーキンス演じる主人公イライザの設定を決めたとき、この作品は七割成功したといってよいと個人的には思う。

異形のものとの恋愛という構造を持った作品は数多あるが、これは出会いの時点で既にイライザの心はほぼ決まっている。その辺りがギレルモ監督の愛に対する挑戦とも取れる。

そもそも、タイトルは「水のかたち」だ。水は器でいかようにでも形を変える。更には川や海に流れ込み、蒸発し雨や雪となり大地へと染み込む。生命に不可欠でありながら、人はそれを意識しないまま享受し続ける。

文明の驕りの象徴であるようなホフステトラー博士等を暗とすれば、声を持たないイライザのまわりは常に奇妙な明るさとおかしみに満ちている。更には緑と青の中間のような水の色が、海へと通じる強い生命を思い起こさせる。

「パンズ・ラビリンス」で主人公を迷宮に引き込み、いわゆるドラマツルギーを無視したギレルモ監督が、時代を経て今作品ではシンプルなほどのストレートな愛を提示した、そのことの意味の大きさを考えずにいられない。
なーんてロマンティック!
デルトロのパシフィックリム2観たかったけどこれはこれですごい!色合い最高、「ロスト・チルドレン」連想させる。
過去視聴
映画館で観ましたー!

水に形がないように愛の形も正解はない。
イライザが愛したのがたまたま半魚人だった、それだけのこと。

だんだんと綺麗に色づいていくイライザがかわいかったなー!

言葉を知らない半魚人と言葉を話せないイライザ、でもお互いが惹かれ合い交流していくのにもはや言葉なんて必要なくて
手話もスムーズに意思疎通する為のツール・オプションに過ぎない
絶対的な絆が2人にはあって、映像ともシンクロして美しかった

若干のグロ・エロ要素はあるけど嫌じゃない程度でした!

映画館で観れてよかったなと思いました♪
よっこ

よっこの感想・評価

4.5
映像も音楽も綺麗……。
主人公と皆が近づき難い「彼」との出会いで日々の楽しさや愛を感じていく、ラストゎ共に生きていく為に彼女が変化する。
良かったー…。
途中ちょっと気持ち悪いシーンやえっ?このシーンいるの?って思った瞬間もあった。笑
ぎん

ぎんの感想・評価

3.5
美しいと言われる理由がよくわかる。
ただなかなかギリギリを攻めてるラブストーリーなので、凡人の私には全体通してなるほど。という感想。
あり得ない話の中にも切なさ、純愛を感じる。
そういう意味でギリギリの絶妙なラインを攻めてるように思う。



全然関係ないけれど、
主演のサリーホーキンスが
その後に見たパディントンでも
人間とは違う生き物に対しても優しい同じような役柄で、水浸しのバスルームのシーンが出てきてこの映画が頭をよぎった。